みのおキューズモール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キューズモール > みのおキューズモール
みのおキューズモール
Minoh Q's MALL (3).JPG
地図
店舗概要
所在地 562-0034
大阪府箕面市西宿1−17-22[1]
開業日 2003年10月[1]
施設所有者 東急不動産[1]
施設管理者 東急不動産[1]
敷地面積 37,000 m²
延床面積 107,000 m² (容積率289%)
商業施設面積 43,135 m²
中核店舗 イオン箕面店
店舗数 104[1]
駐車台数 1800[1]
前身 箕面マーケットパーク visola
最寄駅 Kitakyu-logo.svg 千里中央駅
最寄IC 中国自動車道名神高速道路 吹田IC
外部リンク 公式ウェブサイト
東急グループ東急
イオン箕面店(CENTER AREA)
ライトアップ

みのおキューズモールは、大阪府箕面市にある複合型ショッピングセンターである。

概要[編集]

同施設は、千里丘陵に広がる箕面市の新都心「かやの中央」地域の商業の中心として、109シネマズ(映画館)をはじめ、食堂、フィットネスジム、各種店舗などを併設したEAST・WESTの2つのショッピングエリア(専門店)と、イオン箕面店(2010年3月9日までの名称はカルフール箕面、エリアとしてはセントラルに位置付けられている)との3ゾーンでの構成となっている。

これらの施設は2階にあるペデストリアンデッキ(専用通路)で結ばれている。なお、本ペデストリアンデッキは市道として建設されており、国道423号新御堂筋)を跨いでいるため、大阪方面から見ると、道路上に建物があるような印象を受ける。また単なる商業施設としての機能だけでなく、丘陵地にふさわしい自然の雰囲気を大切にした演出効果も用意されている。なお、設計施工は鹿島建設である[2][3]

2013年10月9日をもって、施設名を「箕面マーケットパーク ヴィソラ」から「みのおキューズモール」に変更。「COCOE(現・あまがさきキューズモール)」、「あべのキューズモール」と共に「キューズモール」ブランドに統一された[4]

名称の由来[編集]

旧名称のヴィソラ(Visola)の語源は、以下の各国語の合成語である。

  • フランス語の「Vie」(活気のある元気な街)
  • 英語の「Vivid」(いきいきと輝く暮らし)
  • 同じく「View」(心身ともに気持ちのよい環境作りの提供)
  • 日本語の「空」(Sola 上空を見上げるすばらしい空)
  • 英語の「Solar」(温かい自然のままの太陽の光)

主な専門店[編集]

交通機関[編集]

送迎シャトルバス
  • 国道423号(新御堂筋)と国道171号とが交差する萱野交差点の北側に位置する。自動車での来客用に専用の駐車場がイースト、セントラル、ウェストの3か所に設置されており2時間無料。同交差点あるいは国道171号の西宿2丁目交差点から入出できる。なお、買い物など、同施設利用の場合に特典として駐車場料金をさらに1時間無料とする場合がある。セントラルの南に隣接する市立かやの中央駐車場も利用できるが、土日祝日に限り2時間無料。
  • 北大阪急行千里中央駅より、かやの中央バス停との直通有料シャトルバス(往復210円。往路下車の際に復路専用の乗車引換券を配布。但し帰路のみの利用の場合は別途210円の運賃が必要)が運行されており、鉄道利用者へのアクセスも確保されている。阪急電鉄北千里駅発着のシャトルバスは、2008年9月30日をもって運行を終了した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度49分57.5秒 東経135度29分24.7秒