よしかわ進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

よしかわ 進(よしかわ すすむ、本名:葭川 進(読みは同じ)、1950年7月6日 - )は、漫画家。代表作に、『おじゃまユーレイくん』『ヒロインくん』がある。

概要[編集]

広島県生まれ、永井豪アシスタントを経て、1977年に『増刊少年サンデー』夏休み第2弾号に掲載された「暑い国からきた少女」でデビュー。1979年から1980年にかけて、ほぼ同時に、『コロコロコミック』に「おじゃまユーレイくん」、『てれびくん』に「ヒロインくん」という「お色気マンガ」を連載した。1980年代はじめには、他にも「マッチョくん」、「つぼっ子ラム」などの作品を小学館の学年別学習雑誌(低学年向け)や『コロコロコミック』などに連載した。

1980年代中頃に一時作品を発表しなかった時期があったが、1980年代終わりから1990年代にかけて書き下ろしの学習漫画(原作付き)をいくつか発表したり、「魔法使いサリー」(原作は横山光輝)を『ぴょんぴょん』と小学館の学習雑誌に連載した。父親の死去をきっかけに、1995年には漫画家をいったん引退した。

2000年9月13日、『おじゃまユーレイくん愛蔵版』が笠倉出版社から復刻されると漫画家活動を再開、2001年3月には「平成版・おじゃまユーレイくん」を『みこすり半劇場』に掲載し、2001年6月5日には『ヒロインくん愛蔵版』も出版された。

その後は同人誌を中心に活動を続けており、2002年冬以降コミックマーケットに出展して、『おじゃまユーレイくん』や『ヒロインくん』の続編を含む作品を発表している。