ひらりん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひらりんは、日本漫画家漫画原作者

略歴[編集]

大塚英志原作の漫画『聖痕のジョカ』(作画:相川有1993年 - 1995年連載)の読者コーナーの常連投稿者を経て大塚の事務所である「物語環境開発」に就職。『新・聖痕のジョカ』(1995年 - 1997年連載)以降の大塚作品のキャラクターのデザインを担当している。

多重人格探偵サイチョコ』では髭を生やした男性のような自画像が使用されている。

大塚の著書『物語の体操』『キャラクター小説の作り方』にはひらりんの描いた、キャラクターの設定資料の一部が収録されている。

多重人格探偵サイコ』(作画:田島昭宇、1997年~)では、作中の「キャラクターデザイン」の他に「犯罪設定」(すごく嫌な殺され方を考える人)も担当している[1]

漫画作品[編集]

漫画原作[編集]

  • 破戒神ムハー・ジルーン 全2巻(作画:星樹) - 原作者としてのクレジット表記は旧版では「ひらりん」、新装版では「大塚英志事務所」となっている。

絵本[編集]

  • ヨヨとネネとかいじゅうのタネ(文章:大塚英志、徳間書店、2013年)

挿絵[編集]

  • キャラクターメーカー 6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」 (作:大塚英志、アスキー新書)
  • 物語の命題 6つのテーマでつくるストーリー講座 (作:大塚英志、アスキー新書)
  • おはなしドリル だれかのぼうけん (作:おはなしドリル社、角川つばさ文庫)

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多重人格探偵サイコトレーディングカードボックス付録のライナーノート掲載のひらりんのプロフィールより