むくりこくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

むくりこくりは、民俗語彙のひとつ。怖ろしいもののたとえ。もくりこくりとも。

概要[ソースを編集]

元寇の際、2度にわたって蒙古高麗連合軍が九州を襲ったことを「蒙古高句麗の鬼が来る」といって怖れたことに由来するという。転じて子供のわがままや泣くのをとめるのに「むくりこくり、鬼来るぞ」と脅す風習となったとされる。地方によっては「もっこ来るぞ」という呼び方もある。さらに転じて「むくりこくり鬼」という鬼がいるようにも考えられた。元寇の際の軍・高麗軍の残虐行為を指すと解釈されるのが一般的だが、一部には、元・高麗軍の兵士の水死体を指すという解釈も存在する。

記録[ソースを編集]

  • 筑前国続風土記』三雲の項目には、蒙古・高句麗とありルビとして「むくりこくり」とふられている[1]
  • 鎌倉時代末期の『沙汰未練書』には、「蒙古トハ異国ムクリノ事也」とある[2]
  • 正中2年(1325年)3月付けの『最勝光院荘園目録』[3]には「文永年中ムクリケイコ」(警固)に任じられたという用例がある[4]

事例[ソースを編集]

  • 青森県木造町には「モッコの子守唄」という民謡が伝承しており、「泣けば山がらモッコくるね、泣がねでねんねしな」と、昔の蒙古襲来の怖さを子守唄にしている。
  • 壱岐では「むくりこくり人形」が製作されていた。

外部リンク[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]