ゆりかもめ (鉄道会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ゆりかもめ
Yurikamome Inc.
Yurikamomehonsha.jpg
ゆりかもめ本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
東京都江東区有明三丁目13番1号
北緯35度37分33.59秒 東経139度47分47.82秒 / 北緯35.6259972度 東経139.7966167度 / 35.6259972; 139.7966167座標: 北緯35度37分33.59秒 東経139度47分47.82秒 / 北緯35.6259972度 東経139.7966167度 / 35.6259972; 139.7966167
設立 1988年(昭和63年)4月25日
(東京臨海新交通株式会社)
業種 陸運業
法人番号 9010601021591
事業内容 鉄道・軌道事業(新交通システム)
代表者 代表取締役社長 櫻井 務
資本金 137億56百万円(2017年3月31日時点)[1]
売上高 101億56百万円(2017年3月期)[1]
営業利益 20億63百万円(2017年3月期)[1]
経常利益 18億19百万円(2017年3月期)[1]
純利益 11億70百万円(2017年3月期)[1]
純資産 220億2百万円(2017年3月31日時点)[1]
総資産 451億47百万円(2017年3月31日時点)[1]
従業員数 216人(2017年度定数)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社東京臨海ホールディングス 99.90%
東京都 0.10%
2016年3月31日現在)
外部リンク http://www.yurikamome.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ゆりかもめ: Yurikamome Inc.)は、東京都内で鉄道事業および軌道事業新交通システム)を営む株式会社東京臨海ホールディングス子会社で、東京都も出資する第三セクター方式の企業である。

1988年(昭和63年)の設立時は東京臨海新交通と称したが、1998年(平成10年)4月1日に運営路線の愛称名を正式社名とした。運営路線の詳細については、正式名称である「ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線」の項を参照されたい。

歴史[編集]

路線[編集]

車両[編集]

側方案内式の新交通システム車両で、軽量ステンレス製車体。編成番号の19・20・29・30は欠番。ゴムタイヤを履いている。電気方式は三相交流600V。ATOATCなどの保安装置のバックアップにより無人運転されるが、荒天時や研修の時期に有人運転される場合もある。なお、7000系の4次車以降は1-3次車と制御方式が異なり7200系として区別されるが、外観に大きな違いはない。ただし7200系のうち2005年製のものはカラーリングが異なるなど、製造年度による細かな違いがある。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児半額・ICカードの場合は1円未満切り捨て、切符購入の場合は10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定[5]。9km以上は券売機で切符を購入したほうが安くなる。

キロ程 運賃(円)
ICカード 切符購入
初乗り2km 185 190
3 - 5 247 250
6 - 8 319 320
9 - 15 381 380

企画乗車券[編集]

  • ゆりかもめ全線が1日乗り降り自由となる「ゆりかもめ一日乗車券」が各駅の券売機で発売されている。価格は大人820円、小児410円。

マスコットキャラクター「ゆりも」[編集]

ゆりもは、株式会社ゆりかもめが東京臨海新交通臨海線の開業10周年及び2006年有明駅 - 豊洲駅間開業を記念して2005年に登場させたキャラクターである。

路線愛称の由来になった東京都の都鳥「ユリカモメ」をモチーフに、胸にゆりかもめのシンボルマークが描かれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 第29期決算公告、2017年(平成29年)7月3日付「官報」(号外第142号)144頁。
  2. ^ 鉄道ジャーナル』第32巻第7号、鉄道ジャーナル社1998年7月、 98-99頁。
  3. ^ ゆりかもめ新型車両デビュー! (PDF)”. ゆりかもめ (2013年3月15日). 2013年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月27日閲覧。
  4. ^ a b ゆりかもめ、新型車両7300系の営業運転開始…両開きドアとロングシート採用 - レスポンス、2014年1月19日
  5. ^ 消費税率引き上げに伴う運賃改定についてのお知らせ (PDF) - ゆりかもめ

外部リンク[編集]