わし座クシー星b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わし座ξ星b
Xi Aquilae b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
主星
恒星 わし座ξ星
星座 わし座
赤経 (α) 19h 54m 15s
赤緯 (δ) +08° 27′ 41″
視等級 (mV) 4.72
距離 205 ± 13 ly
(62.7 ± 3.9 pc)
スペクトル分類 G9IIIb
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.68 AU
(101 Gm)
    10.8 mas
離心率 (e) 0
周期 (P) 136.75 ± 0.25 d
(0.37439 y)
近日点通過時刻 (T0) 2,453,001.7 ± 1.4 JD
物理的性質
最小質量 (m sin i) 2.8 MJ
発見
発見日 2008年2月19日
発見者 佐藤文衛
発見方法 視線速度法
観測場所 岡山天体物理観測所
日本の旗 日本
現況 公表
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data
Exoplanet Archive data
Open Exoplanet Catalogue data

わし座ξ星b(わしざクシーせいb、Xi Aquilae b)は、わし座の方角に約200光年離れた位置にある太陽系外惑星である。

概要[編集]

2008年に黄色巨星わし座ξ星の周囲を公転しているのが発見された。質量は、最小で2.8木星質量であり、137日の軌道周期を持つ。

2015年に国際天文学連合によって太陽系外惑星系の名前の公募と投票が行われた際にこの星系も募集の対象となった。2015年12月15日、国際天文学連合より、法政大学の学生団体Libertyer(リバティア)からの提案を採用し、主星に Libertas 、惑星bに Fortitudo という名前を選定したことが発表された[1]。それぞれラテン語で、Libertas は「自由」、Fortitudo は「不屈の精神」を表す[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b NameExoWorld”. 国際天文学連合 (2015年12月15日). 2015年12月23日閲覧。
  2. ^ 太陽系外惑星系命名コンテスト-NameExoWorlds-の結果を受けて”. 法政大学学生団体 LIBERTYER (2015年12月15日). 2015年12月23日閲覧。

関連項目[編集]

同時に発見が報告された太陽系外惑星

出典[編集]

外部リンク[編集]

  • ksi Aql”. Exoplanets. 2008年6月25日閲覧。


座標: 星図 19h 54m 15s, +08° 27′ 41″