みなべインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みなべインターチェンジ
所属路線 E42 阪和自動車道
IC番号 33
料金所番号 06-102
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0424.svgみなべ
起点からの距離 123.1 km(松原JCT起点)
印南SA (9.2 km)
(5.8 km) 南紀田辺IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0424.svg国道424号
供用開始日 2003年12月14日
通行台数 x台/日
所在地 645-0024
和歌山県日高郡みなべ町徳蔵
テンプレートを表示

みなべインターチェンジ(みなべインターチェンジ)は、和歌山県日高郡みなべ町(旧南部川村)にある、阪和自動車道インターチェンジである。

また、2007年6月4日 - 6月8日間の4夜間・20時 - 6時間の夜間通行止め工事によって、上り(大阪方面)への入口の進入路が変わった。これは、みなべIC-南紀田辺IC間の開通準備によるものである。なおインターチェンジの形は、南紀田辺ICまで延伸後にU型からトランペット型に変わった。

道路[編集]

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

入口[編集]

  • レーン数:2
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1

出口[編集]

  • レーン数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:2(中央の1レーンは常時閉鎖されている。)

当料金所は無人型自動精算機やETCレーンのトラブル対応のため事務室にて遠隔モニター監視されている。

南紀田辺ICが開通するまでの間、混雑時は暫定的に係員対応レーン(現在常時閉鎖されている中央のレーン)のみ縦列料金収受が行われていた。

[編集]

E42 阪和自動車道
(32)印南IC - 印南SA - (33)みなべIC - (34)南紀田辺IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]