ひまわり (1996年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
連続テレビ小説 > ひまわり (1996年のテレビドラマ)
連続テレビ小説
通番 題名 放映期間
第53作 走らんか! 1995年10月2日
- 1996年3月30日
第54作 ひまわり 1996年4月1日
- 10月5日
第55作 ふたりっ子 1996年10月7日
- 1997年4月5日
ひまわり
ジャンル ドラマ
脚本 井上由美子
出演者 松嶋菜々子
夏木マリ
寺泉憲
三宅裕司
川島なお美
上川隆也
大鶴義丹
佐々木すみ江
奥田瑛二
藤村志保
ナレーター 萩本欽一
オープニング 山下達郎DREAMING GIRL
時代設定 平成3年~現代
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1996年4月1日 - 10月5日
放送時間15分
回数全162[1]
テンプレートを表示

ひまわり』は、1996年平成8年)4月1日から10月5日まで放送されたNHK連続テレビ小説の第54作目。

概要[編集]

松嶋菜々子の出世作。脚本は井上由美子

バブル崩壊により、会社をリストラされた主人公・南田のぞみが、複雑な家族関係の中において弟の窃盗事件をきっかけに弁護士の世界を志し、司法試験司法修習生を経て、一人前の弁護士に成長していく物語。

主人公の修習先は、福島地方裁判所である(劇中、被告人の住所に福島市腰浜町とある)。そのとき使われた法廷のセットは現在、法学指導学科がある福島大学行政社会学部に模擬法廷として使用されている。

ナレーションには萩本欽一を起用(南田家のペット・リキの心の声という設定)。

連続テレビ小説リニューアル版と本番組より次週予告が始まった。本番組は「君の名は」(1991年度)以来のサブタイトル導入である。

1996年の平均視聴率は25.5%、最高視聴率は29.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]。全162回。

再放送[編集]

本番組は2003年9月29日-2004年3月27日までデジタルBS2にて再放送された。

2022年5月23日からNHK総合で再放送予定(月-金曜16:30-17:00に原則として1日2本立てペースで放送[3])。

当初は2022年4月21日(木)からNHK総合で再放送する予定であった。[4]

また全編再放送に先駆けて、2022年のゴールデンウィークに「松嶋菜々子ヒロイン・ひまわりの魅力」(15分バージョンと5分バージョンがある)と題したプレビュー特番が放送され、松嶋、奥田に対するインタビューが放送されている。

なお福島県向けには、5月2日5月6日の、本来この時間帯(18:10-19:00)に生放送されている『はまなかあいづTODAY』が連休中の短縮放送(18:45-19:00)[5]となることから、この2日間を利用して18:25-18:40に第1・2回(2日:第1回=第1章その1、6日:第2回=同その2)先行放送を行うことが決定している[6]。その直前の18:10-18:25に上記プレビューの15分版も併せて放送された。

キャスト[編集]

南田のぞみ
演 - 松嶋菜々子
本物語のヒロイン。バブル崩壊によるリストラで会社を辞め、弟が起こした事件がきっかけで弁護士を目指す。一度は関口と婚約寸前になるも仕事をとるために破棄。その後、母の同級生である赤松に恋心を抱くも叶わず。一方、星野とは当初は対立しながらも次第に惹かれていく。
南田あづさ
演 - 夏木マリ[7]
のぞみの実母で達也の義母。獣医。
南田薫乃
演 - 藤村志保
のぞみの祖母。徹と優の母であづさの姑。のぞみから「ゆきのちゃん」と呼ばれる。
南田徹
演 - 寺泉憲
のぞみと達也の実父。訳あって家出している。
南田達也
演 - 遠藤雅
戸籍上ではのぞみの弟だが、実は腹違いである(のぞみはあづさ、達也は潮見桂子)。
南田優
演 - 三宅裕司
のぞみの叔父。桃子と飲食店と経営していたが桃子の弟の借金の保証人になったために店をたたむ羽目に。
南田桃子
演 - 川島なお美
優の妻。
長沼うらら
演 - 佐々木すみ江
あづさの母でのぞみの祖母。福島に住んでいたが南田家に同居することに。のぞみから「うららちゃん」と呼ばれる。
星野雄治
演 - 上川隆也
赤松の元に出入りする記者。弁護士を目指して勉強している。後に弁護士になり、のぞみと一緒に事務所を開く。
赤松元基
演 - 奥田瑛二
弁護士。通称「赤ゲン先生」。達也の事件を担当。あづさと徹の大学時代の同級生で後にあづさと再婚する。
関口純一郎
演 - 大鶴義丹
のぞみの恋人だったが、後に別れる。
森村真紀
演 - 真田麻垂美
達也のガールフレンド。
タイガー原田
演 - 藤波辰爾
寺崎弥市
演 - 鈴木清順
巡査
演 - 新実
黒田葵
演 - 藤谷美紀
のぞみの友人。
佐々木舞子
演 - 大沢さやか
のぞみの友人。
天王寺勝照
演 - 軍司眞人
恭子
演 - 林田美紀
玉置松男
演 - 河西健司
玉置みどり
演 - 大塚良重

