ふれあい若狭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふれあい若狭
ジャンル 紀行番組
放送時間 日曜 17:00 - 17:30(30分)
放送期間 1986年10月12日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 福井放送
出演者 川越智子
川島秀成(ナレーション)
音声 モノラル放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ふれあい若狭』(ふれあいわかさ)は、1986年10月12日から福井放送(FBCテレビ)で毎週日曜日の夕方に放送されているテレビ番組関西電力一社提供

概要[編集]

番組はその前身の『アタック!27号線』を15分から30分に放送枠を拡大した上でリニューアル、放送時間も土曜日9:30から現日時に移動させ、1986年10月12日に放送開始。2006年秋には20周年を迎え、福井放送でも有数の長寿番組である。放送時間は毎週日曜日の17:00から17:30まで(JST、一時期17:25までだったこともあった)。なお、『24時間テレビ』の放送日に当たる回は、概ね本来放送される日の前日(土曜日)の昼間時間帯に前倒しして放送される。

協力は嶺南6市町(敦賀市美浜町若狭町小浜市おおい町高浜町)。ちなみに敦賀市は旧越前国地域で北陸電力の事業区域ではあるが、現在の状況から若狭と一体とみなされている。

内容は、リポーターが若狭地方(敦賀市を含む)を訪ね歩く。毎回企画が用意されている。以前は冒頭に「ふれあいウォッチング」として短い話題を3本ほど放送してから特集に移っていたが、現在は番組全体が特集で構成されている。また最後に『エネルギーの豆知識』のコーナーが数分程度ある。

長くハイビジョン方式による撮影は行われていなかったが、2010年度からはハイビジョン方式による撮影が実施されている。

出演者[編集]

現在[編集]

過去[編集]

リポーター
  • 福島彩乃(現北陸放送アナウンサー)
  • 藤田幸恵(初回から半年間)
  • 吉内里美(同上)
  • 矢野穂積(1987年4月5日放送分から約1年間)
  • 四方明美(時期不明)
  • 張籠美衣(時期不明)
  • 榎ちひろ(時期不明)
  • 榊原由恵(時期不明)
  • 野村佳奈子(2008年4月 - 2010年3月)
  • 鶴渕さやか(2010年4月 - 2011年7月)
  • 中山裕子(2011年8月 - 2014年3月30日)
  • 池田めぐみ (2014年4月6日- 2016年3月)
ナレーション

「美浜原発3号機事故」の影響と番組終了の危機[編集]

2004年8月9日に起きた関西電力美浜発電所3号機における事故では、その後一時的に関電がスポンサーを降り、公共広告機構(現:ACジャパン)のCMに差し替えられた。これは番組中すべてのCM枠に対して適用され、他社のCMが放送されることは一切なかった(現在もその事故発生年月日に最も近い週の日曜日は関電のCMを自粛し、ACジャパンのCMに差し替えている)。

こちら海です』の様に番組打ち切りも危惧されたが、現在はスポンサーに復帰して関電のCMも放送されている。内容は事故の再発防止策や安全対策について広報する内容が主である。また、これまでも不祥事が原因でノンスポンサーになったことがある(例として、1991年2月9日の同発電所2号機における蒸気発生器細管破断事故による影響もその一つ)。

福井県での関西電力のCM放送[編集]

この番組では、美浜発電所事故の前から「オール電化」やケイ・オプティコムなどのCMを放送することはなく(事業区域が放送区域に対して狭いことも原因)、原子力発電所における安全対策や、俳優(星野仙一など)が出演した原子力発電の重要性を訴えるCMに差し替えられている。これは、福井県内で放送される関西電力が提供しているすべての番組に適用されている(現在は、福井テレビで放送されるテレビ大阪制作の『かがくdeムチャミタス!』など)。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に伴い、同年3月20日以降の放送では関西電力の番組提供を見合わせていた。CMは2011年中はすべてACジャパンに差し替えられていたが、2012年1月からは節電を呼び掛けるCMと東京電力福島第一原子力発電所事故に対する安全対策CMを放送していた。

関西電力の番組提供は2016年4月に再開したものの、現在も福島第一原子力発電所事故や津波に対する原子力発電所の安全対策を踏まえたCM放送となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]