はちきん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

はちきんとは、「男勝りの女性」を指す土佐弁である。また、高知県女性の県民性を表した言葉でもある[1]

高知県の女性は、話し方や行動などがはっきりしており快活[2]、気のいい性格で負けん気が強いが、一本調子でおだてに弱いといわれる[3]

後ろを振り返ることなく前進し続けるといった質朴さや行動力あふれる点で、土佐の男性と共通する[1]

比較[編集]

土佐の男性は(統計上)ギャンブル投資額・飲酒量・テレビや映画の視聴時間の長さ・飲酒以外の浪費などにおいて、全国1位の豪傑揃いである。

由来[編集]

男性の睾丸は一般的に2つであるため4人の男性が揃うと睾丸が8つになることから、4人の男性を手玉に取る女性ということである。下ネタ的な表現なので、高知県の女性はこの用語をあまり好まない傾向にある。

はちきんの語源については、「そのルーツを探ろうとした。しかし正直なところ目が見えないで象をなでるの感を禁じ得なかった。」[4]とあるとおり、十分な説得力を持つ説がないのが実情であり、たとえば、「ハチ」についても、西日本を中心に日本全国で「ハチ」をお転婆の意で使う[5]ことから、数字の八と解釈するのも一説にすぎない。

エピソード[編集]

高知県畜産試験場が、開発した地鶏に「はちきん地鶏」と命名したが、高知県在住の女性を中心に「下品だから止めて欲しい」という声が一部であがった[要出典]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b (日本語) 『「県民性」なるほど雑学事典: 出身県でわかる人柄から、食、方言、おもしろデータまで』PHP研究所、東京、1998年6月、193頁。ISBN 4-569-57158-1NCID BA37799055OCLC 42679351https://www.worldcat.org/oclc/42679351 
  2. ^ 武光 誠(日本語) 『県民性の日本地図』文藝春秋、東京、2001年4月、219頁。ISBN 4-16-660166-0NCID BA51569929OCLC 48758144https://www.worldcat.org/oclc/48758144 
  3. ^ 山下 龍夫(日本語) 『47都道府県別 県民性なるほどオモシロ事典: これだけ知っていれば役に立つ』日本実業出版社、東京〈エスカルゴ・ブックス〉、1996年2月、99頁。ISBN 978-4534024244NCID BN16037592OCLC 674747630https://www.worldcat.org/oclc/674747630 
  4. ^ 竹村 義一(日本語) 『続 土佐弁さんぽ』高知新聞社、高知、1991年4月、201頁。ISBN 978-4875032106NCID BN07362297 
  5. ^ 竹村 義一(日本語) 『続 土佐弁さんぽ』高知新聞社、高知、1991年4月、182-187頁。ISBN 978-4875032106NCID BN07362297 

参考文献[編集]

関連項目[編集]