でか美ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ぱいぱいでか美から転送)
でか美ちゃん
出生名 仲井 優希[1][2]
別名 ぱいぱいでか美(旧名義)
生誕 (1991-05-03) 1991年5月3日(31歳)
出身地 日本の旗 日本三重県松阪市[3]
学歴 三重県立津高等学校卒業
日本工学院八王子専門学校卒業
ジャンル J-POP
職業 歌手DJ司会タレント
活動期間 2010年 -
レーベル パーフェクトミュージック
事務所 パーフェクトミュージック
( - 2021年)
YU-M エンターテインメント
(2021年 - )
共同作業者 APOKALIPPPS
公式サイト でか美ちゃん Official Web Site

でか美ちゃん(でかみちゃん、本名:仲井 優希(なかい ゆき)[1]1991年5月3日[4] - )は、日本歌手タレント[5]三重県松阪市出身[3]。2021年12月24日、「ぱいぱいでか美」から「でか美ちゃん」に改名[6]

音楽ユニット・APOKALIPPPSのメンバー(プレイングマネージャー)でもあり、ライブを中心にDJ司会業などを行う。血液型はO型[4]。身長158.5cm[7]

来歴[編集]

幼少期から学生時代[編集]

幼い頃からハロー!プロジェクトの楽曲に親しみ、中学3年の頃から歌手になることに憧れていた[8]。学生時代は学級委員を務めた[9]

高校は進学校の三重県立津高等学校[10]で学ぶも歌手になりたい夢を諦められず、親の許可を得て専門学校へ進学を決意する[8]

2010年に19歳で日本工学院八王子専門学校[1]へ入学し、キャンパスを同じくする東京工科大学のサークルに加入して先輩とバンド活動を始める[8]。バンドではキーボードボーカルを務めた[8]2012年12月12日にバンドが解散[8]し、その後はソロ活動を開始する[1]。本人はバンド活動の継続を望んでいたが、先輩がパチンコに没頭して止むを得ず解散した[8]。解散後の12月15日にソロライブで弾き語りを披露したが、自分に合わないと判断して踊りに転向する[8]

インディーズとして[編集]

インディーズとして活動を続けてコアなファンを獲得した[11]

2014年5月31日に、大森靖子のプロデュースでシングル「PAINPU」を発表[5]し、ジャケットに自身のヌード写真を採用した[5]。6月25日に、デビューアルバム「レッツドリーム小学校」を発売[12]してタワーレコード新宿店のオリジナル企画「NO MUSIC, NO IDOL?」コラボレーションポスター第57弾に登場、発売前日の6月24日から日本全国の9店舗にポスターが掲出され、7月10日に同店で発売記念イベントを開催[12]

芸能界にデビュー[編集]

2014年8月10日に「アイドル史上最も下品な芸名をつけてしまったこと」で『有吉反省会』(日本テレビ)に出演[13]、これがきっかけで事務所(パーフェクトミュージック)への所属が決まり、以来番組終了まで「いつもいる反省人」枠として出演していた[14]

2016年4月20日 - 5月8日、避妊エイズを含む性感染症予防に有効なコンドーム利用啓発のための、ラブ活推進プロジェクト「くわえゴム」キャンペーン・キャンペーンアンバサダーを務める[15]

2017年8月に、西井万理那を中心とするユニット・APOKALIPPPSに加入[16]して「プレイングマネージャー」として活動[17]する。

2017年10月20日に、初のイメージDVD「STAY GOLD」(竹書房)を発売した[18]

2018年9月12日に、吉川友とのユニット「吉川友にぱいぱいでか美」を組み、「最高のオンナ」を配信開始した[19]。2019年3月2日に、第二弾の「可哀想なオンナ」を配信開始した。

2021年4月1日、所属事務所をYU-M エンターテインメントに移籍したことを発表[20]

芸名[編集]

芸名の由来は、あどけない顔つきとFカップの胸に由来する[1]。本人は本名から「ユキ」として活動するものと考えていたが、専門学校時代に入っていたバンドサークルの先輩に名付けられた[8][3]。理由は「サークルの中で一番胸が大きいから」[3]。本人は「ハイ・リスク&ハイ・リターンな名前」と認識している[11]

