やぎさわ景一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やぎさわ 景一
生誕 (1972-07-04) 1972年7月4日(47歳)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2002年 -
ジャンル 少年漫画
代表作ロボこみ
突攻! メイドサンダー
公式サイト やぎ's CAFE
テンプレートを表示

やぎさわ 景一(やぎさわ けいいち、1972年7月4日 - )は、日本漫画家浜岡賢次の元アシスタント

浜岡のアシスタントを長らく務めながら同人活動を行っていた。『週刊少年チャンピオン増刊号 浦安鉄筋家族大全集』(2002年8月16日発売)掲載の「死神DEATH」でデビュー。その後2003年に独立し、同年『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)連載の『ロボこみ』で連載デビュー。以降は秋田書店の『チャンピオンRED』系の雑誌を中心に活動する。ファンいわく「昭和の臭いがする」作風。主にラブコメ寄りの作品を手掛けている。一見明らかに異様な状況なのに、周りの人間がその異様な状況に当たり前のように順応している事で起こる違和感、騒動などを笑いにするシチュエーション・コメディを得意とする。またちょっきんぱにっくからパンチラなどの性描写が多くなった。

代表作は『週刊少年チャンピオン』連載の『ロボこみ』、『チャンピオンRED』連載の『突攻! メイドサンダー』。

作品リスト[編集]

  • 死神DEATH(『週刊少年チャンピオン』増刊号 浦安鉄筋家族大全集(2002年8月16日)掲載、読切)
デビュー作。本作品は同名義で同人誌が数冊発行されている。
浦安鉄筋家族』(浜岡賢次著)の登場人物、春巻龍を主人公にしたスピンオフ作品。

師匠、アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安部真弘のブログ記事より(2007年7月31日)

外部リンク[編集]