まめバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝日自動車車両
朝日自動車車両(後部)
茨城急行自動車車両
かつてのまめバスの車両

まめバスは、千葉県野田市茨城急行自動車および朝日自動車に委託して運行しているコミュニティバスである。正式名称は野田市コミュニティバスであるが、旅客向け案内では「まめバス」が多用されている。

概要[編集]

一般公募からまめバスという愛称が名付けられた。小回りのきく小さいバスであることや、市民にこまめに乗ってもらいたいこと、枝豆の出荷量が全国一になることなどが理由となっている。

関宿町との合併する際の新市の建設計画の中で、「都市基盤の整備」という項目においてコミュニティバスの運行が盛り込まれた。その後、合併協議会やそれに伴う住民説明会などにおいて市民の意見などを取り入れながら運行計画案をまとめ、実際の運行となった。

インターネットラジオ配信サイトの音泉で配信されているほめられてのびるらじおPPの2010年8月26日配信分の第179回にて「そうだ、ニッポンを知ろう!」のコーナーで取り上げられた。

略歴[編集]

  • 2004年1月9日 - まめバスの運転を開始する。
  • 2004年5月26日 - 一部ルートを変更する。
  • 2005年4月1日 - 新ルート開設を行う。
  • 2007年10月1日 - 新ルート(新南・新北ルート)開設。
  • 2011年4月1日 - 各ルートのルート・ダイヤ改正。
  • 2019年4月1日 - 各ルートのルート・ダイヤ改正。ルートの分割により、運営会社を朝日自動車と茨急バスに分ける。

運賃[編集]

  • 中高生大人:100円。
  • 小学生:50円。
  • 乳幼児は無料。
  • 障害者手帳の提示により50円(介護人も50円)。
  • PASMOSuicaは利用できない。
  • 1日乗車券大人200円、小学生100円。バス車内のみで販売する。日付は乗務員が手書きする。
    • 1日乗車券販売開始に伴い、従来の乗り継ぎ券は2011年3月31日で廃止された。

現行路線[編集]

年末年始12月29日 - 1月3日)は全便運休する。

2019年4月1日よりルート・ダイヤの大幅な変更を行った。同時に、各ルートに番号が付けられた。また一部の土・休日運休をやめ、全ルートが毎日運行する(年末年始を除く)。

運行は関宿城ルート・北ルート関宿(七光台経由)・北ルート関宿(イオンタウン経由)が朝日自動車境営業所[1]、それ以外のルートが茨城急行自動車野田営業所である。

1 関宿城ルート[編集]

関宿中央ターミナル行き始発便・関宿城博物館行き最終便はやすらぎの郷を経由しない。

2 北ルート関宿(七光台経由)[編集]

野田病院は平日の一部の便のみ経由する。

  • 関宿中央ターミナル - いちいのホール - 羽貫 - 木間ケ瀬小前 - (野田病院) - 七光台 - 北コミセン入口 - 川間駅南口

3 北ルート関宿(イオンタウン経由)[編集]

野田病院は平日の一部の便のみ経由する。

  • 関宿中央ターミナル - いちいのホール - 羽貫 - 木間ケ瀬小前 - (野田病院) - イオンタウン - 北コミセン入口 - 川間駅南口

4 新北ルート[編集]

キッコーマン病院は平日の一部の便のみ経由する。

5 北ルート清水[編集]

キッコーマン病院は平日の一部の便のみ経由する。

  • イオンタウン - 北コミセン入口 - 川間駅南口 - 総合公園 - 清水公園駅 - 中野台 - 欅のホール - 上町 - 愛宕駅 - (キッコーマン病院) - 市役所
  • イオンタウン → 北コミセン入口 → 川間駅南口(平日の最終便のみ)

6 北ルート堤台[編集]

キッコーマン病院は平日の一部の便のみ経由する。

  • 川間駅南口 - 七光台駅 - 桜の里2丁目 - 堤台向山 - 中野台 - 欅のホール - 上町 - 愛宕駅 - (キッコーマン病院) - 市役所

7 中ルート[編集]

キッコーマン病院は平日の一部の便のみ経由する。

  • 堆肥センター入口 - イオンタウン - 北コミセン入口 - 川間駅南口 - 堤台向山 - 中野台 - 欅のホール - 上町 - 愛宕駅 - (キッコーマン病院) - 市役所 - 前耕地 - ゆめあぐり野田 - 堆肥センター入口

8 南ルート中根[編集]

  • 市役所 → ノア前 → 桜台南 → 花井 → 梅郷駅 → みずき通り → みずき4丁目公園 → 緑ヶ丘公園 → 西亀山 → 緑ヶ丘公園 → みずき4丁目公園 → みずき通り → 梅郷駅 → 花井 → 桜台南 → ノア前 → 市役所

9 南ルート愛宕駅[編集]

キッコーマン病院は平日の一部の便のみ経由する。

  • 市役所 → (キッコーマン病院) → 愛宕駅 → 上町 → 仲町 → 桜台南 → 大和田 → 梅郷駅 → みずき4丁目公園 → みずき通り → ハローワーク野田 → 梅郷駅 → 大和田 → 桜台南 → 仲町 → 上町 → 愛宕駅 → (キッコーマン病院) → 市役所

10 南ルート大殿井[編集]