元来グラビアアイドルやエッチなものは好みで、キャラとして周りから定義付けられて生きやすくなったという[21]

ゲッターズ飯田に占い師ではなく放送作家の立場から「(その芸名のため)テレビのゴールデン帯で、ぱいぱいでか美を起用するのは難しい面がある」と指摘されたことから、下品な芸名の先輩・玉袋筋太郎[注 1]に「「玉ちゃん」のように別名でも発信していくほうが良い」とのアドバイスを受け、以後「「でか美ちゃん」と呼んでもいいよ」とアピールしている[23]

2021年12月24日、記者会見を行い「でか美ちゃん」に改名することを正式に発表した[6]大森靖子からのLINEが改名の後押しになったと猫舌SHOWROOM「豪の部屋」で語っている[24]

人物[編集]

職業[編集]

ライブアイドル活動をしているが、自分自身が想像しているアイドル像であるハロプロからかけ離れているため、アイドルとは自称していない[25]

趣味・嗜好[編集]

嗣永桃子との出会いがきっかけで、ハロー!プロジェクト(ハロプロ)を心の支えとしている[1]。一番好きなアルバムはBerryz工房の「5(FIVE)[26]テレビっ子である[26]

2017年の目標は6月30日で芸能界引退が決まっている嗣永と仕事で共演すること[27]であった。直接共演することは叶わなかったが、彼女への気持ちを綴った曲『桃色の人生!』を発表、2017年6月16日に放送された「ミュージャック」(関西テレビ)に出演した際、サプライズで嗣永桃子本人がVTRでコメント出演、嬉しさのあまり涙を流して喜んだ[28]

交友関係[編集]

「大森靖子の弟子」を自称しているが、「師匠」である大森との出会いも、「ぱいぱいでか美」の存在を知っていた大森がでか美のTwitterのプロフィールに「嗣永桃子が好きです」と書いてあったのを見て、「ハロプロ好きなら悪い人じゃない」と大森の方からフォローしたことが始まりである[29]。 大森からの信頼は厚く、『有吉反省会』に出演したピエール中野凛として時雨)が大森と結婚していることを発表した際には、収録当日に「今日ダンナが有吉反省会に行くらしい よろしく!」とLINEが届いたり[30]、大森が「共犯者」を務めるZOCの新メンバーに福田花音(元アンジュルム)が「巫まろ」として加入する際も、ZOCメンバーの西井よりも先に加入を伝えられ、「西井が(福田の加入を)言いそうな素振りがあったら止めてほしい」と依頼されていた[31]

「30代になってからの目標は、昔からの友達であったファーストサマーウイカに追いつく」「憧れの存在。かっこいいな、かわいいな。なんでも出来て」と思っていることを赤江珠緒たまむすびで述べている[32][33]

免許・資格[編集]

高校を卒業する前の2010年に、普通自動車第一種運転免許マニュアルで取得している。[要出典]

SNS[編集]

Twitterでは積極的にエゴサーチを行っており、自身に関するツイートに対して「いいね」を日常的に行っている。このことについて、本人はいわゆるコミュニケーションの一種として捉えている[34]

現在の出演・連載[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 恋汐りんごとぱいぱいでか美のぱいはわラジオ(2016年3月2日 - 2018年10月18日、Podcast
    • 恋汐りんごとぱいぱいでか美のぱいはわラジオ ちょき(2019年2月20日 - 、隔週木曜日更新、Podcast)[35]
  • 「78musi-curate」TOWER RECORD zone (2021年1月25日、4月20日 - 、毎月第3火曜日 27:00、bayfm) [36]
  • よゐこ有野のノーギャラジオ(2021年12月4日 - 2022年3月19日、毎週土曜日 20:00、MBSラジオ[37]
    • よゐこ有野のノーギャラジオ シーズン2(2022年4月9日 - 、毎週土曜日 20:00、Radiotalk[38]※収録の様子は、毎週月曜日21時からRadiotalkで生配信。
  • FAV FOUR(2022年5月4日 - 、毎週水曜日 20:00、FM NACK5)- 水曜アシスタント[39]

