ゆっくり急げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゆっくり急げ(ラテン語:Festina Lente フェスティナ・レンテ) 」はヨーロッパの様々な言語に伝わる格言。一般に「求める結果に早くたどりつくには、ゆっくり進んだほうがよい」、また逆に「歩みが遅すぎると求める結果が得られない」を同時に意味するとされる[1]。もとはギリシャ語の「σπεύδε βραδέως(スペウデ・ブラデオース)」という格言[2]

図案の例。一か所にとどまる「碇」と、素早く泳ぎまわる「イルカ」を組み合わせている。

ルネサンス時代に蔵書票や貴族の紋章などに用いられ、多くの図案が考案された[3]


出典[編集]

  1. ^ Festina lente (Latin, ‘make haste slowly’). (2012). In S. Dent (Ed.), Brewer's dictionary of phrase and fable (19th ed.). London, UK: Chambers Harrap.
  2. ^ Cu., B., & CU., B. (2010). Emblem. In A. Grafton, G. W. Most, & S. Settis (Eds.), The classical tradition. Cambridge, MA: Harvard University Press.
  3. ^ make haste. (2013). In C. Ammer, The American Heritage Dictionary of Idioms (2nd ed.). Boston, MA: Houghton Mifflin.

関連項目[編集]