ぼくはプラレール運転士 新幹線&蒸気機関車編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぼくはプラレール運転士 新幹線&蒸気機関車編
ジャンル アクション
対応機種 Wii (Wiiウェア)
発売元 タカラトミー
人数 1人
発売日 日本の旗 2010年1月5日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス Wiiリモコン
その他 ゲーム本体: 230ブロック
テンプレートを表示

ぼくはプラレール運転士 新幹線&蒸気機関車編とは、タカラトミーより発売されたWii専用ゲームソフトである。

概要[編集]

夢がいっぱい!プラレールで行こう!以来8年ぶりのゲームで最初で最後の任天堂ハード向けプラレールのゲーム。

レールを繋ぎ続ける要素は無く、児童向け運転ごっこの玩具を意識した内容になっている。

操作するプラレールはN700系新幹線C12蒸気機関車[1]のみ。

ゲームモード[編集]

ひとりであそぶ [編集]

N700系新幹線は都会を舞台に、C12蒸気機関車は田舎を舞台に車掌の指示通り駅まで走行する。

N700系新幹線はアナウンスを流す。C12蒸気機関車は汽笛を鳴らす他、Wiiリモコンを縦に切り替えて石炭入れをする。

  • 路線は長さによって異なる。
    • みじかいろせん - 駅は3つまで
    • ながいろせん - 駅は5つまで
    • むげんろせん - 数に関係なく永遠に駅まで走り続ける。
    • フリーラン - 車掌の指示は無く自由に走り続ける。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベースは当時50周年記念仕様

外部リンク[編集]