ぱいぱいでか美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぱいぱいでか美
出生名 仲井優希[1][2]
生誕 (1991-05-03) 1991年5月3日(25歳)
職業 歌手DJ司会業、タレント
ぱいぱいでかみ
ぱいぱいでか美
プロフィール
別名義 仲井優希(本名)
生年月日 1991年5月3日
現年齢 25歳
出身地 日本の旗 日本・三重県
血液型 O型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 cm / kg
カップサイズ F
活動
モデル内容 一般
モデル: テンプレート - カテゴリ

ぱいぱいでか美(ぱいぱいでかみ、1991年5月3日[3] - )は、日本タレント[4]。本名、仲井 優希(なかい ゆき)[1]三重県出身。ライブを中心にDJ司会業などを行う。血液型はO型[3]

来歴[編集]

小さい頃からハロー!プロジェクトの楽曲に親しみ、中学3年の頃から歌手になることに憧れていた[5]。高校は進学校であったが、歌手になる夢を諦めきれず、親の許可を得て専門学校への進学を決意する[5]2010年、19歳の時に専門学校に進学するために上京[1]音楽系の専門学校で同じキャンパスにある大学のサークルに加入し、サークルの先輩とバンド活動を始める[5]。バンドではキーボードボーカルを務めた[5]2012年12月12日にバンドが解散[5]、その後はソロ活動を開始する[1]。本人はバンド活動の継続を望んでいたが、先輩がパチンコにはまってしまい、やむを得ず解散した[5]。解散してすぐの12月15日にソロライブで弾き語りを披露したものの、自身にはむいていないと判断、踊りに転向する[5]インディーズとしての活動を続け、コアなファンを獲得していった[6]

2014年5月31日大森靖子のプロデュースでシングル「PAINPU」を発表[4]ジャケットには自身のヌード写真を採用した[4]6月25日、デビューアルバム「レッツドリーム小学校」をリリース[7]。これに合わせてタワーレコード新宿店のオリジナル企画「NO MUSIC, NO IDOL?」コラボレーションポスター第57弾に登場、発売前日の6月24日から日本全国の9店舗にポスターが掲出される[7]7月10日には同店で発売記念イベントが開催される[7]。「NO MUSIC, NO IDOL?」への登場で注目度が急上昇し、検索エンジンでのヒット数が300万に達した[6]

2016年4月20日〜5月8日、避妊エイズを含む性感染症予防に有効なコンドーム利用啓発のための、ラブ活推進プロジェクト「くわえゴム」キャンペーン・キャンペーンアンバサダーに就任する[8]

芸名[編集]

芸名はあどけない顔つきとFカップの胸に由来する[1]。名付けたのはバンド時代のメンバーであり、本人は本名から「ユキ」として活動するものと考えていた[5]。本人は「ハイ・リスク&ハイ・リターンな名前」と認識している[6]

人物[編集]

嗣永桃子(ももち)との出会いをきっかけにハロプロを心の支えとしている[1]。一番好きなアルバムはBerryz工房の「5(FIVE)[9]テレビっ子である[9]

twitterのフォロワー数は2016年9月時点で40,000人を超えている[5]。フォロワーの中にはつんく♂もいる[5]

メディア[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 恋汐りんごとぱいぱいでか美の「ぱいはわラジオ」(2016年3月2日 - 、毎週木曜正午更新、Podcast[11]

映画[編集]

  • AMERICAN TANKTOP MANIA(2015年9月13日静岡Freakyshowにて初上映 、村長の娘(ヒロイン)役)[12]

WEB[編集]

  • ぱいぱいでか美のパンティーライン(2016年1月4日 - 、毎週月曜更新、SANSPO.COM[13]

映像作品[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

1st PAINPU(2014年5月31日、PINK RECORDS)[15]

  1. PAINPU
  2. プレイリードッグ
  3. PAINPU(大森靖子ver.)
  4. プレイリードッグ(大森靖子ver.)

東京イメージトレーニング許可局(2015年12月16日)

  1. 私の名前を呼んでください!(作詞:でか美 作曲、編曲:ONIGAWARA)
  2. タイムカプセル(作詞:でか美 作曲、編曲:ONIGAWARA)
  3. NICE MUSIC MUST PURE(作詞、作曲:でか美 編曲:里本あすか)
  4. 大学(作詞、作曲:でか美 編曲:四本拓也)

※通常盤(XQFL-1034)と初回限定盤(XQFL-91012、イメージトレーニングDVD付属)の2種類がある[16]

アルバム[編集]

1st レッツドリーム小学校(2014年6月25日、My Best! Records)[17]

  1. acid π slash(intro)
  2. 少年
  3. トキメキ蟻地獄
  4. 明日から
  5. ぼくがおっぱい大きくしてあげる
  6. ノルマ3億年
  7. コマーシャル・スーサイド
  8. さようなら
  9. long vacation
  10. わたくしばし 〜でか美とほりぼうの横浜ツンツン節〜
  11. acid π slash

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ぱいぱいでか美” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE (2014年6月19日). 2014年6月21日閲覧。
  2. ^ バカリ&友近も「ぱいぱいでか美」改名大喜利
  3. ^ a b ぱいぱいでか美” (日本語). BARKSアーティスト. 2014年6月21日閲覧。
  4. ^ a b c “ぱいぱいでか美、セクシー衣装で「NO MUSIC, NO IDOL?」登場”. BARKS音楽ニュース (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2014年6月18日). http://www.barks.jp/news/?id=1000104706 2015年12月19日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j 前田将博. “夢は「つんく♂プロデュース」たわわなFカップの新星、ぱいぱいでか美がついに歌手デビュー!1週間先行配信開始!” (日本語). OTOTOY. 2014年6月21日閲覧。
  6. ^ a b c Fカップ界の超新星!ぱいぱいでか美がアツい!” (日本語). KKBOX (2014年6月21日). 2014年6月21日閲覧。
  7. ^ a b c ぱいぱいでか美、タワレコ恒例企画でセクシー路上ショット” (日本語). ナタリー (2014年6月17日). 2014年6月21日閲覧。
  8. ^ ラブ活推進プロジェクト「くわえゴム」キャンペーン” (日本語). ジェクス株式会社. 2016年4月28日閲覧。
  9. ^ a b 無人島 〜俺の10枚〜 【ぱいぱいでか美 編】” (日本語). HMV ONLINE (2014年6月18日). 2014年6月21日閲覧。
  10. ^ 笑神様は突然に…出演者バックナンバー”. 2016年4月7日閲覧。
  11. ^ 恋汐りんごとぱいぱいでか美の「ぱいはわラジオ」”. 2016年4月28日閲覧。
  12. ^ AMERICAN TANKTOP MANIA”. 2016年4月28日閲覧。
  13. ^ ぱいぱいでか美のパンティーライン”. 2016年4月28日閲覧。
  14. ^ 勝手に【爺-POP】のPV作ったアホだよ♪ - YouTube
  15. ^ ぱいぱいでか美、大森靖子プロデュース作でヌードジャケ” (日本語). ナタリー (2014年5月29日). 2014年6月21日閲覧。
  16. ^ 東京イメージトレーニング許可局”. 2016年4月7日閲覧。
  17. ^ レッツドリーム小学校:ぱいぱいでか美” (日本語). HMV ONLINE. 2014年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]