ふゆづき (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふゆづき
Fuyuzuki(DD-118).jpg
基本情報
建造所 三井造船 玉野事業所
運用者  海上自衛隊
艦種 汎用護衛艦(DD)
級名 あきづき型
建造費 726億円
母港 舞鶴
所属 第3護衛隊群第7護衛隊
艦歴
計画 平成21年度計画
発注 2009年
起工 2011年6月14日
進水 2012年8月22日
就役 2014年3月13日
要目
排水量 基準 5,100トン[1][2]
満載 6,800トン
全長 151m[1][2]
最大幅 18.3m[1][2]
深さ 10.9m[1]
吃水 5.4m
機関 COGAG方式
主機 SM1Cガスタービンエンジン × 4基
出力 64,000PS[1]
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大30kt[1]
乗員 約200名[2]
兵装 Mk.45 62口径5インチ単装砲 × 1基
高性能20ミリ機関砲CIWS) × 2基
90式SSM 4連装発射筒 × 2基
Mk.41 Mod29 VLS (32セル)
HOS-303 3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 SH-60K 哨戒ヘリコプター ×1/2機
C4ISTAR MOFシステムSUPERBIRD B2)
海軍戦術情報システム
OYQ-11 ACDSリンク 11/14/16
FCS-3A FCS
レーダー FCS-3A 多機能レーダー × 1基
OPS-20C 対水上レーダー × 1基
ソナー OQQ-22 統合ソナー・システム
電子戦
対抗手段
NOLQ-3D 統合電子戦システム
Mk.137 6連装デコイ発射機 × 4基
その他 曳航具4型 対魚雷デコイ
投射型静止式ジャマー (FAJ) 4連装発射機 × 1基
自走式デコイ (MOD) 4連装発射機 × 1基
テンプレートを表示
進水式当日の「ふゆづき」

ふゆづきローマ字JS Fuyuzuki, DD-118)は、海上自衛隊護衛艦あきづき型護衛艦 (2代)の4番艦。艦名は「凛冽とした冬の夜を照らす月」に由来する。この名を受け継ぐ日本の艦艇は旧海軍の秋月型駆逐艦8番艦「冬月」に続き、日本の艦艇としては2代目。

艦歴[編集]

「ふゆづき」は、中期防衛力整備計画に基づき平成21年度計画5,000トン型護衛艦2247号艦として、三井造船玉野事業所で2011年6月14日に起工され、2012年8月22日、三井造船玉野事業所において挙行された命名・進水式において、戦艦大和の沖縄特攻作戦に参加し無事に帰投し終戦を迎えた駆逐艦「冬月」の艦名を継承して[1]海上幕僚長河野克俊により「ふゆづき」と命名され進水した[2][3][4]。「ふゆづき」の建造費は約726億円で、三井造船では「はるさめ」以来、17年ぶりとなる護衛艦の建造であったため、退職者や三菱重工作業員まで呼び、建造及び艤装を行った[2][5]

2014年3月13日に就役し、第3護衛隊群第7護衛隊に編入され、舞鶴に配備された。

なお、先代の駆逐艦冬月舞鶴海軍工廠で建造された艦であり、舞鶴入港時の式典で艦長が「ふゆづきが70年ぶりに舞鶴に戻って来た」と挨拶した[6]

2015年9月26日から11月10日までインド東方海域で実施された米印主催海上共同訓練(マラバール2015)に参加[7]

2016年8月26日から10月18日までの間、オーストラリア ダーウィン周辺海域で実施された豪州海軍主催多国間海上共同訓練(カカドゥ16)に参加[8]

2016年10月11日、第3護衛隊群第3護衛隊に編成替え。

2017年3月18日から5月1日までの間(これは防衛省から事前に公表された期間で、実際は4月28日に呉に帰投している)、平成28年度外洋練習航海(飛行)に参加[9]

定係港は舞鶴である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
  北御門裕 2012.8.22 - 2014.3.12 統合幕僚学校国際平和協力センター ふゆづき艦長
 艦長
1 北御門裕 2014.3.13 - 2015.12.21   ふゆづき艤装員長    
2 織戸邦明 2015.12.22 - 2017.5.9 佐世保海上訓練指導隊船務航海科長 護衛艦隊司令部幕僚
3 平野一照 2017.5.10 - 舞鶴地方総監部管理部人事課長

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]