連載[編集]

過去の出演・連載[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

  • AMERICAN TANKTOP MANIA(2015年9月13日、静岡Freakyshowにて初上映) - 村長の娘(ヒロイン) 役[47]
  • なっちゃんはまだ新宿(2017年12月9日、バップSPOTTED PRODUCTIONS) - ぱいぱいでか美(本人) 役
  • 『16』と10年。遠く。(2020年2月19日、Backlight Film Co.) - ぱいぱいでか美(本人) 役
  • あの頃。(2021年2月19日公開、ファントム・フィルム) - AV女優愛田もなみのマネージャー 役[48]

舞台[編集]

  • 江古田のガールズ10周年記念特別公演・第2弾「渋い劇の祭『本当にあったら怖い話』」(2019年6月26日 - 30日、CBGKシブゲキ!!) - 売れないアイドル・ボインドル理奈 役[49][50]

ウェブ番組[編集]

ウェブCM[編集]

  • ドラゴンポテト「超うまいダンス」篇[58]

映像作品[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • 大森靖子「愛してる.com」(2016年1月21日、YouTube[59]
  • 軟式globe「爺-POP」(2016年3月11日、YouTube)[60]
  • 大森靖子「 生kill the time 4 you、、❤」(2016年3月16日、YouTube)[61]
  • Mega Shinnosuke「O.W.A.」(2019年5月16日、YouTube)[62]
  • CHINTAKU「君は怒る時、そういうの忘れてる」(2022年6月4日、YouTube)[63]

連載[編集]

  • ぱいぱいでか美のパンティーライン(2016年1月4日 - 2018年3月26日 、SANSPO.COM
  • ぱいぱいでか美、桃色の半生!(2018年4月16日 - 2019年2月4日、エンタメサイト「耳マン」)[64]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • PAINPU(2014年5月31日、PINK RECORDS)[65]
  1. PAINPU
  2. プレイリードッグ
  3. PAINPU (大森靖子 ver.)
  4. プレイリードッグ (大森靖子 ver.)
  1. 私の名前を呼んでください! (作詞:でか美 作曲、編曲:ONIGAWARA
  2. タイムカプセル (作詞:でか美 作曲、編曲:ONIGAWARA)
  3. NICE MUSIC MUST PURE (作詞、作曲:でか美 編曲:里本あすか)
  4. 大学 (作詞、作曲:でか美 編曲:四本拓也)

※通常盤(XQFL-1034)と初回限定盤(XQFL-91012、イメージトレーニングDVD付属)の2種類がある[66]

  • PPDKM / 桃色の人生!(2017年4月5日、SPACE SHOWER MUSIC)
  1. PPDKM (作詞、作曲、編曲:E TICKET PRODUCTION)
  2. 桃色の人生! (作詞、作曲:でか美 編曲:ミナミトモヤ)
  3. 言いたいことはありません (作詞、作曲:でか美 編曲:KM_BONELAB)

※通常盤(XQFL-1035)と初回限定盤(XQFL-91013、DVD付属)の2種類がある。

デジタルシングル[編集]

