よふかしのうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よふかしのうた
Yofukashi no Uta logo.png
テレビアニメのロゴ
ジャンル 少年漫画恋愛
漫画
作者 コトヤマ
出版社 小学館
掲載誌 週刊少年サンデー
レーベル 少年サンデーコミックス
発表号 2019年39号 -
発表期間 2019年8月28日 -
巻数 既刊9巻(2021年11月18日現在)
アニメ
原作 コトヤマ
監督 板村智幸
脚本 横手美智子
キャラクターデザイン 佐川遥
アニメーション制作 ライデンフィルム
放送局 フジテレビほか
放送期間 2022年7月〈予定〉 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

よふかしのうた』は、コトヤマによる日本漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、2019年39号より連載中[1]。2021年11月時点で電子版を含む累計発行部数は160万部を突破している[2]

タイトルはヒップホップ・ユニット、Creepy Nutsの楽曲「よふかしのうた」に由来しコミックス第1巻が発売された際には同楽曲を使用したコラボPVが公開された[3]

あらすじ[編集]

不登校の中学2年生夜守コウは、ある日、初めて誰にも言わずに、夜一人で外に出る。昼間とは違う世界に心地よさを感じる中、コウは吸血鬼である七草ナズナと出会う。コウは吸血鬼になりたいと頼むが、それには吸血鬼に恋をする必要があった。こうして、コウはナズナに恋するために、毎日夜ふかしをするのであった。

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優

夜守 コウ(やもり コウ)
声 - 佐藤元[4]
本作の主人公。中学2年生の14歳。女性が苦手で、告白してきた女子をふったことが原因で彼女の友達に責められ、何もかもが嫌になり、不登校になる。以来、不眠症に悩まされていた。ある日、初めて一人で夜に外出した際、吸血鬼の七草ナズナに出会う。吸血鬼を好きになり、血を吸われることで吸血鬼になれると知ったコウは、彼女に恋をして吸血鬼になることを目指す。ナズナ曰く、血が最高に美味いらしい。特技は寝たふり。14年間初恋すらしていない。
七草 ナズナ(ななくさ ナズナ)
声 - 雨宮天[4]
本作のヒロイン。自由奔放に夜の世界を生きる吸血鬼の少女。ビールが好きで、下ネタが好きだが、恋愛話になるとすぐ照れてしまう不思議な性格。コウの血の美味さに感動し、今後もコウの血を吸うようになる。

評価[編集]

書誌情報[編集]

  • コトヤマ『よふかしのうた』 小学館少年サンデーコミックス〉、既刊9巻(2021年11月18日現在)
    1. 2019年11月18日発売[小 1]ISBN 978-4-09-129492-0
    2. 2020年2月18日発売[小 2]ISBN 978-4-09-129556-9
    3. 2020年4月16日発売[小 3]ISBN 978-4-09-850064-2
    4. 2020年8月18日発売[小 4]ISBN 978-4-09-850163-2
    5. 2020年10月16日発売[小 5]ISBN 978-4-09-850268-4
    6. 2021年1月18日発売[小 6]ISBN 978-4-09-850384-1
    7. 2021年4月16日発売[小 7]ISBN 978-4-09-850522-7
    8. 2021年7月16日発売[小 8]ISBN 978-4-09-850635-4
    9. 2021年11月18日発売[小 9]ISBN 978-4-09-850735-1

テレビアニメ[編集]

2022年7月よりフジテレビノイタミナ』枠ほかにて放送予定[4]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

書誌の出典
  1. ^ よふかしのうた 1”. 小学館. 2021年7月31日閲覧。
  2. ^ よふかしのうた 2”. 小学館. 2021年7月31日閲覧。
  3. ^ よふかしのうた 3”. 小学館. 2021年7月31日閲覧。
  4. ^ よふかしのうた 4”. 小学館. 2021年7月31日閲覧。
  5. ^ よふかしのうた 5”. 小学館. 2021年7月31日閲覧。
  6. ^ よふかしのうた 6”. 小学館. 2021年7月31日閲覧。
  7. ^ よふかしのうた 7”. 小学館. 2021年7月31日閲覧。
  8. ^ よふかしのうた 8”. 小学館. 2021年7月31日閲覧。
  9. ^ よふかしのうた 9”. 小学館. 2021年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]