ふたりはおしり愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふたりはおしり愛』(ふたりはおしりあい)は、高田りえによる日本漫画作品。

小学館発行の『Judy』にて、読み切りの掲載を経て、2008年1月号から連載されていた。『Judy』が同年8月発売の10月号をもって休刊となった後は『プチコミック増刊号』にて、2010年5月に『姉系プチコミック』が創刊されて以降は「おしり愛 -診察中-」とタイトルを改めて連載されている。単行本は無印が全3巻、「診察中」が2013年9月現在既刊5巻。

イケメン肛門外科医と、その腕に惚れ込み、住み込みで働く女性医師の物語。当初は主人と下僕のような関係だった2人は、次第に想いが通じ合っていく。

登場人物[編集]

久楽 武童(くらく ぶどう)
肛門外科医。大腸肛門病専門の久楽医院の院長。顔も医師としての腕も最高に良く、いつも患者をうっとりさせてしまう。年齢不詳。久楽医院へ来る前は大学病院の消化器外科医だった。
私生活では、途端に何にもできない(しない)ダメ男に変わってしまう。麻子を過去に3度見かけたことがあり、一応気になる存在ではあった。
雨城 麻子(うじょう あさこ)[1]
久楽医院勤務の医師。32歳。入院中の看護師に代わり、看護師の仕事もやっている。
名医と言われる武童の元で自分の腕を磨こうと、勤めていた大学病院を辞め、久楽医院に押しかけ、住み込みで働き始め、なぜか武童の私生活の面倒まで見る羽目に。大学病院に勤めていた当時から、“久楽教信者”と言われるほど武童の大ファンだった。父親は北海道の大学病院の消化器外科教授
感情が高まると変顔になってしまいよく武童を驚愕させるが、美尻には「まるで天女だぜ」、鳴門には「美人だなと思って。タイプです」と言わせており、普通にしていればきれいめの容姿と思われる。
美尻 萌(みしり はじめ)
湘南微生物研究所の男性社員。検体回収のために定期的に久楽医院を訪れる。麻子のことが好きで、いつかコキ使われる生活から救ってあげたいと思っている。
アキラ[2]
近所のバー「アキラ」のマスター。麻子が昔、主治医としてを治した。ワサビとアンズという名の犬を2匹飼っている。
小菊(こぎく)おばあちゃん
久楽医院の常連さん。
愛咲 匠(あいさき たくみ)
武童の親友で、愛咲総合病院の副院長。全身麻酔が必要な大きなオペは、久楽病院では場所もスタッフも足りないため、愛咲総合病院の場所とスタッフを借りて行っている。
緋口 綿子(ひぐち わたこ)
愛咲総合病院の麻酔科医。匠とは肉体関係にあるが恋人未満。
鳴門 元気(なると げんき)
ボクサー。人気選手。26歳。リングドクターをしに来た麻子を気に入り、ストレートに好意を示す。
久里 来留美(くり くるみ)
胆石で入院していた久楽医院の看護師。40歳。久楽医院が武童の伯父が院長だった時代から働いている。退院後病院に復帰したが、不倫関係にあった男性の子を妊娠していることが分かり、病院を去っていった。
神津 一吾(かみづ いちご)
H大学病院の外科部長。武童の元同僚。一族に権力者が多く、本人も医療=政治という考えの持ち主で、怒りを買えば小さな医院の1つや2つ簡単に潰してしまう。
患者の生命を軽視した態度に麻子が激怒、往復ビンタを食らわし、久楽医院の目の前に総合病院を建てる計画を立てる。それまで親にも叱られたことがなかったため、麻子のことが忘れられなくなり、計画を白紙に戻してほしければ婚姻届にサインしろと麻子に迫る。

書誌情報[編集]

単行本同時収録[編集]

ブルーベリー適齢期
『Judy』2007年3月号掲載、第3巻収録
32歳独身のイラストレーター・赤城花絵は、食べようとしたジャムのビンの蓋が開けられず、突然結婚願望を抱くようになる。仕事の打ち合わせで出会った企画担当の男性が、いとも簡単に蓋を開けてしまい、酔った勢いでSEXしてしまうが、次第に仕事に集中できなくなってしまい……。
キャット・キャッチ
第4巻収録

脚注[編集]

[ヘルプ]

以下の出典は、単行本1巻より。

  1. ^ 作者の友人である肛門科医の女性がモデル。
  2. ^ 作者の家の近所のジムの会長がモデル。作者が雨城麻子のモデルとなった女性医師と出会ったのもこのジム。