ふきのとう (フォークグループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふきのとう
FUKINOTOU
出身地 日本の旗 日本 北海道
ジャンル フォークソング
ニューミュージック
活動期間 1972年 - 1992年
レーベル CBS・ソニー
1974年 - 1980年
CBS・ソニー / Silverland
1981年 - 1990年
Sony Records
1991年 - 1992年
旧メンバー 山木康世
細坪基佳

ふきのとう(FUKINOTOU)は、山木康世細坪基佳によるフォークデュオ

1970年代フォーク/ニューミュージックブームの牽引役となったグループのひとつ。ともに北海道出身。

メンバー[編集]

人名 生年月日 出身地
山木康世
(やまき やすよ)
1950年10月22日 北海道札幌市
細坪基佳
(ほそつぼ もとよし)
1952年10月26日 北海道雨竜郡沼田町

来歴[編集]

  • 1972年北海学園大学にて山木康世細坪基佳と他二名で、マッド・スライド・スリムを結成。その後、山木康世と細坪基佳の二人でふきのとうの前身である、メロディーを結成[注 1]ニッポン放送系列「バイタリス・フォークビレッジ」アマチュア・フォークコンテスト札幌地区予選に出場するが、一次予選落ちした[1]。その後、NHK札幌放送局のテレビ番組にふきのとうに改名して出演した。
  • 1973年コンテストに多数出場し、ヤマハ・ライトミュージック・コンテスト北海道大会にて「帰り道」で優秀グループ賞、ヤマハ・ポピュラーソング・コンテストにて「夕暮れの街」で北海道大会入賞を獲得した。また、日本テレビキンキン&ムッシュのザ・チャレンジ!!』で準優勝した経験がある[1][注 2]
  • 1974年、「白い冬」でデビュー[注 3]。以後「風来坊」「春雷」「やさしさとして想い出として」などがヒット。ふきのとうの楽曲は、記録よりも記憶に残るという意味のヒット曲が多いのが特徴である。
  • 1981年、ふきのとうのプライベートレーベル「Silverland」(シルバーランド)を設立。その第1弾として、同年の5月21日にシングル「メロディー」とアルバム『D.S. ダルセーニョ』を発売した。この頃から、二人は相次いでソロアルバムを発表。ともに2枚ずつ制作している。
  • 1984年日比谷野外音楽堂にて、「ふきのとうデビュー10周年記念コンサート」を行う。予約の定員を遥かに上回る4万通の応募があった[1]
  • 1986年、ふきのとう最初で最後の日本武道館コンサート「緑輝く日々」を行い、1万人を動員する[1]。この頃から、山木と細坪の間には亀裂が入り始める。背景には、楽曲・歌唱力双方で力をつけてきた細坪と、「あくまで自分の曲を細坪が歌うことがふきのとうのスタイルである」とこだわった山木との考えの違いが大きくなっていったということがあった[注 4]
  • 1992年5月8日北海道厚生年金会館で行われたコンサートツアー『ever last concert』を最後に、18年間続いたグループを解散。ステージに登場した二人はまず、互いにがっちり手を握り合い、曲を次々に披露。アンコールは2回を超えて、山木が「守衛のおじさんがいいって言ったから」と、コンサートは夜10時を過ぎても終わらなかった。
  • 解散後、ふきのとうにとってのメモリアルイヤーなども含め、2017年現在まで一度も再結成をしていない。これに対して細坪は「お互いにやり残したことがまだある。だから再結成はまだない。」と話しており[2]、山木も、「ないだろうなあ。もしやるとしたら、現役引退の最後の最後でしょう。」と語っている[2]

音楽性[編集]

  • 二人ともに作詞作曲をしリードボーカルもとるが、シングルでは山木が作った歌を細坪がメインに歌い、山木が3度上の1オクターブ下(つまり5度下)のハーモニーを重ねるという独特なパターンが主で、後述のように、山木はこのパターンこそがふきのとうであると考えていた。
  • 細坪は、を表現するのにアコースティック・ギターストリングスピアノの音色を最大限に活用して「ふきのとう」ではできなかった細坪ワールドの奥行きを示し、山木は「ふきのとう」でできないことは「自分の楽曲の原点を示すこと」と考え、ハーモニーに頼らずに、自転車で感じる空気、友やへの想いを飾らずに音でスケッチして見せた。
  • 全国コンサートツアーをコンスタントに続け、1978年には年間250本のコンサートを行った。また、沖縄県で特に人気が高く[注 5]、同じく1978年には沖縄限定シングル「ここは沖縄」を発売している。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル B面(カップリング) 販売元
1st 1974年9月21日 白い冬 夕暮れの街 CBS・ソニー
2nd 1975年2月21日 南風の頃 雪どけ水
3rd 1975年5月21日 初夏 散歩道
4th 1975年10月21日 街はひたすら 眠る君のそばで
5th 1976年6月21日 風の船(海よりも深く…) 君は人形
6th 1976年9月21日 雨ふり道玄坂 おやすみ (Good Night)
7th 1977年3月1日 美しく燃えて 哀歌
8th 1977年7月21日 風来坊 僕…
9th 1977年12月21日 流星ワルツ
10th 1978年4月21日 影法師 激しい雨
11th 1978年8月1日 ここは沖縄[注 6] 五色のテープ
12th 1978年9月21日 思い出通り雨 初恋
13th 1979年2月25日 春雷 ば〜じにあ・すりむ
14th 1979年7月21日 柿の実色した水曜日/青空
15th 1980年1月21日 やさしさとして想い出として/Simple Song
16th 1980年10月1日 冬銀河 成人式
17th 1981年5月21日 メロディー 静寂(しじま) CBS・ソニー
Silverland
18th 1982年5月21日 涙のらぶれたあ Love Song
19th 1982年10月21日 ひとりの冬なら来るな 吹き過ぎる風ばかり
20th 1983年4月21日 雨に濡れて 流れゆく河のほとりで
21st 1983年11月21日 12月の雨 枯葉
22nd 1984年6月1日 YABO 五月雨
23rd 1984年11月21日 銀色の世界 高き空・遠き夢
24th 1985年4月1日 季節の夕暮れ 北窓をあけて
25th 1986年6月21日 星空のページェント ガス燈
26th 1986年10月22日 ココナッツ・ムーン 木の葉が風に
27th 1987年5月21日 何故 愛は…/緑輝く日々
28th 1991年5月22日 輝く朝に 〜ABRAXAS〜 Daisy Sony Records

