るり渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
るり渓の名勝「鳴瀑」(渓谷の下流に位置する)

るり渓[1](るりけい)は、京都府南丹市園部町大河内に位置し、大堰川支流、園部川が流れる全長4kmの渓谷である。1932年に国の名勝に指定され、府立自然公園にも指定されている。日本の音風景100選にも選定されている。

名前の由来は渓谷上部にある通天湖から流れ出る清流が、光の反射によって瑠璃色輝石のように見えることに因む。また、さらに奥に行くと深山があり、ハイキングが楽しめる。

地質流紋岩で、浸蝕による奇岩が多く見られ、瀑布が点在する。12の名所があり、錦繍巌、双龍渕、渇蚪澗、座禅石、水晶簾などの漢詩的な名称が付けられている。紅葉の名所としても知られ、大阪や京都近郊の行楽地として人気がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元々は瑠璃渓と漢字で表記するのが主流であったが、近年はかな表記が多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度2分8.94秒 東経135度24分16.59秒 / 北緯35.0358167度 東経135.4046083度 / 35.0358167; 135.4046083