  • 市役所 → 野田市駅 → さわやかワークのだ → 大殿井 → 下鹿野 → 電建第一住宅 → みどり橋 → 大殿井 → さわやかワークのだ → 野田市駅 → 市役所
  • 野田市駅 → 市役所(平日の始発便のみ)
  • 市役所 → 野田市駅 → さわやかワークのだ → 大殿井 → 下鹿野 → 電建第一住宅 → みどり橋 → 大殿井 → さわやかワークのだ → 野田市駅(最終便のみ)

11 南ルート(循環)[編集]

キッコーマン病院は平日の一部の便のみ経由する。

  • 老人福祉センター - 野田梅郷住宅 - 二ツ塚 - 野田梅郷住宅入口 - 電建第一住宅 - みどり橋 - 大殿井 - さわやかワークのだ - ノア前 - 市役所 - (キッコーマン病院) - 愛宕駅 - 中野台 - 欅のホール - 仲町 - 桜台南 - 大和田 - 梅郷駅 - ハローワーク野田 - みずき通り - みずき4丁目公園 - 緑ヶ丘公園 - 老人福祉センター
  • 老人福祉センター → 緑ヶ丘公園 → みずき4丁目公園 → みずき通り → ハローワーク野田 →梅郷駅(平日の最終便のみ)

12 新南ルート[編集]

キッコーマン病院は平日の一部の便のみ経由する。

  • 老人福祉センター - 梅郷駅 - 今上上中 - 欅のホール - 中野台 - 愛宕駅 - (キッコーマン病院) - 市役所 - 野田市駅 - さわやかワークのだ - 大殿井 - 下鹿野 - 保木間 - 大利根温泉
  • 野田市駅 → さわやかワークのだ → 大殿井 → 下鹿野 → 大利根温泉(始発便のみ)
  • 大利根温泉 → 保木間 → 下鹿野 → 大殿井 → さわやかワークのだ → 野田市駅(平日の最終便のみ)

2019年3月31日までの路線[編集]

年末年始12月29日 - 1月3日)は全便運休する。

関宿城ルート(土・休日運休)[編集]

北ルート[編集]

関宿中央ターミナルと市役所を結ぶ路線である。清水公園駅を経由する清水経由と、堤台向山・イオンタウンを経由する堤台経由が運転されていた。

新北ルート(土・休日運休)[編集]

いちいのホールと市役所を結ぶ路線である。

  • いちいのホール - 下総利根大橋入口 - 木間ケ瀬小前 - 関宿総合公園 - 須賀神社入口 - 川間駅南口 - 七光台駅 - 桜の里2丁目 - 堤台向山 - 中野台 - 欅のホール - 上町 - 愛宕駅 - (キッコーマン病院) - 市役所

中ルート(土・休日運休)[編集]

小山を起終点とする小山経由と、堆肥センター入口・USS流通会場前を起終点とする木野崎経由が運転されていた。

  • 小山 - イオンタウン - 清水公園駅東口 - 愛宕駅 - 中野台 - 欅のホール - 上町 - 愛宕駅 - (キッコーマン病院) - 市役所 - 前耕地 - 小山
  • 堆肥センター入口・USS流通会場前 - イオンタウン - 清水公園駅東口 - 愛宕駅 - 中野台 - 欅のホール - 上町 - 愛宕駅 - (キッコーマン病院) - 市役所 - 斎場前 - 堆肥センター入口・USS流通会場前

南ルート[編集]

老人福祉センターを起終点とする循環ルートである。

  • 老人福祉センター - 野田梅郷住宅 - 二ツ塚 - 野田梅郷住宅入口 - 電建第一住宅 - みどり橋 - 大殿井 - さわやかワークのだ - ノア前 - 市役所 - (キッコーマン病院) - 愛宕駅 - 中野台 - 欅のホール - 仲町 - 桜台南 - 大和田 - 梅郷駅 - ハローワーク野田 - みずき通り - みずき4丁目公園 - 緑ヶ丘公園 - 老人福祉センター

新南ルート[編集]

みずき4丁目公園と大利根温泉を結ぶ路線である。今上上中(いまがみ かみなか)を経由する今上経由と、花井を経由する花井経由が運転されていた。

  • みずき4丁目公園 - 梅郷駅 - 今上上中 - 欅のホール - 中野台 - 愛宕駅 - 市役所 - 野田市駅 - 大殿井 - 下鹿野 - 保木間 - 大利根温泉
  • みずき4丁目公園 - 梅郷駅 - 花井 - 仲町 - 上町 - 愛宕駅 - 市役所 - 野田市駅 - 大殿井 - 下鹿野 - 保木間 - 大利根温泉

車両[編集]

代走[編集]

まめバス専用車両が車検などで使用できない際、運行会社のバスによって代走が行われる。

  • リエッセ(日野自動車)
    朝日自動車による代走。
  • ポンチョ(ロング)(日野自動車)
    茨急バスによる代走。
    • ICカード対応車によって運行されるがまめバスでは使用できない。
代走の様子(2020年8月)

利用状況[編集]

利用者数は増加傾向にある。2007年9月に利用者が100万人になった。

  • 2004年1月 - 2005年3月期:25万9,000人
  • 2005年度:29万4,000人
  • 2006年度:30万7,000人
  • 2007年度:34万8,000人

2012年6月3日に利用者数260万人突破。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ コミュニティバス - 朝日自動車

関連項目[編集]

外部リンク[編集]