Young Juvenile Youth

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゆう姫から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

Young Juvenile Youth(ヤングジュヴナイルユース 略称:YJY(ワイジェーワイ))は、オフィス作に所属する日本エレクトロニック・ミュージックユニットである。

概要[編集]

2012年より活動をスタートした。2013年、デビュー作としてPhaseworksから限定発売した『Anti Everything』と『More For Me, More For You』の2作品の12インチアナログレコードは完売した。

2015年には、iTunesが世界中のニューカマーの中から厳選する『NEW ARTIST スポットライト』に選出された。同年、Beat Records(BEATINK)からリリースされたミニ・アルバム 『Animation』は、予約時とリリース後で合わせて計7週間に渡ってエレクトロニックチャート1位を記録した[1]。映像作家・関根光才が監督として手がけたミュージックビデオ『Animation』は、Vimeo Staff Pickに選ばれた[2]

2016年4月、「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」の「Future」キャンペーンにて、グローバルインフルエンサーの日本代表として、ゆう姫が抜擢された[3]。同年の10月には、サカナクションRADWIMPSらのPV、CMなどを手掛けたショウダユキヒロの体験型映像作品が公開され、主題歌にシングル曲である「A Way Out」が使用され、同作において、俳優の村上虹郎とゆう姫が共演した[4]

メンバー[編集]

ゆう姫(ユウキ)
ボーカルソングライティング担当。フロントマン。俳優松田優作と女優松田美由紀の長女[5]。兄は俳優の松田龍平と俳優の松田翔太、伯母は女優の熊谷真実。義姉は女優・モデルの秋元梢
JEMAPUR(ジェマパー)
作曲トラックメイキングミックス担当。2001年頃音楽活動を開始した[6]。『Dok Springs』(Hyde Out Productions、2006年)、『Evacuation』(W+K Tokyo Lab. / EMIミュージック・ジャパン2008年)、『Microsleep』(Lakho、2011年)の3枚のアルバムを発表した[6]。2012年には『Empty』を12インチアナログレコードとCDの2形態をPhaseworksからリリースした[6]。その他、ソニーナイキユニクロといった広告[6]のサウンドデザイン等も行う。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# リリース日 タイトル 形態 レーベル
1st 2013年9月21日 Anti Everything 12" Vinyl / Digital Phaseworks
2nd 2013年11月27日 More For Me, More For You 12" Vinyl / Digital Phaseworks
3rd 2016年5月27日 Hive / In Blue Digital U/M/A/A
4th 2016年10月28日 Youth / A Way Out Digital U/M/A/A

ミニアルバム[編集]

# リリース日 タイトル 形態 レーベル
1st 2015年4月27日 Animation CD / Digital Beat Records

ミュージックビデオ[編集]

# リリース日 監督 タイトル
1st 2015年4月15日 関根光才 Animation[注釈 1]
2nd 2016年12月2日 関根光才 Youth[注釈 2]

映像作品[編集]

# リリース日 監督 タイトル
1st 2016年10月29日 ショウダユキヒロ KAMUY[注釈 3]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]