  • 最高のオンナ(2018年9月12日、ユニバーサル ミュージック ジャパン)※「吉川友にぱいぱいでか美」名義。
    • 作詞、作曲:でか美 編曲:michitomo/かずぼーい
  • 可哀想なオンナ(2019年3月2日、ユニバーサル ミュージック ジャパン)※「吉川友にぱいぱいでか美」名義。
    • 作詞、作曲:でか美 編曲:michitomo/かずぼーい
  • 都会のオンナ(2020年3月10日、ユニバーサル ミュージック ジャパン)※「吉川友にぱいぱいでか美」名義。
    • 作詞、作曲:でか美 編曲:ENIXES/michitomo
  • 手を合わすオンナ(2021年7月21日、ユニバーサル ミュージック ジャパン)※「吉川友にぱいぱいでか美」名義。
    • 作詞、作曲:でか美 編曲:きなみうみ
  • イェーーーーーーーーーー!!!!!!!!!(2021年03月24日、Air the rooM)
    • 作詞、作曲:でか美、編曲:ONIGAWARA
  • でか美祭テーマソング(2021年7月2日、YU-Mエンターテインメント
    • 作詞:でか美 作曲:でか美/michitomo 編曲:michitomo
  • NEVER BE YOUR LITTLE GIRL (2022年6月3日)
    • 作詞、作曲:大森靖子 編曲:sugarbeans
  • 愛挽きハンバーグ(2022年7月1日)※「ハンバーグ師匠 toでか美ちゃん」名義。
    • 作詞、作曲:でか美 編曲:斉藤伸也(ONIGAWARA)

アルバム[編集]

  • レッツドリーム小学校(2014年6月25日、My Best! Records)[67]
  1. acid π slash(intro)
  2. 少年
  3. トキメキ蟻地獄
  4. 明日から
  5. ぼくがおっぱい大きくしてあげる
  6. ノルマ3億年
  7. コマーシャル・スーサイド
  8. さようなら
  9. long vacation
  10. わたくしばし 〜でか美とほりぼうの横浜ツンツン節〜
  11. acid π slash
  • 大恋愛体質(ぱいぱいでか美withメガエレファンツ、 2019年4月3日、パーフェクトミュージック)
  1. 逆に聞くけど
  2. 恋のブッキング
  3. 幻滅の風
  4. トキメキ蟻地獄
  5. パズル
  6. 桃色の人生!
  7. PAINPU

作詞提供曲[編集]

  • 柳♡箱「皆さん、Love&Peaceです!」(2018年7月10日)[68]
作詞:でか美、作曲:KOJI oba
「After Dark」(2019年10月3日)
作詞:PPPNIIISE(でか美)[69]、作曲:nagomu tamaki
「freak out」(2020年7月31日)[70]
作詞:でか美、作曲:nagomu tamaki
作詞:でか美、作曲:ハシダカズマ

