スタンプラリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
りそなめぐりから転送)
移動: 案内検索

スタンプラリーとは鉄道駅道の駅、市内や観光地などある一定のテーマの中でスタンプを集める企画のことである。集めたスタンプに応じて、プレゼントなどの特典が与えられる企画もある。

広域に多数の店舗を持つチェーン店鉄道会社旅行会社などが企画する他、地方都市観光協会などが企画することも多い。また特に企画があるわけではなく特典もないが、個人的な趣味で行っている人も少なくない。

全国あるいは特定地域の、または巡礼霊場など特定テーマの寺社を巡って朱印をもらってまわる信仰行為などがルーツである。

子供向けスタンプラリー[編集]

JR大手私鉄地下鉄事業者、バス事業者では、春休み夏休み冬休み期間中にスタンプラリーを実施することがある。様々な内容のスタンプラリーが開催されており、アニメや特撮、テレビゲームなどを起用したものもある。

ポケモンスタンプラリー[編集]

JR東日本ポケモンスタンプラリー[編集]

JR東日本では毎年小中学生の夏休みの期間にあわせ、首都圏の主要駅にアニメポケットモンスターの登場キャラクターのスタンプを設置するという企画を行っている。1997年から2001年2002年を除き、毎年行われている[1]

1997年は東京都区内の30駅、1998年からは山手線内の10数駅に設置されていた。2003年から「ホリデー・パス」の範囲まで広がって83駅に。その後徐々に増えて2005年の開催では97駅に100種類が設置され、人気キャラクターのスタンプが設置された駅では連日長蛇の列ができていた。以降2006年は98駅に、2007年から2010年までは95駅に設置された。2004年からは全スタンプの内2つをJR東日本グループである東京モノレールの駅に設置された。なお、2011年東日本大震災による本数削減のため[要出典]「ポケモン言えるかな?BWスタンプラリー」と題し、山手線内の2つのコースの12駅から1つ選択し6駅のスタンプを集めるシンプルな方式に縮小され、2012年は東京都区内の範囲までの12駅に範囲を戻した。2013年は「休日おでかけパス」の範囲までの24駅とし、東京モノレールの駅への設置(全スタンプの内1つ)も再開された。

参加方式は、1997年から2000年まで事前申込制で、参加料金を「びゅうプラザ」等で支払い、指定した参加日に指定スタート駅でスタンプ帳となるラリーブックとラリー用のフリー乗車券を受け取って参加していた。2003年以降は自由参加制としており、スタンプ台紙となる専用パンフレットと各駅までの乗車券・Suicaが必要。全スタンプ設置駅の構内図を掲載しラリー目的に特化し、事実上公式ガイドブックの役割をもった「夏休み時刻表 ポケモン・スタンプラリー特別号」(交通新聞社)も2006年から2010年まで発売され、「ポケモン時刻表」の通称で呼ばれた。

2005年には一部の駅で日によって、例えばカビゴンゴンベなど、スタンプの種類(ポケモン)が変わることがあった。2006年〜2010年・2012年・2013年は一部の駅で、スタンプを押すまでどのポケモンなのか全くわからないシークレットとなっている。

初年度の1997年は東京都区内の30駅のスタンプを2日以内で全て集める形式だったが、翌年からはスタンプ設置駅を1日で全て集める形式となった。2003年以降は何駅にも設置されている中から好きな駅のポケモンのスタンプを数種類集める形式になっている。スタンプラリー終了時の景品の引き換えは東京駅新宿駅池袋駅品川駅上野駅松戸駅で行う。2004年〜2010年はその際に残りの駅のスタンプを集められるスタンプ帳が配布される。すべての駅のスタンプをスタンプ帳と先に集めたパンフレットと合わせて期日までに事務局に送ると、認定証と記念品が贈られた。2013年は記念品とゴール達成証が配布され、その後残りの駅のスタンプを集めると6駅毎に別デザインのゴール達成証が配布される。2011年以降は、終了時の景品の引き換えは新宿駅、上野駅のみとしている。

