まんとくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

まんとくんは、奈良の地域キャラクターの一つ。2010年奈良県で開かれる平城遷都1300年祭に向けて、地域で愛されるキャラクターを民間の力で創造しよう、という趣旨から、2008年に誕生した。

概要[編集]

平城遷都1300年祭の公式マスコットとして発表されたキャラクター「せんとくん」の選定方法などに疑問を持った地元のデザイナーなどによる民間団体「クリエイターズ会議・大和」が募集・選定・プロデュースを行う。

2008年4月15日から「新しく、楽しく、愛する奈良と平城京1300年」というコンセプトで公募を開始。619点の応募があった。選考では、5万票以上の一般投票から5440票の得票で1位選出。6月2日に発表され、この日を誕生日とする。

奈良の象徴である鹿をモチーフとし、平城京のシンボル朱雀門を模した帽子をかぶり、マントを着けている。作者はクロガネジンザ。名称は、最終選考から発表までの間に募集団体と作者とで協議を行い「まんとくん」と命名した。また、2008年10月27日には「クリエイターズ会議・大和」が「まんとくんネット」へ改称した。

キャラクターの著作権はまんとくんネットが保有。商品化には1アイテム2万円の登録料が必要だが、奈良県内の企業・商店がPRに使う場合や、個人での使用は自由で無料という、柔軟なライセンスとなっている。

資金不足で着ぐるみの作成は「せんとくん」と「なーむくん」より遅れていたが、2008年12月に完成し、同月7日より使用を開始した。

2009年1月、関西元気文化圏賞(関西元気文化圏推進協議会主催)の「ニューパワー賞」を受賞。

2009年2月、着ぐるみを活用し自発的に運営していくためのボランティア組織「まんとくん倶楽部」が立ち上がり、「まんとくんの中身」を募集。

メディア展開[編集]

2009年3月、CD『あおによし まんとくん』(ならまち通信社)発売。「まんとくんのうた♪」「まんとくん音頭♪」などを収録。同CDに収録の1300年祭イメージソング「あおによし」とともに、奈良市中心市街地の商店街などで放送されている。いずれの曲も寮美千子が作詞、清田愛未が作曲・編曲・歌。

2009年9月28日より、ロッテチューインガムFit'sのテレビCMに登場、佐藤健佐々木希と共演した。

2010年4月、童話『ならまち大冒険 まんとくんと小さな陰陽師』(毎日新聞社)が単行本発売。2009年11月の毎日新聞大阪本社版連載作品「ならまち大冒険」に大幅加筆したもの。2010年7月には続編「ならまち大冒険 青の巻」が、2012年3月には「ならまち大冒険 赤の巻」が同じく毎日新聞に連載された。いずれも寮美千子が作、クロガネジンザが絵。

2011年4月、日本エイサーのパソコンのCM「中の人、変わった?」に起用された。

2013年5月、スズキの軽自動車のCM「アルト エコ ご当地キャラ篇」に起用された。

外部リンク[編集]