ひらど (掃海艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ひらど
JS Hirado(MSO-305) right front view at JMSDF Yokosuka Naval Base April 30, 2018 01.jpg
基本情報
建造所 JMU横浜事業所鶴見工場
運用者  海上自衛隊
艦種 掃海艦 (大型掃海艇)
級名 あわじ型
建造費 177億円
母港 横須賀
所属 掃海隊群第1掃海隊
艦歴
計画 平成26年度計画
発注 2014年
起工 2015年4月10日
進水 2017年2月10日
就役 2018年3月16日
要目
排水量 基準 690トン
全長 66.8m
最大幅 11.0m
深さ 5.2m
吃水 2.7m
機関 ディーゼルエンジン × 2基
出力 2,200PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 14ノット(26㎞/h)
乗員 54名
兵装 JM61-RFS × 1門
レーダー OPS-39H 対水上捜索用
光学式監視装置(レーザー・レーダー)
ソナー OQQ-10-1 掃海艦ソーナーシステム
ZQS-4 可変深度式機雷探知機
OZZ-2 水中調査用UUV
その他 掃海装備
小型係維掃海具1型改
感応掃海具1型改
掃討装備
自走式機雷処分用弾薬(EMD)
テンプレートを表示

ひらどローマ字JS Hirado, MSO-305)は、海上自衛隊掃海艦あわじ型掃海艦の2番艦。艦名は平戸島に由来する。旧大日本帝国海軍筑摩型防護巡洋艦平戸」と択捉型海防艦平戸」、海自のかさど型掃海艇ひらど」に続いて、日本の艦艇としては4代目。

艦歴[編集]

「ひらど」は、平成26年度(2014年度)計画掃海艦305号艦として、JMUが186億円で受注[1]。JMU横浜事業所鶴見工場で2015年4月10日に起工され、2017年2月10日に進水[2]。同年9月22日に公試開始。2018年3月16日に就役し[3]掃海隊群第1掃海隊に編入され、横須賀に配備された。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 前職 後職 備考
1 相馬誉介 2018.3.16 - ひらど艤装員長

脚注[編集]

  1. ^ 新型掃海艦引き渡し/JMU「ひらど」にFRP使用『日経産業新聞』2018年3月19日(自動車・機械面)
  2. ^ 海自、掃海艦「ひらど」進水=18年3月就役予定
  3. ^ 掃海艦「ひらど」の引渡式・自衛艦旗授与式について (PDF)

関連項目[編集]