スタンプラリーの実施期間にあわせて山手線では車体にポケモンのキャラクターのステッカーを張り、車内の広告や液晶広告画面をポケモン関連に統一した「ポケモントレイン」を2000年・2002年・2005年~2010年まで運転していた。2011年以降は、ポケモンとのタイアップ商品を販売する「ガリガリ君」(赤城乳業)のラッピング列車が事実上これを代行している。2004年は中央・総武線(各駅停車)、2006年以降は東京モノレールでも運転。

なお、仙台周辺でも1998年・2012年(春・夏の2回)・2013年に開催されている。

その他の事業者によるポケモンスタンプラリー[編集]

鉄道
2007年はアーバンネットワークエリアと広島・山口エリアにて実施
現在はICOCAの提示が必要
2007年は春・6月・夏の3回、2008年以降は春・夏の2回実施
コンビニ
高速道路
NEXCO中日本サービスエリアパーキングエリアにて実施

ツアー形式のもの[編集]

JR西日本では通常のスタンプラリーの他に旅行商品とセットになった形式のものも開催しており、その場合はスタンプは特定の路線の各駅ではなく特定の観光地のあらゆる場所になる。現在は『名探偵コナン』が起用されており、過去には『NARUTO -ナルト-』や『金田一少年の事件簿』、『探偵学園Q』が起用されたこともある。旅行商品はJR西日本グループの旅行会社である日本旅行の他、JTB近畿日本ツーリストJR四国「ワープ」で発売される。

趣味のスタンプラリー[編集]

相鉄全線全駅スタンプラリー[編集]

相模鉄道のスタンプラリーは、相鉄線全25駅にスタンプが設置されている。全25駅は絵柄が違っている。

りそなめぐり[編集]

あさひめぐり・大和銀めぐり[編集]

りそなめぐりとは旅行に関する趣味の1つで、旧・あさひ銀行(りそな銀行埼玉りそな銀行)を訪問・預金(入金)し「くらしの通帳」へ当該銀行本店・支店の本店・支店名印字をしてもらうものである。

略称:りそめぐ。銀行の旧称を使って「あさひ巡り」と呼ばれることも多い。

旧・あさひ銀行の店舗では現金自動預け払い機で入金すると通帳に本支店名が漢字で印字される(ただし、口座店のATM利用時は、店名が記載されず空欄となる)ので、それを収集する人もいる。

かつては店舗外ATMの出張所名まで正確に表示されていたのでそこまで行くマニアも存在したが、現在は管轄する母店が表示される。また、「りそなパーソナルステーション」内のATMも支店コードが母店と同一の場合は母店の表示となる。なお、BankTime利用時は、支店名の代わりに、利用拠点の固有コードに当たる7桁の数字が付加された、「RBT-XXXXXXX」となる。

旧・大和店でも旧・あさひ銀行側ベースのシステムに移行したので、現在では旧・あさひ支店同様に可能である。なお旧・大和銀行でも支店名は印字され、一部では後述するみちのく銀行同様カタカナ表示となる。

店舗外ATMの出張所名までは印字されず母店名で印字される。他行出し入れをした場合はその銀行名が印字されるか金融機関コード-支店コードの印字(後述)がなされる。

利用不可もしくは利用許可が必要な支店に衆議院支店・参議院支店・大阪営業部JR西日本出張所がある。

  • 参議院支店は参議院議員会館にあり一般客窓口から来訪できるが、警備上の都合により利用不可の場合がある。
  • 衆議院支店は衆議院第一別館内にあり、受付の警備上の都合により正当・特別な理由でない限り利用が不可能である。西日本旅客鉄道(JR西日本)本社内にあるJR西日本出張所も同様。

地方銀行での同等のもの[編集]

その他、みちのく銀行大垣共立銀行など、地方銀行などでも同様のことができる場合がある。

みちのく銀行の場合は口座店でも表示される。特に、みちのく銀行の場合は「みちのくめぐり」・「みちめぐ」とも呼ばれている。地方銀行では、空中店舗に代表されるような、東京都内などの支店でATMが不設置の場合があるので、この場合は窓口でのみ印字される。