福島編[編集]

竹永一
演 - 泉谷しげる[8]
のぞみと星野が福島で司法修習を受けたときの恩師。
相楽富士子
演 - 浅利香津代
小牧怜
演 - 石堂夏央
司法修習生。
油座信吾
演 - 知念正文
司法修習生。
一丸譲次
演 - 由地英樹
司法修習生。
早瀬将太
演 - 早瀬元
司法修習生。

週ゲスト[編集]

潮見桂子
演 - 風吹ジュン
達也の実母。
春日ひとみ
演 - 浅野ゆう子(第1章)
のぞみが務めていた会社の上司、典型的な「お局様」でのぞみをリストラさせようと陰で画策していた。
阿部俊一
演 - 光石研
南田桃子の弟。
犬飼サチ
演 - 沢田亜矢子(第2章)
田中俊
演 - 寺脇康文(第3章)
内海誠
演 - 蟹江敬三(第5章)
内海眞弓
演 - 左時枝
増井新平
演 - 佐藤慶
潮見経一
演 - 若松武
大川真理子
演 - 岡本麗
河村真理子
演 - 角替和枝
西村瑞穂
演 - 安達祐実(第8章)
西村鷹男
演 - ガダルカナル・タカ
その他
演 - 青沼神対馬明石良朝加真由美安部知子阿部渡天谷則子網野あきら飯野喜彦池田武志石光豊石母田史朗井出勝己伊藤友乃伊藤昌一伊藤敏孝伊東由美子猪又武春入江正徳上田茂宇佐見かとり大塩武大塚洋子大場俊輔大林丈史大山豊岡崎宏小笠原裕之小田聡おやま克博加世幸市金吉隆之亀石征一郎亀山助清鴨川てんし神野三鈴木村夏江黄檗ルリ子楠大典窪園純一窪田五朗熊谷祐子黒田福美小島晃児玉謙次後藤康夫小林謙司小林トシ江小柳恵美近藤洋介斉藤暁佐戸井けん太佐藤充吉真田五郎沢柳廸子篠田薫清水宏謝敷政彦壤晴彦白浜健三白山照彦神保共子鈴木九太郎世古陽丸高尾和男高杉航大高田龍也高田麻美子田窪一世竹内靖司竹田寿郎谷村慶子千種かおる千葉茂津嘉山正種鶴田忍常世田正人中條彩恵子中谷彰宏中西良太中原早苗中原丈雄中村美代子中村由起子永谷正勝那須正江奈良和憲橋本菊子服部圭助羽田勝博走水杏伍番哲也平野元之福島一成藤田啓而藤野健一藤原まゆか堀田智之本田清澄前田昌明真木仁蒔野雅紀増田俊樹益富信孝松坂晴恵松田真知子松山邦久三川雄三三田恵子三井善忠峰三太宮島りゅう子宮原洋子森下哲夫山岡一山崎満山地健仁山中康司山本寛吉岡祐一冷泉公裕

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

通常、上半期(4-9月[9])の作品は26週間(当時156回)で放送されるが、当作品は27週間(同162回)と通常より1週間長く放送された。最終章を除き2週間で一つのサブタイトルを使用する形をとっていた。当作品では有名なことわざを引用し、疑問形にしている。

放送回 サブタイトル
01 001-012 出るクイは打たれるの?
02 013-024 旨い話にゃ毒がある?
03 025-036 人は見かけによらぬもの?
04 037-048 二兎を追うもの一兎も得ず?
05 049-060 可愛い子には旅をさせよ?
06 061-072 縁は異なものアジなもの?
07 073-084 兄弟は他人の始まり?
08 085-096 子はかすがいじゃないの?
09 097-108 ならぬ堪忍、するが堪忍?
10 109-120 罪を憎んで人を憎まず?
11 121-132 一難去ってまた一難?
12 133-144 旅は道連れ世は情け?
13 145-156 待てば海路の日和あり?
14 157-162 稔るほど頭の下がる稲穂かな?

DVD[編集]

NHKエンタープライズが、完全版DVDセットを販売した。

このほか、完全版VHS・全14巻が販売された。

関連項目[編集]

  • NHK福島放送局…本作の放送期間前後に局舎の移転・新築が行われ、建設予定地を本作になぞらえて一面のひまわり畑に整備していた。

脚注[編集]

  1. ^ NHKアーカイブス
  2. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ
  3. ^ 大相撲・高校野球・国会中継など休止日あり
  4. ^ 日本放送協会. “再放送情報「ひまわり」” (日本語). ドラマトピックス. 2022年2月9日閲覧。
  5. ^ 2022年5月2日・NHK福島放送局番組表
  6. ^ 日本放送協会. “連続テレビ小説「ひまわり」放送予定日のお知らせ” (日本語). ドラマトピックス. 2022年4月21日閲覧。
  7. ^ 夏木マリ - NHK人物録
  8. ^ 泉谷しげる - NHK人物録
  9. ^ 1年シリーズは除く

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
ひまわり
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
ひまわり