ましこ・ひでのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ましこ・ひでのり(益子英雅、1960年10月 - )は、日本の社会学者茨城県出身。中京大学国際教養学部教授。また、日本解放社会学会理事、法政大学沖縄文化研究所国内研究員。沖縄大学民俗研究所特別研究員も務めている。

人物・経歴[編集]

茨城県笠間市出身。1979年水戸第一高等学校卒業、1987年3月一橋大学法学部卒業。一橋大学で田中克彦に出会う。エスペラント普及運動に関わる。1989年3月東京大学大学院教育学研究科修士課程修了(教育社会学)、1992年東京大学大学院教育学研究科博士課程修了(教育社会学)、1997年3月博士(教育学)。博士論文は「国語/日本史の論理構造と、その潜在的諸機能 -イデオロギ-装置としての国語科/社会科と、その知識社会学的背景」。

埼玉大学非常勤講師、放送大学非常勤講師を経て、2000年4月から中京大学教養部教授(名古屋校舎)、2008年から中京大学国際教養学部国際教養学科教授(名古屋校舎)。

社会言語学知識社会学の立場から、国語(特に国語国字問題)・日本史(特に沖縄の歴史)のあり方について批判を行っている。

著書[編集]

単著

単著は全て三元社

  • 『イデオロギーとしての「日本」』(1997年)
  • 『たたかいの社会学』(2000年)
  • 『日本人という自画像』(2002年)
  • 『ことばの政治社会学』(2002年)
  • 『増補新版 イデオロギーとしての「日本」』(2003年)
  • 『あたらしい自画像』(2005年)
  • 『ことば/権力/差別』(編著 2006年)
  • 『増補新版 たたかいの社会学』(2007年)
  • 『幻想としての人種/民族/国民』(2008年)
  • 『知の政治経済学』(2010年)
  • 『社会学のまなざし』(2012年)
  • 『ことば/権力/差別』新装版 (編著 2012年)
  • 『愛と執着の社会学』(2013年)
  • 『加速化依存症』(2014年)
  • 『ことばの政治社会学』新装版 (2014年)
共著
  • 『朝倉漢字講座5 漢字の未来』(岩波書店、2004年)
  • 『事典 日本の多言語社会』(真田信治・庄司博史編。項目分担。岩波書店、2005年)
  • 『地域をつくる(中京大学文化科学叢書 ; 第9輯)』(勁草書房、共著、2008年)
  • 『言語政策を問う!』(田尻英三・大津由紀雄編。ひつじ書房、2010年)
  • 『公開講座 多文化共生論』(米勢・ハヤシザキ・松岡編。ひつじ書房、2011年)

外部リンク[編集]