めふん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

めふんは、オスのの中骨に沿って付いている血腸(腎臓)を使って作る塩辛である。

概要[編集]

北海道地方料理であり、料理店などでは珍味として扱われている。スーパーマーケット土産物店では、100g程度の瓶詰めとして流通している。

また、川を遡上中の「ぶなざけ」と呼ばれる鮭の腎臓が材料として良いとされる。

色は黒く、食感にとろみがあり、主に酒肴として珍重されているほか、ストレスを回復させる栄養素であるビタミンB12鉄分が豊富に含まれているため、健康食品としても注目されている。

語源[編集]

名称の語源はアイヌ語の「腎臓」を意味する「メフル」から採られたとされ、漢字では「女奮」という字が当てられている。