もえのあずき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もえの あずき
別名 もえあず
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル J-POP
職業 歌手
タレント
活動期間 2012年 -
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
(2013年 - 2015年)
VERSIONMUSIC(2015年 - )
Stand-Up! Records(エラバレシ 2016年6月 - )
事務所 ル・アイド芸能社
公式サイト 大食いグルメアイドル♡もえあずのくいしんぼうブログやねん♡

もえの あずき1988年2月1日 - )は、日本女性アイドルグループバクステ外神田一丁目のアイドル・キャスト(メンバー)1.5期生[1]、固定ユニット「エラバレシ」メンバー、大食いタレント、テレビ東京元祖!大食い王決定戦」5代目爆食女王(2連覇)、2016台湾夏の美食大使[2]

大阪府出身。身長156cm。血液型はB型。同志社大学卒業[3]。愛称は「もえあず」。

人物[編集]

東京・秋葉原にあるアイドル育成型エンターテインメント・カフェ「AKIHABARAバックステージpass」で時給1,000円で働くカフェ・キャストから選ばれ、アイドル・キャストとして活動を開始。

セレブ出身の[4]「セレブ・アイドル」として知られ、本人のブログによると、自宅は8億2,000万円[5]、趣味は株式投資、旅行はヘリコプターを使用[6]ディズニーランドでは特別待遇など詳細を披露[7]。食事は1日4食で、好きな食べ物はフランス料理・大トロ・焼き肉[4]

2014年1月にテレビ東京系列で放送された『元祖!大食い王決定戦〜全国縦断!新女王発掘戦〜』では、大阪出身ではあるが青森大会の地方予選に参加して優勝し、東京で行われた決勝戦に進んだ[8]

2014年3月30日放送『元祖!大食い王決定戦〜爆食ニューヒロイン誕生戦〜』には、番組推薦枠を賭けた戦いに勝って本戦に出場。ハワイで行われた決勝戦まで進み、第3位になった。

テレビ東京製作のバラエティ番組腹ペコ!なでしこグルメ旅』では、2014年4月期以降、準レギュラーとしてたびたび出演している。

阪神タイガースのファンで、甲子園球場ビールの売り子バイトをしていた事があった。今でも「MOEAZU」と書かれた、自分の誕生日の2月1日にかけた背番号21の応援ユニフォームを着て観戦に行くことがある。

資格取得に熱心で、野菜ソムリエフードアナリスト4級・日本さかな検定・うどん検定3級など食べ物に関するものが多いが、他にも一級小型船舶操縦免許・秘書検定などの実用的な物から、伊賀忍者検定3級・カッパ捕獲許可書などネタ的なものまで幅広く取得している[9]。また、これらの資格は全て一発合格している。日本さかな検定を受験した際、取材に来ていたニコニコ生放送「釣りマニア」という番組のインタビューを受ける。この時、プライベートで取材を受けたため、アイドル活動をしていることや名前等を言うことなく、一般の受験者として放送された。

2014年4月から、ブログがAmebaオフィシャルとなり、2013年以降は1日1回は必ず更新している[10]。本人曰く「9割が食べ物の話題」であり、特に2014年以降はどんな話題の内容でも、必ず何か一つ飲食物の情報を書いている。

アイドル活動[編集]

モーニング娘。に憧れてアイドルに興味を持つ(後藤真希が入って来た頃が最初)。他に松浦亜弥など、つんく♂プロデュースのアイドルはみんな好きだった[11]

同志社大学まで進学したがアイドルになる夢を諦めきれず、2011年につんく♂志倉千代丸が立ち上げようとしていた「AKIHABARAバックステージpass」のアイドルキャスト募集をネットで知り、大阪からオーディションに応募する。この時、自分は必ず合格出来ると信じ、合否が出るのを待たずに東京での住まいを契約した[12]

2012年3月13日にバクステ外神田一丁目1.5期生としてアイドル活動を開始する。アイドル活動と同時にAKIHABARAバックステージpass店舗でのカフェ店員としての業務もあるが、入ってから2年経過しても病欠をしたことがなく、働き始めた頃ほぼ毎日出勤していたため、疲労から一時期声が出なくなってしまったことがあったが、欠勤することなく、筆談でカフェ業務をこなした。

