ほしおさなえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほしお さなえ
ペンネーム ほしお さなえ
萩山 綾音(はぎやま あやね)
大下 さなえ(おおした さなえ)
誕生 中島 さなえ(なかじま さなえ)
(1964-05-21) 1964年5月21日(52歳)
日本の旗 日本東京都
職業 作家小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士東京学芸大学
最終学歴 東京学芸大学卒業
活動期間 1995年 -
ジャンル
小説
児童文学
主な受賞歴 群像新人文学賞
小説部門優秀賞(1995年)
配偶者 東浩紀
親族 小鷹信光
公式サイト ホシ印*ほしおさなえのHP
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ほしお さなえ1964年5月21日 - )は、日本の作家詩人。旧筆名萩山 綾音(はぎやま あやね)、大下 さなえ(おおした さなえ)。本名東 さなえ(あずま さなえ)。旧姓中島(なかじま)。フェリス女学院大学文学部非常勤講師

来歴[編集]

1964年、東京都にて生まれた。東京学芸大学卒業。理工系出版社勤務、大学研究補佐員をへて、著述家に[1]

「萩山綾音」名義で発表した『影をめくるとき』が1995年の第38回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。同年、『月刊カドカワ』にて、詩人としてデビューを果たした。それ以降は、「大下さなえ」名義で作品を発表した[2]2002年、『ヘビイチゴ・サナトリウム』にて、第12回鮎川哲也賞の最終候補となった。同作の刊行をきっかけに2003年に筆名を再び変更し、それ以来「ほしおさなえ」名義にて活動している[3]

作品[編集]

『月刊カドカワ』でのデビュー以降、『ユリイカ』や『現代詩手帖』などでもを発表した[2]。また、『ヘビイチゴ・サナトリウム』や『天の前庭』など、ミステリー小説も執筆している。

家族[編集]

ハードボイルド翻訳家評論家小鷹信光であり、『探偵物語』の原案を担当したことでも知られている。夫は、作家思想家東浩紀であり、出版社ゲンロンの代表取締役社長兼編集長である。


著書[編集]

単著[編集]

  • 『翻訳家になるには』(中島さなえ名義、小鷹信光監修)、ぺりかん社、1996年
  • 『夢網』(大下さなえ名義)、思潮社、2000年。
  • 『くらげそっくり』(大下さなえ名義)、青林工藝舎、2003年。
  • 『ヘビイチゴ・サナトリウム』(ほしおさなえ名義、以下同)、東京創元社ミステリ・フロンティア、2003年、のち創元推理文庫。※鮎川哲也賞最終候補作。
  • 『天の前庭』、東京創元社ミステリ・フロンティア 2005年。
  • 『モドキ』、角川書店、2006年。
  • 『恩寵』、角川書店、2008年。
  • 『空き家課まぼろし譚』、講談社ノベルス、2011年。
  • 『オレンジの陽の向こうに』、東京創元社、2011年。
  • 『夏草のフーガ』、幻冬舎、2011年。
  • 『お父さんのバイオリン』、徳間書店、2011年。
  • 『ふしぎな声のする町で―ものだま探偵団』、徳間書店、2013年。
  • 『みずうみの歌』、講談社、2013年。
  • 『駅のふしぎな伝言板―ものだま探偵団2』、徳間書店、2014年。

その他[編集]

  • 解説「西岡兄妹が見ているもの」、『新装版地獄―西岡兄妹自選作品集』、西岡兄妹著、青林工藝舎、2012年、所収。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『翻訳家になるには』(ぺりかん社)著者紹介
  2. ^ a b 「ほしおさなえの経歴と著作」『経歴と著作』。
  3. ^ 「★ホシ印★」『ホシ印*ほしおさなえのHP』。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]