ほんものは誰だ?!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほんものは誰だ!から転送)
Jump to navigation Jump to search
ほんものは誰だ!
日本テレビ麹町分室.JPG
番組の収録が行われていた日本テレビ旧社(現・日本テレビ放送網麹町分室
ジャンル クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
プロデューサー 北村光雄
人見英夫
出演者 土居まさる
遠藤周作
楠本憲吉
藤本義一
柴田錬三郎
ほか
木曜ゴールデンタイム時代
放送時間 木曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1973年2月1日 - 1973年9月
月曜ゴールデンタイム時代
放送時間 月曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1973年10月 - 1980年9月29日
正月特番(ほんものは誰だ! 新春特集)
放送時間 水曜 17:10 - 18:00(*1)
火曜 16:15 - 16:54(*2)(50分&39分)
放送期間 1974年1月2日(*1)
1978年1月2日(*2)(2回)
テンプレートを表示

ほんものは誰だ!』(ほんものはだれだ)は、1973年2月1日から1980年9月29日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のクイズ番組である。ロート製薬の一社提供。

概要[編集]

土居まさるが司会を務めていた番組で、毎回ある特技を持つ3人の一般参加者もしくは著名人をスタジオに招いて行われていた。オープニングでは毎回土居が「人は見かけによらぬもの。人間は見かけだけですとなかなか中身が判断しづらいものです。しかし、そこを3人の中から何とか探り当てて本物を選び出していただきましょう」と言っていた。

クイズの体裁としては、1960年代NHK総合テレビジョンで放送された『それは私です』のルールをほぼ完全に再現したものであり、解答者は3人に様々な質問をしていき、それを推理の参考にして「ほんもの」1人を選び出していた(よって、他の2人は「にせもの」ということになる)。解答者はあんどん式の解答表示機を使って解答していたが、企画によっては参加者が芸能人グループであったり、『太陽にほえろ!』などの他の番組出演者がまとめて4人以上登場する場合が稀にあり、この場合には表示機を使えないので手持ち式の数字板を使って解答していた。この進行スタイルは、後継番組である『推理クイズ・私がほんもの!』と『エッ!うそーホント?』(いずれも日本テレビで放送されていた土居の司会番組)に引き継がれた。

末期には、解答者を最も上手く欺いた「にせもの」の参加者1人に「にせもの賞」として藤本義一からトロフィーが贈られた。

開始間もない1974年1月2日と、4年後の1978年1月2日には、正月スペシャル『ほんものは誰だ! 新春特集』を放送した。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 木曜 19:30 - 20:00 (1973年2月1日 - 1973年9月)
  • 月曜 19:30 - 20:00 (1973年10月 - 1980年9月29日) - 木曜20:00枠の『木曜スペシャル』が放送枠を拡大するのに伴い、放送曜日を変更。

出演者[編集]

司会[編集]

解答者[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:章田宙谷
  • 音楽:宇野正寛
  • プロデューサー:北村光雄、人見英夫
  • 演出:広田光生、遠藤英幸

ネット局[編集]

系列は放送当時のもの。

脚注[編集]

  1. ^ a b c TBS系のブラザー工業一社提供枠『ブラザーファミリーアワー』同時ネットの関係で、30分先行ネットしていた。
日本テレビ系列 木曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
ほんものは誰だ!
(1973年2月1日 - 1973年9月)
木曜スペシャル
※19:30 - 20:55、30分拡大
日本テレビ系列 月曜19時台後半枠
全日本歌謡選手権
(日曜19時台前半枠へ移動)
【ここまで読売テレビ制作枠】
ほんものは誰だ!
(1973年10月 - 1980年9月29日)
【ここから日本テレビ制作枠】
日本テレビ系列 ロート製薬一社提供枠
底ぬけ脱線ゲーム
※木曜19:30枠
ほんものは誰だ!
※木曜19:30枠 → 月曜19:30枠
推理クイズ・私がほんもの!
※月曜19:30枠