一方、香川銀行では2007年1月の勘定系システム更新の際に支店名印字が廃止された。このように、以前はできたが現在はできなくなったケースもある。

りそなグループ内他行での取り扱い[編集]

埼玉りそな銀行とは別会社になったためか、りそな銀行の口座所有者が埼玉りそな銀行で出し入れを行った際には他行出し入れと同じく支店名ではなく(0017-***)の統一金融機関コード-支店コードの表記がされる。

近畿大阪銀行で出し入れ→後日通帳記入の際も同様のコード表記がなされる。

同様に、埼玉りそな銀行の口座所有者がりそな銀行で出し入れを行った際にも(0010-***)の表記がされる。

旧・協和埼玉銀行のシステム統合前には一時的に「店番***」の表記が見られ旧・埼玉のカードで旧協和のATMを利用すると印字されたが、システム統合が行われた時点で本来の表記に戻っていた。

それが現在ではグループ行とはいえ別会社なので、システム上他行扱いにしているものと推測される。ただし、摘要欄の表記は従前通りである。

近畿大阪銀行では、2008年7月22日にりそな銀行・埼玉りそな銀行と共通のシステムに移行された。その為、「近畿大阪めぐり」が出来るようになった。

その他[編集]

各金融機関により異なるが、入出金した際にした入出金した支店の店番が印字されるケースがある。みずほ銀行もこれに該当するが、同行の場合、利用できない店舗として渋谷中央支店放送センター出張所(店番号165。NHK放送センターの制限区域内にあり、警備上の理由で利用不可)が挙げられる。

金融機関により支店コードを印字する専用の欄があるケースと摘要欄や入金額・支払額の欄に記載されるケースがあるが、後者については勘定系リプレースの際に印字を廃止するケースも見られる(例として、BeSTAを採用したパッケージへリプレースした金融機関のケースなどでみられる)。

ミスタードーナツ巡り[編集]

ミスタードーナツ巡り(みすたあどうなつめぐり)も旅行に関する趣味の1つで、ミスタードーナツを訪問・商品300円以上を購入し店名付きミスドカード(旧・ラッキーカード)を貰い集めることである。

旅行貯金を趣味としている人が行う例が多い。

細かな点においては、愛好者によって考え方が異なる。

  • ショップ名改称前後を別店とみなすか否か
  • 店舗移転前後を別店とみなすか否か
  • 店番号変更前後を別店とみなすか否か
  • サテライトショップを認めるか否か

2006年11月26日に「ミスドカードキャンペーン」が終了しミスドカードの配布は終了した。同年12月1日に「ミスドクラブ」が全国スタートし、ポイントカード制に移行した。店番付きミスドクラブカード(ポイントカード)やレシート、クーポン付き広告などを貰い集めるようになった。

ローソン巡り[編集]

コンビニエンスストアの大手チェーン店であるローソンを巡る人もいる。

ローソンは日本でいち早く全都道府県進出を果たしたコンビニエンスストアであるため旅行先で見かける機会が多く、旅行の食料品調達のついでに巡る。また元系列会社のOMCカードで精算した場合、月締め請求書に支店名が明記されるので訪問管理がしやすい。

巡るのが困難な店舗を下記に示す。

  • 大学内の店舗 - 大学関係者以外の立ち入りが禁止されている区域に有る場合がある。
  • 高速道路パーキングエリア内の店舗 - 高速道路外からの来訪が例外を除いて困難なため、高速道路利用で無いと利用できない場合が殆どである。
  • 成田空港店 - 詳しくは成田国際空港#空港機能を参照されたい。
  • 関空貨物ビル店 - 詳しくは関西国際空港#24時間空港を参照されたい。
  • 企業施設内の店舗 - 企業関係者のみしか利用できない場合が多い。例えば舞浜bfsは東京ディズニーリゾートのバックステージにあるキャスト専用店で、一般客の訪問は不可能に近い。

カレーハウスCoCo壱番屋巡り[編集]

