わが子・スーパーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

わが子・スーパーマン」は、藤子・F・不二雄(発表時は藤子不二雄名義)の読み切り漫画作品。1972年(昭和47年)『ビッグコミック』3月10日号に掲載された。1980年代後半にアメコミで扱われ始めた「ヒーロー活動の問題点」を1970年代初頭にはっきりと描いた作品である。同じテーマを扱った作品に「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」、『中年スーパーマン左江内氏』などがある。

あらすじ[編集]

物語の舞台である夕日台では、近頃通り魔が続出している。その犯人とは、子供のように小柄で、怪力を持ち、空中から現れ、テレビのヒーローのような格好をしているという。主人公は犯人に思い当たる点があった。

登場人物[編集]

パパ
主人公。通り魔が現れるときには、いつもわが子であるタダシがいないという事に気付く。ある日タダシの後をこっそり追いかけてみるのだが、タダシが姿を消してしまう場所で、七五三の時に作ったウルトラファイターの衣装を見つける事になる。容貌は、『ドラえもん』の野比のび助と同じ。
ママ
主人公の奥さんで、タダシの母親。物事に対して割と鈍感。
タダシ
主人公の息子で、小学生。特撮ヒーロー番組「ウルトラファイター」の大ファン。「正義感」がとても強いが、それは所詮、幼い子供が持つ正義感である。幼いために現実とテレビ番組の区別がついていない。
さっちゃん
タダシの友達。母親が通り魔に襲われる。
パパの同僚
通り魔の正体はミュータントではないか、という仮説を、冗談として主張する。パパから、自分の息子がミュータントだとしたらどうするか、と質問され、怪物であり、いつかはどこかで社会と対立するのだから殺すしかない、と(本人は冗談のつもりで)答えて、パパを激怒させる。
ウルトラファイター
毎週木曜日午後6時半より放送されている特撮ヒーロー番組、「ウルトラファイター」の主人公。突然変異が生んだスーパーマンという設定。
ゾンビー
「ウルトラファイター」の悪役。ウルトラファイターからは「地獄の使者」と呼ばれる。毎回、ラストシーンでウルトラファイターから逃げおおせ、いずこかへと消えるのがお約束となっている。