めぐり逢わせのお弁当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
めぐり逢わせのお弁当
Dabba
監督 リテーシュ・バトラ英語版
脚本 リテーシュ・バトラ
製作 アルン・ラングチャーリー
アヌラーグ・カシャップ英語版
グニート・モーンガー 英語版
製作総指揮 リディア・ディーン・ピルヒャー
イルファーン・カーン
リテーシュ・バトラ
出演者 イルファーン・カーン
ニムラト・カウル英語版
音楽 マックス・リヒター英語版
撮影 マイケル・シモンズ
編集 ジョン・F・ライオンズ
製作会社 DAR Motion Pictures
UTV Motion Pictures
Dharma Productions
Sikhya Entertainment
National Film Development Corporation of India
配給 インドの旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
日本の旗 ロングライド
公開 インドの旗 2013年9月20日
日本の旗 2014年8月9日
上映時間 105分
製作国 インドの旗 インド
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 ヒンディー語
英語
製作費 100,000,000[1]
(≒$1,500,000[2]
興行収入 849,200,000[1]
(≒$13,000,000)
6000万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

めぐり逢わせのお弁当』(めぐりあわせのおべんとう、原題:Dabba、英題:The Lunchbox)は2013年インドフランスドイツ合作のドラマ映画。 リテーシュ・バトラ英語版監督の長編デビュー作品で、出演はイルファーン・カーンニムラト・カウル英語版など。 夫のために作った弁当が別人に届けられてしまったことをきっかけに弁当を通じて文通をすることになった若い人妻と初老の孤独な男との心の交流を描いている。

第66回カンヌ国際映画祭国際批評家週間観客賞をはじめ、世界各国の様々な映画賞を受賞している[4]

ストーリー[編集]

インド西部の大都市ムンバイで、会社勤めの夫ラジーヴと幼い1人娘ヤシュヴィと暮らす若い主婦のイラは、仕事ばかりで家庭を顧みない夫との関係を修復するために、心を込めて弁当を作るが、ダッバーワーラーと呼ばれる弁当配達が間違って早期退職を間近に控えた気難しい初老の男サージャンに届けてしまう。これをきっかけにイラとサージャンは弁当を通じて文通をするようになると、次第にイラは夫や家族の悩みをサージャンに打ち明けるようになる。また妻を亡くして孤独に暮らしていたサージャンは、イラの美味しい弁当と正直な気持ちを綴った手紙に、頑なだった気持ちをほぐして行き、彼の後任として採用された青年シャイクとも親子のような信頼関係を結ぶようになる。文通を重ねるうちに2人は互いに惹かれ合って行き、イラの提案でカフェで会うことになる。イラへの想いを恋と自覚し、心を浮き立たせていたサージャンだったが、ふとしたことから自分の老いに気付かされると、若く美しいイラと会うべきではないとの手紙をイラに送る。傷ついたイラだったが、長年病に伏していた父親の死をきっかけにサージャンに会いに行くことを決心する。しかし、娘を連れてサージャンの職場にやって来たイラは、サージャンが既に会社を辞めており、故郷ナーシクに引っ越したことを知らされる。イラは届くかどうかも分からないサージャンへの手紙の中で、夫と別れ、かつて手紙に綴った幸せの国ブータンに娘を連れて移り住むことを伝える。一方、サージャンはムンバイに戻り、イラを探そうとする。イラとサージャンが会えるかどうかを示さないまま物語は終了する。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “The Lunchbox rakes in big moolah overseas” (英語). IndiaToday.in. (2014年5月18日). http://indiatoday.intoday.in/story/the-lunchbox-rakes-in-big-moolah-overseas/1/362388.html 2015年8月31日閲覧。 
  2. ^ Nyay Bhushan (2013年5月23日). “Inspired by Mumbai's famous lunchbox delivery service, the Irrfan Khan-starrer screens in the Critics' Week.” (英語). The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-lunchbox-director-ritesh-batra-524943 2015年8月31日閲覧。 
  3. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 104頁
  4. ^ 受賞”. 映画『めぐり逢わせのお弁当』公式サイト. 2015年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]