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 販売元
1st 1974年4月25日 ふきのとう CBS・ソニー
2nd 1975年6月1日 ふたり乗りの電車
3rd 1976年7月1日 風待茶房
4th 1977年4月21日 水車
5th 1977年11月1日 風来坊
6th 1978年7月21日 思い出通り雨
7th 1979年5月21日 人生・春・横断
8th 1981年5月21日 D.S. ダルセーニョ CBS・ソニー
Silverland
9th 1982年11月21日 Sketch
10th 1983年11月21日 011
11th 1985年4月21日 北極星
12th 1986年8月1日 星空のページェント
13th 1989年9月27日 金色の森・銀色の風
14th 1991年6月21日 Heartstrings Sony Records

ベストアルバム[編集]

# 発売日 タイトル 販売元
1st 1976年11月21日 歳時記 CBS・ソニー
2nd 1978年11月1日 THE BEST ふきのとう ベスト Vol.1
3rd 1979年11月1日 THE BEST ふきのとう ベスト Vol.2
4th 1985年10月2日 THE BEST ふきのとう ベスト Vol.3 CBS・ソニー
Silverland
5th 1987年4月22日 THE BEST ふきのとう ベスト Vol.4
6th 1988年7月1日 緑の風を… Ever Green Breeze
7th 1997年11月21日 GOLDEN J-POP/THE BEST ふきのとう Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
8th 2000年5月24日 2000 BEST ふきのとう
9th 2002年6月19日 GOLDEN☆BEST ふきのとう SINGLES I Sony Music House
10th 2002年11月20日 GOLDEN☆BEST ふきのとう SINGLES II
11th 2009年8月19日 GOLDEN☆BEST ふきのとう ALL SINGLE SIDE-A COLLECTIONS Sony Music Direct
12th 2013年4月10日 ふきのとう ベスト・ヒット Sony Music Direct (Japan) Inc.

ライブアルバム[編集]

# 発売日 タイトル 販売元
1st 1980年3月21日 ふきのとうLIVE 風をあつめて… CBS・ソニー
2nd 1980年7月21日 ふきのとうLIVE アンコール やさしさとして想い出として
3rd 1984年11月21日 ふきのとうライブ 日比谷野外音楽堂 CBS・ソニー
Silverland
4th 1987年10月21日 緑輝く日々 日本武道館LIVE
5th 1992年8月21日 ever last concert Sony Records
6th 2000年11月1日 ふきのとう LIVE プラス・ワン 風をあつめて…/やさしさとして想い出として Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

セルフカバーアルバム[編集]

# 発売日 タイトル 販売元
1st 1992年3月25日 ever last Sony Records

CD-BOX[編集]

# 発売日 タイトル 販売元
1st 2006年11月10日 ふきのとう GIFT BOX Sony Music Direct
2nd 2017年5月29日 ふきのとう オリジナル・アルバム・コレクション 1974〜1979+Guitar Book File[注 7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1981年にふきのとうそのものを表すかのような同名曲「メロディー」をリリースする。
  2. ^ その時の優勝は、オフコース大間ジローが在籍していたバンド・ザ・ジャネット
  3. ^ 「夕暮れの街」はB面に収録された。
  4. ^ 細坪は、アレンジ面で外部から第三者を招き(作詞家に松井五郎、編曲に矢野誠チト河内星勝など)、ふきのとうをより進化させたいという考えが強くなってきたため、細坪・山木双方の曲が両A面シングルとなるなど、関係修復は次第に難しくなっていった。
  5. ^ すべてのシングル有線リクエストで1位を獲得していた。
  6. ^ 沖縄県限定発売
  7. ^ Sony Music Shop内の「オーダーメイドファクトリー」限定発売(特設サイト)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Motoyoshi History”. 細坪基佳公式サイト「HarvestMoon」. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ a b 2005年北海道新聞社のインタビューより。

外部リンク[編集]