2013年9月2日に、メジャー3rdシングル「Oh my destiny」選抜メンバー発表会でビックリ枠[13]にて念願の選抜入りを果たし、更にカップリング曲「アイドルがクラスメイトなのに、気付かないキミ達は情弱乙でしょ」で初めて歌唱ソロパートを与えられる。このメジャー3rdシングルリリース時期に行われた、グループとしても初の全国ツアー[14]にも全公演[15]参加する。

2014年5月8日に、ワーナーミュージック・ジャパン枠としてメジャー4thシングル「青春クロニクル/ハリネズミとジェリービー」メインメンバー[16]として選ばれる。メインメンバー発表会では、「大食い女王としてのメディア露出と注目度」を選考理由として挙げている[17]

バクステ外神田一丁目メンバーのユニット制に伴い、2014年9月14日に4チーム[18]あるうちのRecreationチームに振り分けられる。その後ユニットメンバー再編成により、2016年1月11日にFood&cultureチームへと所属変更になるがユニット制度自体の見直しによって同年12月27日をもってユニット解体となる。

2016年3月3日、バクステ外神田一丁目としては初のメンバー固定ユニットとなる、エラバレシのメンバーの一人として選ばれる。

2016年9月29日、バクステ外神田一丁目の審議会発表に於いて以後のグループ内ランキングバトルから免除され、在籍中はCDジャケット無条件掲載となるレジェンドアイドルキャストとして認定される。

セレブキャラ[編集]

高級なレストランでの食事会や、クルーザーやリムジンを貸し切って友人とパーティする様子をブログで紹介したことなどで、セレブキャラが根付く。

回転寿司屋、牛丼屋には上京してアイドルになるまで入った事が無く、カップラーメンもTV番組の企画[19]で生まれて初めて食べた。

実家で家族と生活していた頃は、毎年数回は海外旅行に出かけ、年末年始も海外で過ごすのが定番だった[20]。また、大学時代にカナダトロントで1年間の留学経験がある[12]

個人で株を複数所有しており、株主優待サービスを楽しんでいる姿を時折ブログで披露し、時間がある時には株主総会にも出席している。高校の授業で興味を持ち、両親が株をやっていた事もあり、10代の頃から株取引を始めていた[21]

大食い[編集]

家族全員がよく食べる家系だったため、自分が特に大食いだという自覚がなかったという[22]

世間から大食いとしてまず知られるようになったのは、2012年10月19日、26日に放送されたTOKYO MX『つんつべ♂』番組内の企画「つんつべ♂大食いアイドル選手権」で、この大会で2時間中にAKIHABARAバックステージpass店舗13メニューを完食し、2位以下に圧倒的な差をつけ優勝する(この番組企画がタレントとして初めて大食いの様子をTVで披露した事になる)。そして、この食べっぷりを見たつんく♂が「あいつは本家(『元祖!大食い王』)に出れるね」と発言し、後の元祖!大食い王決定戦出場へと繋がる。

2013年9月28日放送の『元祖!大食い王決定戦〜真!最強伝説〜』大阪予選にて、初めて元祖!大食い王決定戦に出場する。炎天下の屋外での男女混合戦で、揚げたての「黒にんにくカレーパン」を30分で25個を食べて4位になったものの、本戦に進出することはできなかった。

2014年1月1日放送の『元祖!大食い王決定戦〜全国縦断!新女王発掘戦〜』では青森予選を突破し、決勝戦へ進んだ。本人としては地元関西の滋賀予選に出場したかったが、所属しているバクステ外神田一丁目のライブツアーの日程と重なっていた為、スケジュールの合う青森予選での出場となった[23]