カレー料理の最大手チェーン店であるカレーハウスCoCo壱番屋を巡る人もいる。略称「ココイチ巡り」。

テーブル上にあるアンケートはがきに店名ゴム印と店番号が押印されており、狭義にはこれを集めて訪問の証とする。また新規開店時には種々の記念品が配られ、これを集めるために全国を駆け回る人もいる。以前は黄色いマグカップだったが、最近は靴下など多様化している。例えば、2005年11月24日にオープンしたJR武蔵浦和駅東口店では笛のついたストラップだった。

市町村役場巡り(住基ネット巡り)[編集]

スタンプラリーに類似した趣味。

住民基本台帳ネットワークに参加している地方公共団体(市区町村)同士では、お互いに住民票を取ることが可能である。

このシステムを利用し、趣味として全国の市区町村役場・支所出張所を訪問して自分の住民票を取得しコレクションする人がいる。住民票用紙は各自治体独自のもので(無地の場合もある)デザインの違いや市区町村印(公印)の書体の違いが良い記念になるといって、いろいろ集めて回る人もいる。

市町村合併で名称が変わる市町村の最終日や合併新市町村の初日、政令指定都市に移行する前の市長名での住民票発行の最終日などという特別な日付にこだわる人もいる。ただし初日については新市町村発足から数日間住基ネットが利用できない場合があるので手にするのは難しい。

極めて特殊な事例だが市区町村長が在職中の逮捕・急逝・辞職などで空席の場合、末尾の発行者たる首長名が二本線で抹消され「職務代理者」(一般には副市区町村長が代理する)と変えられることがある。

また、同時に広報紙を集めることがある。

特殊なデザインの住民票の例を以下に記す。手数料はいずれも2008年1月現在。

  • 東京都多摩市サンリオピューロランドのお膝元のため、キティちゃんのイラストが入った住民票を発行する。ただし申し込む際にその旨依頼しないと一般の用紙で発行される。手数料は一般柄の倍で400円。
  • 鳥取県境港市では『ゲゲゲの鬼太郎』キャラクターの地紋が入った住民票を発行する。多摩市と違いイラストではなく透かしのため、これが一般柄である。手数料は300円である。
  • 鳥取県東伯郡北栄町では『名探偵コナン』のキャラクターのイラストが入った用紙を使った住民票を一般柄として発行する。透かしでも用紙中央に大きく主人公・江戸川コナンが浮かび上がるようになっていて、役場を中心にアピールしている。手数料は300円。

出入国記録集め[編集]

旅券パスポート)に押される出入国証印が集まるうち、いつしかスタンプ収集が目的となってしまう。隠れた愛好家が多い。種類を多く集めようとする者、同じスタンプが重なっても数を多く集めようとする者もいる。スタンプそのものは無料。

また、「成田関空は利用済みだから今回は関門(下関)から…」というように日本から出国するときはできるだけ前回と違う場所から出国することにしている者もいる。 ただ、自動出入国端末を利用する場合、スタンプは押されない。(詳しくは出入国管理を参照)

記念メダル集め[編集]

著名観光地には記念メダルの販売機と刻印機が設置されている所が多くある。これを買い、刻印機で訪問日を打って保存する者もいる。

俗称[編集]

多数の企業同士が契約を交わすときには、契約書を作成し各社の社を押さなければならない。このとき、契約事務の担当者が社印を押してもらうために各社を回ることを俗にスタンプラリーと呼ぶ。ひどいものになると同じ社内の稟議書類に申請元担当係員課長部長、関係課長部長、調達部門の課長、経理部門の担当係員課長部長と巡回して印をもらうなどという長旅を伴うものもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2001年はディズニーキャラクターのスタンプラリーを実施したために、代替企画として湘南新宿ライン開業記念の特別スタンプラリー・「ポケモン・ハッピースタンプコレクション」を実施した。しかし、開催回数にはカウントしていない。2002年は「ポケモン・ハッピーアドベンチャーラリー2002」として開催し、特製のポケモンカードeを集めるものだった。こちらは、開催回数にはカウントしている。
  2. ^ 本来ならば中京圏を管轄するJRグループとしてJR東海があるが、同社は在来線にはあまり力を入れておらず、またJR東日本とは長い間、対立関係が続いていた事から名鉄が初回から現在まで関わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]