らじろぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
らじろぐ
Gthumb.svg
URL らじろぐ 公式サイト (日本語)
使用言語 日本語
タイプ インターネットラジオ
ブログ
運営者 SEAMS
設立者 SEAMS
設立日 2005年平成17年)9月28日
現状 2010年平成22年)8月31日をもって、運営終了

らじろぐは、かつてSEAMS社が提供していたインターネットラジオブログのサービスである。

概要[編集]

らじろぐは、2005年9月28日に正式にサービスがスタートしたブログサービス[1]。らじろぐの由来は「ネットラジオ+ブログ」であり、Flash Playerを使ってインターネットラジオを楽しめる。現在、インターネットラジオサービスではねとらじがあるが、そちらよりは準備も簡単で、専用ソフトが不要なのでマイク1つあれば放送をスタートできた。ただ、当初は音質の点でねとらじに劣る、という指摘があったが、技術改良により、その差はほとんどなくなった。

ラジオのDJは、女子高生萌え声系、フリーター主婦など多様である。DJは付属のチャットやSkypeなどを使ってリスナーコミュニケーションをとりながら進めることが多かった。

多いときでは100以上の番組が放送を行なっていた。番組数が多いのは23時から。

歴史[編集]

2005年平成17年)

  • 9月28日 - らじろぐが誕生。開設当時はユーザー数も少なく、放送の無い時間帯が多かった。
  • 11月22日 - 著作権問題に立ち向かうべく、ユーザーの手でフリー音源集「らじろぐ音蔵庫」が開設。運営当時は200曲以上の曲がらじろぐ内で使用されていた。
  • 11月28日 - ラジオウィンドウにチャット機能が実装。これによって、リスナーとのやり取りがより簡単になった。
  • 12月 - 「らじろぐグランプリ」開催。これはリスナー数を競う企画。

2006年(平成18年)

  • 2月3日 - ラジオに音質選択機能追加。これによって、今まで音質でねとらじに劣っていた点をカバーした。
  • 2月7日 - チャット機能が停止。荒らし増加のため。
  • 2月26日 - チャット機能が復活。ユーザーネーム登録制に。
  • 7月11日 - ラジオ受信部が改良。これによってブログの記事にボイスでコメントをつけられる「ボイスコメント」機能を世界初実装[2]
  • 11月1日 - ポータルサイトデザインを全面リニューアル

2007年(平成19年)

  • 5月 - 6月 - 元子役石田比奈子福田亮太がラジオを開始。饗場詩野・佐久間信子などのゲストを呼び注目を集め、らじろぐ初のリスナー100人,150人,そして200人の超大台の突破を達成。アクセス数では最高6000人。たびたび放送トラブルが起きるほどの人気番組であり、なかなか聴けないときがあるほどである。またランキングでもそれぞれランクイン(石田は69位,福田は9位)している。

2010年(平成22年)

  • 2010年8月31日 をもって、らじろぐのサイト自体、運営を終了した。

問題点[編集]

ねとらじなどと同様、らじろぐにも音楽の著作権問題がついて回る。一般にメジャーとされる音楽は、そのほとんどが日本音楽著作権協会 (JASRAC) の保護下にあり、勝手にインターネット上で流してはいけないことになっている。

さらに、これを理解していないDJも少なくなかった。JASRACの許可は金銭的に解決できるが、CD音源の場合、JASRAC、音楽出版社(レコード会社)、作詞・作曲者、演奏者など多岐に渡る許諾が必要となる。中でも音楽出版社の許諾を得ることはほぼ不可能であり、これがネットラジオでメジャー曲をかけることができない最大の理由である。

  • 中にはラジオ放送中にCDをパソコンに取り込み音楽を流し「パソコンをしながら音楽を聴いているだけ」という理由で「著作権侵害は犯していない」とする者まで出てきている(ラジオ放送中はパソコン内の音が全て流れてしまうため)。

これに対して、運営サイドは注意を呼びかけるとともに、音楽の著作権を明確にするように利用規約に明記している。また、ユーザーサイドでは「らじろぐ音蔵庫」を使ってインディーズのアーティストから楽曲提供を受け、それを使用する動きがあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]