2014年4月からは、TV初主演で初レギュラーとなるHTB『食べる女』放送開始や、大食い企画で週刊大衆ヴィーナスでの雑誌連載開始、さらにテレビ東京『腹ペコ!なでしこグルメ旅』にて大食いなでしこメンバー入りし、大食いタレントとしての活動も本格的に始める。今まで満腹になった経験が無かったが、仕事として過酷な大食い企画を重ねるようになって、初めて「お腹いっぱいでもうこれ以上食べたくない」という感覚を味わったという[22]

2014年9月28日、男女混合戦に於いて準優勝という記録を残した『元祖!大食い王決定戦〜新世代最強戦〜』放送後には、ブログアクセスが47万5千[24]に上り、翌29日のアメブロ女性アイドルランキングで3位を記録した[25]

2015年3月29日に放送された『元祖!大食い王決定戦〜新爆食女王襲名戦〜』にて優勝し、これによりギャル曽根から続く第5代目女王として正式に認定される。素人参加から番組で注目され大食いタレントへ転身するケースは多いが初回から芸能人として参加して優勝までたどり着いたのは番組でも初めてのケースである。

翌年の2016年4月3日に放送された『爆食女王新時代突入戦』でも優勝を飾り、爆食女王史上3人目となる二連覇達成[26]を成し遂げる。またこの大会をもって22年間続けた司会の勇退を表明した中村ゆうじから最後の優勝コールを受けた大食い王となった。

台湾でも日本の大食い番組が人気で台湾交通部観光局が行う「2016年台湾夏至235キャンペーン」にて同キャンペーンとしては初の外国人タレント起用となる夏の台湾観光美食大使に任命される、2016年7月19日に観光局の劉喜臨副局長と共に台北市内で記者会見を開き台湾国内各種のマスメディアが報じた[27]

主な大食い記録として、握り寿司204貫[28]、わんこそば700杯(約50人前)[29]、まめぶ汁21杯(8.4kg)[30]、グリーンカレー14皿(4.14kg)[31]、一升チャーハン(2.5kg)[32]などがある。

元祖!大食い王決定戦 出場記録[編集]

放送日 各大会タイトル 大会内容 主な記録 最終結果
2013年9月28日 真!最強伝説(地方予選) 男女混合戦 黒にんにくカレーパン25個 大阪予選4位
2014年1月1日 全国縦断!新女王発掘戦 女性限定戦 じゃっぱ汁24杯(約5kg)
巨大海老天そば9杯
決勝3位
2014年3月30日 爆食ニューヒロイン誕生戦 女性限定戦 オムライス10皿(4kg)
とんこつラーメン12杯
決勝3位
2014年9月27日 新世代最強戦(地方予選) 男女混合戦 ジャンボ牛串かつ40本(2kg) 大阪予選1位
2014年9月28日 新世代最強戦 男女混合戦 炭火焼きエビ192尾(6.4kg)
味玉チャーシューメン13杯
準優勝
2015年1月1日 国別対抗!大食い世界一決定戦 男女混合
国別対抗戦
桜えびかき揚げそば15杯
メキシカン・チキンステーキ20皿
準優勝
2015年3月28日 新爆食女王への道(地方予選) 女性限定戦 春巻き72本(3.6kg) 大阪予選1位
2015年3月29日 新爆食女王襲名戦~フィリピン・セブ島編 女性限定戦
5代目女王決定戦
バナナ139.5本(6.975kg)
とんこつラーメン約21杯
優勝
2015年9月27日 新絶対王者襲名戦 男女混合戦
新王者決定戦
空芯菜炒め30皿(4.5kg)
ベトナムチキンライス16皿(4.8kg)
準決勝4位
2016年4月3日 爆食女王新時代突入戦 女性限定戦
女王決定戦
ローストビーフ丼12杯(4.8kg)
チーズ豚骨ラーメン18杯
優勝
(2連覇)
2016年10月2日 世界をつかめ!炎の決戦 男女混合戦
王者決定戦
卵かけご飯35杯(7kg)
キングフィッシュカレー12皿(6kg)
準決勝4位

出演(個人)[編集]

テレビ[編集]

現在の出演番組

過去のレギュラー番組及び単発出演

雑誌連載[編集]