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに、gooランキングで2021年3月に行った「最も強烈な芸名だと思った芸能人」アンケートの1位が玉袋筋太郎、2位がぱいぱいでか美であった[22]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f ぱいぱいでか美”. TOWER RECORDS ONLINE (2014年6月19日). 2014年6月21日閲覧。
  2. ^ バカリ&友近も「ぱいぱいでか美」改名大喜利 Archived 2014年8月12日, at the Wayback Machine.
  3. ^ a b c d その芸名「親の顔が見たい」と言われても貫く理由 社会の多様性問う”. 2017年5月5日閲覧。
  4. ^ a b ぱいぱいでか美”. BARKSアーティスト. 2014年6月21日閲覧。
  5. ^ a b c “ぱいぱいでか美、セクシー衣装で「NO MUSIC, NO IDOL?」登場”. BARKS音楽ニュース (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2014年6月18日). http://www.barks.jp/news/?id=1000104706 2015年12月19日閲覧。 
  6. ^ a b “でか美ちゃん「いろんな景色を見せてくれた」“ぱいぱい”との別れで心境語る”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年12月24日). https://thetv.jp/news/detail/1065297/ 2021年12月24日閲覧。 
  7. ^ でか美ちゃん [@paipaidekami] (2017年10月8日). "23.5だよ!身長は158.5cmだよ!ブラはF65だよ!手は結構小さいよ!聞かれてないのまでめっちゃ答えちゃったよ!いい人生になったかな" (ツイート). Twitterより2022年3月3日閲覧
  8. ^ a b c d e f g h 前田将博. “夢は「つんく♂プロデュース」たわわなFカップの新星、ぱいぱいでか美がついに歌手デビュー!1週間先行配信開始!”. OTOTOY. 2014年6月21日閲覧。
  9. ^ “天才テリー伊藤対談「ぱいぱいでか美」(4)これからの目標はDAIGOさん!?”. アサ芸プラス. (2019年2月8日). https://www.asagei.com/excerpt/120744 2020年2月10日閲覧。 
  10. ^ 【ぱいぱいでか美のパンティーライン】県有数の進学校に通っていた高校時代…夏休みに付きっきりで指導してくれた数学の先生”. 産経デジタル (2016年3月14日). 2017年11月4日閲覧。
  11. ^ a b Fカップ界の超新星!ぱいぱいでか美がアツい!”. KKBOX (2014年6月21日). 2014年6月21日閲覧。
  12. ^ a b ぱいぱいでか美、タワレコ恒例企画でセクシー路上ショット”. ナタリー (2014年6月17日). 2014年6月21日閲覧。
  13. ^ ぱいぱいでか美、「有吉反省会」で有吉、バカリズムらにつっこまれる——OTOTOY番組レポ”. OTOTOY (2014年8月10日). 2020年6月26日閲覧。
  14. ^ マツコや有吉も称賛、キワモノアイドル・ぱいぱいでか美の“バラエティ力””. ORICON NEWS (2018年2月3日). 2020年6月26日閲覧。
  15. ^ ラブ活推進プロジェクト「くわえゴム」キャンペーン”. ジェクス株式会社. 2016年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月28日閲覧。
  16. ^ 生うどん西井の新ユニットAPOKALIPPPS、新メンバーの公開オーディション急遽開催”. 音楽ナタリー (2017年9月29日). 2017年10月25日閲覧。
  17. ^ 【ぱいぱいでか美のパンティーライン】24時間テレビで2年連続1コーナー! リベンジ女相撲の結果は…(4/4ページ)”. SANSPO.COM (2017年8月28日). 2017年11月10日閲覧。
  18. ^ ぱいぱいでか美、限界露出の初DVD! 美しすぎる手ブラショットが大絶賛!!”. メンズサイゾー (2017年10月20日). 2017年11月10日閲覧。
  19. ^ “吉川友×ぱいぱいでか美「有吉反省会」きっかけでコラボに発展「最高のオンナ」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月12日). https://natalie.mu/music/news/299400 2018年9月25日閲覧。 
  20. ^ ぱいぱいでか美「パワーアップ」所属事務所を移籍”. 日刊スポーツ (2021年4月1日). 2021年4月1日閲覧。
