やよい食堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やよい食堂
やよい食堂
やよい食堂
店舗概要
所在地 278-0035
千葉県野田市中野台351
開業日 1926年大正15年)
営業時間 閉店
最寄駅 東武鉄道 東武野田線愛宕駅

やよい食堂(やよいしょくどう)は、千葉県野田市にある大衆食堂である。

沿革[編集]

1926年大正15年)創業[1][2]。店内には4人がけのテーブル6台と座敷を備え[3]カレーライスチャーハンカツ丼などを提供する[4]一般的な大衆食堂であるが、料理が極端な大盛りであることからマスコミに取り上げられることが多く[4]、愛好家の間では大盛りの東の聖地とされる[5]

並であっても他店であれば大盛りに相当する分量が供される[1][3]。大盛りではさらに分量が多く、カレーライス大盛りではどんぶり3杯分、約2kgの米飯が山盛りにされ、この上にカレーがかけられるため、喫食中にカレーが皿から下皿やトレイにこぼれ落ちていく状況が常となっている[6][4]。チャーハン大盛りにおいても、約2kgの米飯が皿の端ぎりぎりまで盛り付けられる[6]。このような大盛りの結果、土日の米の消費量は360合に及ぶ[2]。店主によれば大盛りになっていったのは1990年頃からのことで、顧客の要望に応じ続けていた結果だという[1][7]

2016年に入り無期限の休業状態であったが、2017年4月頃、正式に閉店されることが判明し、91年に及ぶ店の歴史に幕を下ろした。

[編集]

  1. ^ a b c 櫻井伸樹・西野鉄兵「喰って喰って喰いまくれ!! 激闘爆盛りツアー! 【北関東】旨味と人情の珍道中」、『アウトライダー』第47号、バイクブロス、2011年4月、 18-19頁。
  2. ^ a b 「大食い! 激ヤバ! コレが噂の爆盛り! ドトーの27皿大公開」、『TOKYO1週間』第8巻第4号、講談社、2004年2月17日、 66-75頁。
  3. ^ a b 遠藤哲夫 「男なら大衆食堂でめしを食え!〈千葉県野田市・やよい食堂〉」『大衆食堂パラダイス!』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2011年9月、143-151頁。ISBN 978-4-48-42859-2。
  4. ^ a b c あきれたグルメ探検隊 『あきれたグルメガイド バカ盛り伝説 デラックス!! 首都圏版』 毎日コミュニケーションズ、2007年10月、106-107頁。ISBN 978-4-8399-2581-9
  5. ^ 小田民彦「食彩舌訪<213> デカ盛りメニュー 大津市膳所 感謝と思いやりの一品」『高知新聞』2007年(平成19年)7月28日付夕刊8面。
  6. ^ a b あきれたグルメ探検隊 『あきれたグルメガイド バカ盛り伝説 首都圏版』 毎日コミュニケーションズ、2005年11月、106-107頁。ISBN 4-8399-1953-4
  7. ^ 大盛りを始めたのは「30年前くらい」とする2007年の記事もある。「関東甲信越 旅気分の町歩き 今月のちょい旅 第13回 野田【千葉県】」『散歩の達人』第12巻第6号、2007年6月、112ページ。

外部リンク[編集]