  • 週刊大衆ヴィーナス「もえのあずきチャンと行く!ガチ盛りグルメ」(2014年4月18日 - )
  • 週刊東京ウォーカー+「TOKYO食遺産」(2016年4月6日 - )※電子雑誌

雑誌単発[編集]

  • 週刊大衆
    • 「アクアミュージアム体験リポート」(2012年7月9日号)
    • 「プロ野球選手プロデュース弁当」(2013年6月17日号)
  • 週刊プレイボーイ
    • 「2014年HOPE美女」コーナー(2014年No.19-20合併号4月28日発売)
    • 写真集先行カットグラビア(2015年No.12 3月23日号)
    • 「厳選6店 手づかみグルメ」コーナー(2015年No.24 6月15日号)
  • 女性自身
    • 「元祖!大食い王決定戦」爆食ニューヒロイン誕生戦参加メンバーインタビュー(2014年6月3日号)
    • 2015年「日本はこうなる!」 5賢人の『食』担当(2015年1月20日号)
    • 激安食堂全国ベスト7(2016年11月1日号)
  • BOMB「ルーキだGO!GO!」コーナー(2014年6月号)
  • 東京ウォーカー
    • (2014年7月31日号増刊)
    • (2015年11月号)
    • グルメタレントが選ぶ溺愛アモーレ飯(2016年11月号)
  • 月刊Audition インタビュー(2015年1月号)
  • 週刊実話 写真集先行カットグラビア(2015年4月16日号)
  • アサヒ芸能 写真集先行カットグラビア(2015年4月30日号)
  • 週刊ヤングジャンプ
    • No.33 もぐささん新刊発売記念企画インタビュー(2015年7月16日発売号)
    • No.35 もぐささん新刊発売記念企画インタビュー後編&大食いレポート(2015年7月30日発売号)
  • 「日経マネー」もっと得する株主優待 拡大版迎春特別対談もえのあずきさん×桐谷広人さん(2016年2月号)
  • 週刊SPA! 偏愛道「大食いチャレンジ最前線」(2016年2月9・16合併号)
  • DIME(2016年6月号)
  • ロト・ナンバーズ「超」的中法(2016年8月号)※商業誌での初表紙モデル
  • 酒場人 Vol.3(2017年1月31日発売)

フリーペーパー

コラム連載[編集]

ニュースアプリケーション

  • るるぶNEWS「大食いアイドルの目指せ東京全駅制覇!」(2014年12月 - 2015年6月、JTBパブリッシング

写真集[編集]

イメージDVD[編集]

WEB番組[編集]

