みんなの科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

みんなの科学』( -かがく)とは、1957年11月4日から1961年4月3日までNHKテレビ(後のNHK総合テレビ)で、1963年4月7日から1980年3月28日までNHK教育テレビで放送された科学をテーマにしたテレビ番組である。主に中高生をターゲットにした。

概要[編集]

曜日によって物理学生物学あるいは技術史・科学トピックスなどのテーマに分かれていた。人類学の放送テーマの日には、自然人類学のみならず文化人類学的なテーマを扱う事もあった。

他の曜日はその曜日のテーマの最先端の分野に取り組んでいる現役の研究者をスタジオに招き、アナウンサーとの対談にVTRによる録画映像を交えながら、研究の内容を紹介した。

『みんなの科学』放送当時のNHKの科学番組のラインナップは、成人向けの『科学時代』→『あすをひらく』→『あすへの記録』→『科学ドキュメント』、小学生向けの『四つの目』→『レンズはさぐる』が、「みんなの科学」と補完しあう形であった。しかし、「みんなの科学」放送終了に先立つ1978年、『レンズはさぐる』の後継番組としてスタートした『ウルトラアイ』は、生活科学番組としての色彩を濃くして中学生、高校生、さらには主婦層を中心とした成人も視聴者層に取り込んでいき、その後のNHKの科学番組の主流の系譜を形作っていった。

『みんなの科学』が放送終了した1980年代以降、2010年代現在までの青少年向け科学番組は、コンピュータグラフィックスなど進んだ映像技術と豪華な演出によって青少年の関心を科学へ向けようとするものが主流になっている。しかし、先端の研究者の肉声を対談方式でお茶の間に届けたり、中学生、高校生でも家庭や学校の部活動で手が届きそうな高度な実験の手順を詳細に紹介するといった、『みんなの科学』の硬派の直球勝負の制作姿勢は、科学少年に対して手の届くところに科学があるという実感を、生々しく与えるものであった。

基礎情報[編集]

第1期・NHKテレビ→NHK総合テレビ時代
  • 放送期間
    • 1957年11月4日 - 1961年4月3日
  • 放送時間
    • 月曜 18:40 - 19:00 (1957年11月 - 1959年3月)
    • 月曜 18:35 - 18:55 (1959年4月 - 1960年3月)
    • 木曜 18:30 - 18:50 (1960年4月 - 1961年4月)
第2期・NHK教育テレビ・週1回時代
  • 放送期間
    • 1963年4月7日 - 1965年4月3日
  • 放送時間
    • 日曜 18:30 - 19:00 (1963年4月 - 1964年3月)
    • 土曜 19:30 - 20:00 (1964年4月 - 1965年4月)
第3期・NHK教育テレビ・帯番組時代
  • 放送期間
    • 1965年4月5日 - 1980年3月28日
  • 放送時間
    • 月曜 - 金曜 17:30 - 18:00
    • 月曜 - 金曜 12:30 - 13:00 (再放送)

主題曲[編集]

前史[編集]

開始年月 番組名
1954年10月 家庭のアルバム
1955年04月 科学のアンテナ
1956年04月 科学の窓
1956年11月 茶の間の科学
1957年04月 自然の驚異 科学実験室 -
1957年11月 みんなの科学 総合
1959年01月 動物ものがたり 教育 くらしの科学 教育
1959年07月 テレビ昆虫記 教育
1960年01月 テレビ科学館 教育
1960年04月 -
1961年04月 テレビ実験室 教育
1962年04月 くらしの科学 教育
1963年04月 みんなの科学 教育
1965年04月 みんなの科学 教育

参考文献[編集]

関連番組[編集]

NHK総合テレビ 科学番組
前番組 番組名 次番組
自然の驚異
科学実験室
みんなの科学
(1957年11月 - 1961年4月)
NHK教育テレビ 科学番組
みんなの科学
(1963年4月 - 1980年3月)