まつや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社まつや
Matsuya Co., Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
929-1171
石川県かほく市木津ハ14番地2
設立 1989年(平成元年)
業種 製造業・飲食業
法人番号 4220001017819 ウィキデータを編集
事業内容 飲食店経営、味噌の製造加工および販売
代表者 代表取締役会長 松本啓治
代表取締役社長 松本啓志
資本金 1,200万円
支店舗数 飲食店:1店舗、工場:1工場
関係する人物 松屋和平
外部リンク https://www.toriyasaimiso.jp/company/
特記事項:会社自体は有限会社として1974年(昭和49年)に設立。
テンプレートを表示

株式会社まつや英称Matsuya Co., Ltd)は、石川県かほく市に本社を置き、飲食店経営、味噌製造加工および販売をおこなう株式会社である。

概要[編集]

元々は1964年(昭和39年)に飲食店を経営していたが、1967年(昭和42年)にとり野菜みその製造販売を開始し、チェーン店を展開。1974年(昭和49年)に有限会社化し、「有限会社まつや」となる。1989年(平成元年)に株式会社に改組し、現在に至っている。

まつやのルーツ江戸時代にまで遡り、初代当主の松屋和平は北前船廻船問屋を営んでいたと言われている[1]

コンビニエンスストアとのコラボ商品を北陸地方限定・期間限定で販売しており、旧サークルK(発売当時はサンクスとは合併していない)から北陸地方限定で「とり野菜みそ うどん鍋」、ファミリーマートから、北陸地区限定商品として「とり野菜みそ鍋(惣菜)」などを発売している[2]

なお、牛丼チェーンの松屋とは無関係である。

とり野菜みそ[編集]

とり野菜みそとは、まつやが販売している味噌の一種。先述の松屋和平が、「身体を壊す船乗りが多く厳しい航海を無事に乗り切るためには、船上で栄養価の高い食事を摂らせることが必要不可欠」と願い、考案されて作られたと言われている。また、商品名の「とり野菜みそ」の「とり」は鶏肉からではなく、「野菜栄養摂る」という意味からきている[1]

沿革[編集]

  • 1964年(昭和39年) - 飲食店経営を始める。
  • 1967年(昭和42年) - 「とり野菜みそ」の製造販売を始めチェーン店の展開を行う。
  • 1973年(昭和48年) - 「とり野菜みそ」をスーパーなどに販売。
  • 1974年(昭和49年) - 有限会社化、有限会社まつやとなる。
  • 1989年(平成元年) - 株式会社化、株式会社まつやに改組。
  • 2000年(平成12年) - コンビニエンスストアのサークルKから「とり野菜みそ うどん鍋」を発売。
  • 2005年(平成17年) - 松本啓志を社長、松本啓治を会長とする。
  • 2008年(平成20年)7月 - フルオート生産システムを導入した新工場竣工。
  • 2017年(平成29年)5月 - レストランまつや一時休業[3]

その他[編集]

  • 同じく石川県内に本社があるハチバンとコラボレーションし、ハチバンから「とり野菜みそラーメン」が販売されている。
  • 他社とコラボレーションし、味噌まんじゅうや味噌だれなども販売されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]