めんこい仔馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

めんこい仔馬」(めんこいこうま)は、1940年(昭和15年)12月にコロムビアレコードから発売された童謡。発売当初の表記は「めんこい子馬」。

解説[編集]

作詞サトウハチロー作曲仁木他喜雄。歌は二葉あき子高橋祐子。陸軍省選定 東宝映画、「」の主題歌として作られたのだが、劇中では使われず、国民歌謡として、1941年(昭和16年)1月17日から松原操の歌で放送された。馴染みやすい歌詞と、軽快なメロディでヒットした。

戦後も戦時色のある部分が改変され、広く親しまれた。スタジオジブリの劇場映画『火垂るの墓』(1988年)、及び『ちびまる子ちゃん』の劇場映画『わたしの好きな歌』(1992年)両作中で使用され、その為か現在でもよく知られている(後者作品においては、戦後の歌詞ではなく戦前の歌詞が使用された)。

作詞のサトウハチローは1973年没のため、著作権が有効である。