  21. ^ “「エロのレッテル貼りをされたことで、“役割”を与えられた気がした」タレント・ぱいぱいでか美- FANZA Magazine”. FANZA Magazine. https://special.dmm.co.jp/fanza/feed/tissuebox/paipai-dekami 2018年9月8日閲覧。 
  22. ^ 最も強烈な芸名の芸能人ランキング”. gooランキング (2021年7月6日). 2021年8月24日閲覧。
  23. ^ 芸名も言動も「わきまえない」 ぱいぱいでか美流、分断越える柔軟さ”. withnews (2021年3月25日). 2021年8月24日閲覧。
  24. ^ 『豪の部屋』でか美ちゃん、記者会見では語られなかったぱいぱいでか美からの改名に至る心の揺らぎ、背中を押した人物とは?(15:29〜) - YouTube(2022年1月4日)2022年3月3日閲覧。
  25. ^ 姫乃たま × ぱいぱいでか美、両立アイドルが考える理想の“私”と“活動スタイル””. Real Sound (2017年4月20日). 2017年5月13日閲覧。
  26. ^ a b 無人島 〜俺の10枚〜 【ぱいぱいでか美 編】”. HMV ONLINE (2014年6月18日). 2014年6月21日閲覧。
  27. ^ 【ぱいぱいでか美のパンティーライン】今年の目標は「ももちこと嗣永桃子さんとお仕事でお会いする」”. SANSPO.COM (2017年1月9日). 2017年4月8日閲覧。
  28. ^ 桃色の人生!”. でか美ちゃん 公式ブログ (2017年6月17日). 2022年3月3日閲覧。
  29. ^ ハロヲタ女子の"ぱいぱいでか美" 「ももちにレスをもらった翌日に高熱が出ました」”. エンタメNEXT (2014年7月13日). 2017年11月10日閲覧。
  30. ^ ピエール中野「有吉反省会」で大森靖子との既婚を公表”. 音楽ナタリー (2020年1月26日). 2020年6月26日閲覧。
  31. ^ 西井万理那、ぱいぱいでか美の告白に仰天「私のほうが先に知ってた…」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (2020年4月27日). 2020年6月26日閲覧。
  32. ^ 赤江珠緒 たまむすび2021年3月24日放送 14:00~の出演にて
  33. ^ ぱいぱいでか美さん「嫉妬はします。でも原動力にはしません」(前編)”. telling,あなただけに言うね. 朝日新聞社 (2020年1月31日). 2020年3月31日閲覧。
  34. ^ 尭洋, 小川. “芸名も言動も「わきまえない」 ぱいぱいでか美流、分断越える柔軟さ” (日本語). withnews.jp. 2022年8月18日閲覧。
  35. ^ ぱいはわラジオちょき”. 2022年4月10日閲覧。
  36. ^ でか美ちゃん [@paipaidekami] (2021年4月19日). "お知ら 今月からbayfm78『78musi-crate』内『TOWER RECORD zone』ナビゲーターに就任しました" (ツイート). Twitterより2021年12月25日閲覧
  37. ^ 「よゐこ有野のノーギャラジオ」アイドル招いてトーク、★の数がギャラに”. お笑いナタリー (2021年11月25日). 2021年12月25日閲覧。
  38. ^ よゐこ有野のノーギャラジオ”. Radiotalk. 2022年4月10日閲覧。
  39. ^ NACK5 FAV FOUR [@fav795] (2022年5月2日). "📻FM NACK5 FAV FOUR👍FAV FOUR からのお知らせ" (ツイート). Twitterより2022年5月6日閲覧
  40. ^ #【連載】でか美ちゃんのテレビの金言”. クイック・ジャパン ウェブ. 2022年1月1日閲覧。
  41. ^ 笑神様は突然に…出演者バックナンバー”. 2016年4月7日閲覧。
  42. ^ 360°まる見え!VRアイドル水泳大会”. フジテレビ. 2017年4月25日閲覧。
  43. ^ ぱいぱいでか美、音楽番組「ZOOM UP!」にて初冠コーナー決定”. OTOTOY (2019年8月30日). 2022年1月2日閲覧。
  44. ^ 松丸亮吾がミキ、でか美ちゃん、くりえみらに謎解きの極意を教える『松丸亮吾の謎解き予備校』ひかりTVで開校”. TV LIFE web (2022年1月2日). 2022年3月29日閲覧。
  45. ^ 堂島孝平、でか美ちゃん、フット岩尾、市川紗椰がオタク全開で語り尽くす「ハロヲタのANN」今夜放送”. 音楽ナタリー (2022年1月4日). 2022年1月11日閲覧。
  46. ^ でか美ちゃん、コロナ感染ウイカの代役で『ANN0』担当”. ORICON NEWS (2022年1月24日). 2022年3月3日閲覧。
  47. ^ AMERICAN TANKTOP MANIA”. 2016年6月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月28日閲覧。
  48. ^ 松坂桃李主演「あの頃。」にぱいぱいでか美、増子直純、MONO NO AWARE、ニーネら出演”. 音楽ナタリー (2021年1月5日). 2022年3月3日閲覧。