  • 「A会議室」第58回(2013年9月26日)61回(2013年10月13日、YouTube WMJチャンネル)
  • 「抜け駆け!女塾」vol.11-14(2014年1月 - 4月、北参道放送局
  • 「インスタントジョンソンのかわいこちゃ~んNEO!!」(2014年5月31日、AmebaStudio)
  • ドラマ「孤独のグルメ」をおかずに炊きたてごはんを食べる(2015年3月27日、ニコニコ生放送、テレビ東京チャンネル)有田りあと共に
  • カップヌードルにあの謎肉が帰ってきた! やろうぜ、謎肉復活祭!(2015年4月29日、ニコニコ生放送)
  • オールナイトニッポンwひたすら○○やる水曜 「マクドナルド全メニューをひたすら食べ尽くす」(2015年9月23日、YouTubeオールナイトニッポンwチャンネル)
  • ガチで食べます!僕らのおいしいランキング〜グランスタ弁当編〜(2015年12月21日、ニコニコ生放送ウォーカーチャンネル)
  • いばらきペロリ(いばキラTV
    • ミス大食い桝渕祥与と5代目爆食女王もえあず茨城食材デカ盛りクッキング&大食いSP(2016年1月28-30日)
    • ミス大食い桝渕祥与と5代目爆食女王もえあず 「心技体」で競ういばらき贅沢大食いSP!(2016年3月9-11日)
    • second season #15-#16いばキラTV5年目突入スペシャル(2016年11月24日-12月1日)
  • 鷹の爪団の10周年大発表SP!(2016年3月10日、LINE LIVE)
  • 創刊記念「週刊東京ウォーカー+」はじまるよー〜前園真聖、もえのあずきらが撮影秘話を披露〜(2016年3月30日、ニコニコ生放送ウォーカーチャンネル)
  • "大食いアイドル”もえのあずきの3時間大食い生中継〜豪華バイキング食べ尽くせ!(2016年5月14日、AbemaTV
  • EOSの歩き方 ~プレイヤーVSもえあずタイムアタック大食いバトル編~(2016年6月22日、ニコニコ生放送ハンゲーム公式チャンネル)
  • ニコニコボートレース部@JLC特別出張inなるちゃんホール(2016年7月17日、ニコニコ生放送ニコニコボートレース部@JLC)
  • オホバン《オホーツク情報発信番組》(2016年9月1日、YouTube)※2016年9月中のみの限定公開
  • おバカ大学学園祭2016 OBAKA’s KITCHEN(2016年9月17日、ニコニコ生放送)
  • 美味しい!アイドル!サガミTV(2016年9月30日、FRESH! by AbemaTV)
  • サイサイてれび!(おちゃの娘サイサイ)(テレ朝動画
    • #79 Sツアー延長戦!もえあずと大食い対決!(2016年9月29日)
    • #80 サイサイ大食い対決!あいにゃんが猛烈に攻める!(2016年10月13日)
  • 美女ランチ #180-181(2016年12月19日-20日、AbemaTV)
  • センター試験解いてみた 2017【2日目・数化生】(2017年1月15日、ニコニコ生放送 N高等学校チャンネル)
  • 違うde SHOW! 第6回「テーマ:おでん」(2017年2月5日、AbemaTV)

ラジオ[編集]

新聞[編集]

  • 日刊ゲンダイ
    • 大食い記事(2014年10月3日)
    • グラビア掲載(2015年4月21日)
  • 夕刊フジ(2015年3月31日)コラボラーメン店PR記事
  • 朝日新聞(2015年4月9日)コラボラーメン店オープン記事

ムック本[編集]

広告[編集]

  • サンポップ・エトセトラ綾瀬 サマーバーゲンポスター、広告モデル(2012年6月)
  • LION「ソフランアロマリッチ」販売促進ボード モデル(2012年以降で正確に店頭に置かれた時期は不明)
  • 雪国まいたけ 雪国まいたけ極、雪国きのこカレーイメージキャラクター(2015年4月-)
  • ヤングジャンプ・コミックスもぐささん」第7巻 帯コメント(2015年10月19日発売、集英社)
  • 「もえあず」が大阪ドームシティのグルメをご紹介!(2016年6月-、イオンモール大阪ドームシティ)※HPチラシ等でのフードコートメニューPR
  • my GAMECITY「年末年始大還元キャンペーン」イメージキャラクター(2016年12月21日-2017年1月31日、コーエーテクモゲームス
  • 開設60周年記念「GI戸田プリムローズ」イメージキャラクター(2017年1月、戸田競艇場
  • ららぽーとTOKYO-BAY
    • 毎日肉食フェア(2016年5月9日-6月9日)
    • いちごフェア(2017年1月20日-)

イベント[編集]

  • 第10回ラーメントライアウト ゲスト審査員(2014年12月6日、立川ラーメンスクエア)
  • 東京ミートレア5周年記念ワクワクニクニク!感謝祭 肉大食いチャレンジ(2014年12月7日、東京ミートレア
  • 第2回おにぎりグランプリ(2015年5月5日、戸越銀座商店街
  • 「うすた京介先生が会いたい人とのおしゃべりを見に来る会」♯2うすた京介×大食いグルメアイドル もえのあずき(2016年1月15日、pixiv Zingaro)うすた京介画業20周年記念原画展「うすた展」イベント
  • 本のフェス ショートショートショーセツSHOW!!(2016年3月23日、本のフェス事務局)東北芸術工科大学 外苑キャンパス

その他[編集]

