ひとりでできるもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひとりでできるもん(本名:武村 涼平(たけむら りょうへい)、1983年9月11日 - )は覆面ダンサーである。沖縄県出身。血液型はAB型。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー

人物・略歴[編集]

顔を隠す仮面を付けてのパフォーマンスが特徴。その仮面と特異な芸名により、メディアに出演するようになった当初はその素性は謎であった。素性を隠していた理由は、恥ずかしかったことと、バレると叩かれると思ったからである。

2002年から、仮面を付けたパフォーマンスでの活動を始める。芸名は、NHK教育テレビの番組『ひとりでできるもん!』にちなむ[1]

2004年、ダンス番組『少年チャンプル』に出演[1]。同番組で13週連続1位となり、一躍お茶の間の人気者となった。その後会社をやめプロダンサーに転向。全国のイベントに出演している。

イベントの傍ら、ダンス教室講師などをしており、DDDと言うダーツバーを神奈川県相模原市で経営していたが、2012年4月に閉店。

弟子だもん」という弟子がいる。なぜか弟子だもんと一緒に出演する際は非常に腰が低く、一見して弟子だもんの方が偉そうに見える。

2011年中島美嘉全国ツアー「MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2011 THE ONLY STAR」にスペシャルダンサーとして出演。

エグスプロージョンと共同でグループ『EDISON』としても活動している。

ミュージック・ビデオ[編集]

キリンジ 「ロマンティック街道」、 High Speed BoyzCHILDHOOD'S END

聖飢魔II「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]