ふじの山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

『ふじの山』(ふじのやま)は童謡文部省唱歌。作詞は巌谷小波。作曲は不詳。『富士山』(ふじさん)というタイトルで呼ばれることもある[1]

歌詞[編集]

  1. あたまを雲の 上に出し
    四方の山を 見おろして
    かみなりさまを 下に聞く
    富士は日本一の山
  2. 青空高く そびえ立ち
    からだに雪の 着物着て
    霞のすそを 遠く曳く
    富士は日本一の山

概要[編集]

富士山を歌った曲としてよく知られている。

1911年(明治44年)に刊行された『尋常小学読本唱歌(二)』が初出。小学校学習指導要領音楽編にて、小学校3年生の歌唱共通教材に指定されている(タイトルは『ふじ山』)。2007年には「日本の歌百選」にも選ばれる。

2001年3月29日よりこの歌のアレンジバージョンを大月駅富士急行線ホームと河口湖駅発車メロディとして使用している。また富士急行各社内でも、営業時間外の留守番電話のオルゴールにこの曲が採用されている。

2011年7月1日からは富士急行線富士山駅でも列車到着時のメロディとして使用されている。

富士スバルライン料金所手前の道路では、舗装の溝によってこの曲が鳴る部分がある(メロディーロード)。

静岡県富士市御殿場市小山町と山梨県富士吉田市山中湖村では防災行政無線チャイムとして市町内に流している。また、富士市役所代表電話の保留チャイムにも採用されている。

また、2017年(平成29年)度までは静岡県横断歩道音響装置付信号機チャイムとしても用いられていた(スクランブル式の一部に採用、現在は全て鳥混合に切り替わった)。

2014年1月からは湖西市浜名湖競艇の投票券投票締め切り5分前のメロディとして使用されている。

第24回アジア野球選手権大会日本代表応援団が日本の攻撃の際、応援歌としてトランペット演奏している。

2017年現在、富士急ハイランドの保留音となっている。

[迎賓館 国賓 歓迎式典] 儀式が終わり、国賓が参列者と歓談する際のBGMとして、演奏されている。

編曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 例として坂田おさむ(監修)『保育園・幼稚園向け ピアノ簡易伴奏譜付き みんなでたのしむ保育のうた225曲! 坂田おさむおにいさんが選ぶ! 気持ちを伝えよう!編』リットーミュージック、2017年、358頁。ISBN 978-4-8456-3155-1

参考項目[編集]

外部リンク[編集]