ぶるうたす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ぶるうたす1954年1月1日 - )とは、日本のお笑いタレント俳優放送作家東京都板橋区出身。本名は佐藤 勉(さとう つとむ)。

来歴[編集]

  • 日本大学芸術学部演劇学科卒業。学生時代のあだ名は「へら」。ヘラクレスに由来する。
  • 「東映アクションクラブ」、「倉田保昭アクションクラブ」に所属し、アクションタレントを目指すも路線変更。1982年1月16日より『お笑いスター誕生!!』に出場。ボディビルで鍛えた自慢の肉体を披露し、ボディビルのポーズをとりながら漫談を行う「筋肉漫談」で8週勝ち抜き、金賞を獲得。その後はお笑いタレントとしての活動にとどまらず、俳優として特撮番組やVシネマなどにも多数出演する。
  • 30代のころのスリーサイズは、B120・W78・H95。上腕部の周囲が45センチ、太ももは62センチあったが、57歳の時点でのスリーサイズは、B110・W85・H95で、上腕部の周囲は40センチ、ももは55センチに。今も毎日100回の腹筋運動とゴムチューブを使った筋トレは欠かさない生活を送っている。
  • 右足のみ5センチほど、上げ底の靴を履いている。数年前から、「股関節痛」に悩まされ[1]、医者に診てもらうと、「股関節の骨の一部が欠損している」と診断される。スニーカーの靴底の厚さが左右微妙に違っているのは、それが原因である。
  • 離婚経験者であり、現在は埼玉県和光市の自宅に、父、母、8歳年下のトラックドライバーの実弟、オンラインゲーム関連の仕事をしている21歳の次男と5人暮らしである。
  • 母が要介護で寝たきり生活を送っており、ぶるうたすが食事を担当しているために、料理がうまくなった。
  • 「筋肉漫談」だけでなく、「ものまね芸」も行い、レパートリーは「森進一」「前川清」「小林旭」など、営業の舞台で培ったオーソドックスな人物が得意である。
  • 現在は東京演芸協会の理事職も務めている。

主な出演番組[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]