  • 日本ツインテール化計画(2013年3月28日 日本ツインテール協会) モデル
  • 「ツインテール化計画」写真展(2013年7月5日 - 23日、東京シティビュー)写真モデルの一人として参加

iPhone用アプリケーション

  • 「Q」 -360°experience-プリセット動画「バクステ外神田一丁目もえあずセレブ格付けクイズ」(2014年12月、VIVIFY PROJECT)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オフィシャルでは1期生として扱われる
  2. ^ 2016臺灣夏至235系列活動 暑假期間接力起跑 臺灣夏至235美食大使-日本大胃女王萌梓 吃遍臺灣北回歸線美食 - 台湾イベントカレンダー(台湾観光局
  3. ^ 2016年5月30日放送 テレビ朝日『聞きにくい事を聞く&Qさま!!豪華2本立て3時間SP』にて公表
  4. ^ a b 30分で寿司34皿!いま注目の大食いアイドル・もえのあずきを直撃 - 芸能 - ZAKZAK
  5. ^ 冗談でブログに書いたものがネットニュースになったと後に本人が否定している
  6. ^ ヘリは友人所有のもの
  7. ^ 「自宅は8億2,000万円」時給1,000円のセレブアイドルが登場 - ライブドアニュース
  8. ^ 大食いアイドル もえのあずき 1月2日のブログアクセス数が約60倍に急上昇! | GirlsNews
  9. ^ 「ポッター平井の激推しアイドル!」第43回
  10. ^ オフィシャル化前の古い記事は一部のみ閲覧可能となっている
  11. ^ 大食いアイドル・もえのあずきが「バクステ」10期デビュー枠募集に期待!「“これ、仕事だったんだ!”って思うぐらい、毎日が楽しいです」”. De☆View. オリコン・エンタテインメント (2016年3月1日). 2016年4月13日閲覧。
  12. ^ a b 朝日新聞デジタル「ツギクル☆アイドル」2014年8月28日インタビューより
  13. ^ サイコロやトランプ等を用いた簡単なゲームで最終的に一人の勝者を決める
  14. ^ つんつべ♂プレゼンツ!調子ブッコキ祭り2013秋. 〜調子ブッコいて5ヶ所まわっちゃうぜ!ツアー〜
  15. ^ 福岡、名古屋、大阪、高松、仙台の5ヶ所+東京
  16. ^ 21才以上選抜9名のうち
  17. ^ ニコニコ生放送「今夏発売!バクステ外神田一丁目NEWシングルジャケット選抜メンバー発表会」より
  18. ^ 「Food&Culture」「Recreation」「Health care」「Newspaper」
  19. ^ TOKYO MX『つんつべ♂』#91「みんなでカップ麺食べて三田」
  20. ^ ニコニコ生放送2013年12月度マンスリーランキング表彰式フリートークより
  21. ^ 日経マネー2016年2月号
  22. ^ a b 大食い女王・もえのあずき、6人前の焼肉をペロリと完食!“極キレ”ダンスのパワーの源はここにあり【PR】”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2016年3月24日). 2016年4月13日閲覧。
  23. ^ 2014年1月6日ブログより
  24. ^ バクステ外神田一丁目・もえのあずき、『元祖!大食い王決定戦』で2位に BARKS
  25. ^ Ameba芸能人ブログ2014年9月29日アイドルランキング
  26. ^ これ以前に連覇を達成しているのは、初代女王ギャル曽根と第2代目女王菅原初代の2人だけである。
  27. ^ 日本の女性大食いアイドル、台湾の夏の美食大使に 名物グルメをPR
  28. ^ TBSテレビ「白熱ライブ ビビット」2017年1月23日放送分にて
  29. ^ 「もえのあずきチャンと行く!ガチ盛りグルメ」、『週刊大衆ヴィーナス』、双葉社東京都新宿区東五軒町3-28、2016年6月3日
  30. ^ 『新春緊急検証!〜ファミ劇でも20時間生放送やれんのか!?〜』2016年1月11日放送
  31. ^ 『元祖!大食い王〜新世代最強戦〜』準決勝にて
  32. ^ 2014年10月3日ブログより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]