コンテンツにスキップ

やましたひでこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

やましたひでこは、自称クラターコンサルタント[1]

著書『新・片づけ術 断捨離』のヒットにより断捨離という言葉を広めた[2]

人物[編集]

大学生のころ、ヨガの行法哲学である「断行・捨行・離行」をヒントに、自宅の不用品などの整理などをする片付けを、「断捨離」というメソッドで構築し、心の整理と新陳代謝を促す発想の転換法を生み出した[1]

断捨離は単なる整理整頓ではなく、モノへの執着・こだわりを捨てて、身の回りをきれいにするだけでなく、心身ともにストレスを解消すること、不必要なものを手放し、本当の必要なもの、価値のあるものを残し、正しい整理整頓の仕方や、人間の関係性などの改善にもつながるという。

この「断捨離」のことばはやました自身が登録商標として出願している[1]

出演[編集]

徹子の部屋(2023年6月30日、テレビ朝日

出典[編集]

  1. ^ a b c プロフィール”. やましたひでこ公式サイト. 2022年8月6日閲覧。
  2. ^ 「断捨離(だんしゃり)」という言葉が定着するようになったのは…”. 東京新聞 (2021年12月25日). 2022年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]