ゆっくり実況

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゆっくり実況(ゆっくりじっきょう)とは、音声合成ソフトを使用したゲーム実況車載などの動画である。

概要[編集]

棒読みちゃん」「SofTalk」などのAquesTalkを利用した音声合成ソフトを使うゲーム実況車載などの動画[1][2]

これらの音声は、アスキーアートが元となったキャラクター「ゆっくりしていってね!!!」から「ゆっくり」と呼ばれる[3]ニコニコ動画やでは人気のジャンルとなっており[4]Youtubeを始めとする他の動画サイトや、テレビ東京の『モヤモヤさまぁ〜ず2[5]や映画『青鬼』の予告編でも同様の手法が用いられている。ゆっくり実況を用いる動画投稿者のことをゆっくり実況者という。

AquesTalkの他にも、VOCALOIDVOICEROIDUTAUCeVIOなどによる同様の手法で動画を作成する者もいる。

作成方法[編集]

主な方法として、ゆっくりMovieMakernicotalkなどのソフトを使用し、音声や立ち絵、字幕などを作成し、それをAviutlで細かい編集を加え、動画として出力する,という方法があげられる。[6]

特筆すべきゆっくり実況者[編集]

Turugi888 :ゆっくり実況の先駆者として知られる。

YouTube[編集]

こちらを参照。

出典[編集]

  1. ^ ニコ動屈指の行動力!車載動画は今日もネットとリアルを繋げている”. ascii×デジタル (2014年10月9日). 2015年11月29日閲覧。
  2. ^ 動画数16万超の「ゆっくり実況プレイ」はホラーと相性◎”. ascii×デジタル (2013年12月5日). 2015年11月29日閲覧。
  3. ^ 生首キャラと棒読みの化学反応──ニコ動で流行る「ゆっくり」動画とは?”. マイナビニュース (2010年4月2日). 2015年11月29日閲覧。
  4. ^ 「ゆっくり実況」を誰でも簡単に作れるツール「ゆっくりMovieMaker」で、ヒビコレちゃんにおしゃべりさせてみた”. ねとらぼ (2011年12月18日). 2015年11月29日閲覧。
  5. ^ ゲーム実況動画を編集するには?--無料編集ソフトの使い方”. CNET Japan (2015年6月19日). 2015年11月29日閲覧。
  6. ^ 「ゆっくり実況」の作り方|必要機材やソフトと手順をご紹介”. かむなび. 2020年12月6日閲覧。