  49. ^ 江古田のガールズの“渋い劇の祭”「本当にあったら怖い話」「地獄」の2本立て”. ステージナタリー (2019年4月3日). 2022年3月3日閲覧。
  50. ^ 早く人間になりたい”. でか美ちゃん 公式ブログ (2019年7月1日). 2022年3月3日閲覧。
  51. ^ セクシーなのになぜか笑える!?ぱいぱいでか美のコスプレ集 『DTテレビ』”. AbemaTIMES (2019年2月27日). 2019年3月6日閲覧。
  52. ^ 次曲に参戦か!?矢口真里、“吉川友にぱいぱいでか美”を絶賛 【ABEMA TIMES】”. ABEMA TIMES (2018年10月1日). 2021年8月3日閲覧。
  53. ^ ゲスト OCHA NORMA登場!矢口真里の火曜The NIGHT#268”. ABEMA SPECIALチャンネル (2022年2月23日). 2022年2月25日閲覧。
  54. ^ 人気番組『AV紳士』MC対談!ぱいぱいでか美vs東風克智[前編]”. FANZAニュース(旧DMM.R18) (2019年3月16日). 2019年4月27日閲覧。
  55. ^ 田代まさし、今の月収は「13~14万」 芸能人ダルク設立に意欲も「日本じゃできないかも…」”. ORICON NEWS (2018年10月30日). 2019年9月10日閲覧。
  56. ^ スピードワゴンの月曜The NIGHT #217~Bishとハンフェス後夜祭~”. ABEMA (2020年12月8日). 2020年12月8日閲覧。
  57. ^ ぱいぱいでか美/有吉反省会終了で無職疑惑/30歳超え芸能界で働く理由は、精神障害で施設暮らしの兄 - YouTube(2021年8月4日)2022年3月3日閲覧。
  58. ^ ぱいぱいでか美、念願の「ドラゴンポテト」ウェブCMで歌って踊る”. OTOTOY (2018年11月14日). 2022年3月3日閲覧。
  59. ^ 大森靖子『愛してる.com』Music Video - YouTube(2016年1月21日)2022年3月3日閲覧。
  60. ^ 勝手に【爺-POP】のPV作ったアホだよ♪ - YouTube(2016年3月11日)2022年3月3日閲覧。
  61. ^ 大森靖子「生kill the time 4 you、、❤」MusicCrip - YouTube(2016年3月16日)2022年3月3日閲覧。
  62. ^ Mega Shinnosuke - O.W.A.(Official Music Video) - YouTube(2019年5月16日)2022年3月3日閲覧。
  63. ^ 【MV】CHINTAKU - 君は怒る時、そういうの忘れてる - YouTube(2022年6月4日)2022年6月5日閲覧。
  64. ^ 株式会社リットーミュージック. “連載・コラム”. 耳マン. 2019年3月8日閲覧。
  65. ^ ぱいぱいでか美、大森靖子プロデュース作でヌードジャケ”. ナタリー (2014年5月29日). 2014年6月21日閲覧。
  66. ^ 東京イメージトレーニング許可局”. 2016年4月7日閲覧。
  67. ^ レッツドリーム小学校:ぱいぱいでか美”. HMV ONLINE. 2014年6月21日閲覧。
  68. ^ ハコムス、新シングル『エトワールを夢みて』のカップリングはぱいぱいでか美作詞曲”. OTOTOY (2018年6月23日). 2022年3月3日閲覧。
  69. ^ ぱいぱいでか美 [@paipaidekami] (2020年6月26日). "新体制になった後輩のBYOBちゃんの「freak out」作詞提供しました〜! PPPNIIISEという謎名義で過去曲も書かせてもらってたんですが今回で正体を明かしました というわけで「After Dark」も提供させてもらってました" (ツイート). Twitterより2022年4月10日閲覧
  70. ^ BYOB、MVで5人体制のパフォーマンスお披露目、新作にぱいぱいでか美作詞曲も”. 音楽ナタリー (2020年6月26日). 2022年4月10日閲覧。
  71. ^ エレクトリックリボン、約3年ぶりフルAL詳細を公開!”. Pop'n'Roll (2019年9月25日). 2022年3月3日閲覧。
  72. ^ dekami., Paipai; ぱいぱいでか美. (2019). Momoiro no hansei : nakai yuki ga paipai dekami ni naru made. Tōkyō: Rittōmyūjikku. ISBN 9784845633500. OCLC 1088409452. https://www.worldcat.org/oclc/1088409452 
  73. ^ 「文藝」夏季号掲載、でか美ちゃん「名前だけでも覚えてください」試し読み”. Web河出 (2022年4月7日). 2022年4月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]