ひろのみずえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひろの みずえ(広野 瑞枝、1976年 - )は、日本小説家児童文学作家

略歴[編集]

埼玉県生まれ。母は『魔女の宅急便』の挿画などを手がけた画家広野多珂子女子美術短期大学卒業。ぬいぐるみデザイナーを経て、イラストレーターになる。東京造形芸術学園「絵本・童話セミナー」で石崎洋司に師事。『デンデラノ』で小説家としてデビュー[1]

著書[編集]

  • 『デンデラノ』ジャイブ 2005
  • 『闇ケ沼影伝説』大日本図書 2005
  • 『首七つ : seven mysterious stories』大日本図書 2006
  • 『なにがみえるの?』ひさかたチャイルド 2007
  • 『瓜ふたつ』大日本図書 2008
  • 『3びきめのひつじ クリスマス伝説』再話 広野多珂子女子パウロ会 2009
  • 『いつまでもここでキミを待つ』ポプラ社 2010
  • 『わたげふわり』チャイルド本社 2012
  • 『ほわほわーん』チャイルド本社 2017

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『瓜ふたつ』著者紹介