ままどおる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ままどおる

ままどおるは、バターを多く加えたミルク味のを生地で包み焼き上げた和菓子福島県郡山市の菓子メーカー・三万石が製造している。

概要[編集]

「ままどおる」とはスペイン語で"お乳を飲む人々"の意味。1967年に発売されて以来のロングセラー商品で[1]、黄色味を帯びたパッケージを特徴とする。

姉妹品にチョコレート味の「チョコままどおる」があり、期間限定(10月~5月)で販売されている[1]

購入できる場所が基本的に福島県内、あるいは同県近辺の高速道路内および鉄道駅売店、仙台駅「S-PAL仙台」などに限られているため、福島県民が県外に出向く際の土産品として人気が高い。このほか県外では、東京都内の福島県のアンテナショップ百貨店の名店街にも三万石が出店しているため購入が可能である[2]

補足[編集]

2018年12月1日から、27年ぶりに原材料の小麦などの調達価格が上昇していることを理由に、「ままどおる」と「チョコままどおる」が1つ80円だったのが、20円値上げされ100円となり、「エキソンパイ」も1つ120円から150円に改定された[3][4]

CMソング井上あずみが歌う[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “回想の戦後70年 食編- (4)郡山の菓子”. 福島民友新聞. (2015年9月17日). http://www.minyu-net.com/serial/sengo70/FM20150917-014615.php 2018年11月23日閲覧。 
  2. ^ 東京都内取扱店舗一覧(三万石公式サイトより)
  3. ^ “ままどおる 27年ぶり値上げへ”. NHK NEWS WEB 福島 NEWS WEB. (2018年11月22日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20181122/6050003498.html 2018年11月23日閲覧。 
  4. ^ “菓子「ままどおる」値上げ 三万石、ほぼ30年ぶり 原材料など価格上昇”. 日本経済新聞. (2018年11月22日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38037880R21C18A1L01000/ 2018年11月23日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]