ダイキチシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やきとり大吉から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイキチシステム株式会社
DAIKICHI SYSTEM CO.,LTD.
本社の所在する長堀八千代ビル
本社の所在する長堀八千代ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
542-0081
大阪府大阪市中央区南船場1-11-9
長堀八千代ビル4F
設立 1977年(昭和52年)12月1日
業種 サービス業
法人番号 6120001083076
事業内容 焼き鳥店チェーンの本部運営
代表者 代表取締役社長 牟田稔
資本金 2,080万円
純利益 1億2118万3000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 21億6486万7000円(2018年12月31日時点)[1]
外部リンク www.daikichi.co.jp
特記事項:総店舗数 1,055店(2006年6月30日現在)
テンプレートを表示

ダイキチシステム株式会社は、「やきとり大吉」の店舗名で焼き鳥店を全国展開する企業。本社は大阪市中央区南船場

チェーン店について[編集]

チェーン店はどの店舗も10坪程度の比較的小さい面積による店舗を特徴とする。店舗の内装に鉄道の枕木を再利用しているのも特徴。サントリーと提携しているため、提供される飲み物は日本酒以外はサントリー(またはサントリーフーズ)の製品である。

仕入れや一部のメニュー構成・焼き鳥のたれ作りなどを店主に委ねており、併せてロイヤリティを固定とすることで店主の独立を促す形でのチェーン展開を行っている(ダイキチシステムによれば、最低開業資金として150万円あれば店舗を借り受ける形で独立開業が可能としている)。一方でフランチャイズ構想は否定している。

裁判[編集]

1998年に神戸市垂水区で開店した「やきとり大吉」の店舗について、「(焼き鳥の)においで快適な生活が侵害された」として、近隣の住民が店主と本部(ダイキチシステム)を相手取り、におい対策と損害賠償を求める裁判が行われた。

一審の神戸地方裁判所は「臭気は受忍限度を優に超える」として原告勝訴の判決を言い渡した[2]が、二審の大阪高等裁判所では「原告がにおいを特にひどく感じるのも風の弱い時などに限られ、においが受忍限度を超えると認められない」として原告敗訴の判決を下した[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]