はちきん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

はちきんとは、「男勝りの女性」を指す土佐弁。ならびに高知県女性の県民性を表した言葉である[1]

話し方や行動などがはっきりしており快活[2]、気のいい性格で負けん気が強いが、一本調子でおだてに弱いといわれる[3]

後ろを振り返ることなく前進し続けるといった頑固さや行動力あふれる点で、土佐の男性と共通する[1]

比較[編集]

土佐の男は(統計上)ギャンブル投資額・飲酒量・テレビや映画の視聴時間の長さ・飲酒以外の浪費などにおいて、全国1位[要出典]の怠け者揃いで、それに比べ、土佐の女性は働き者の敏腕家[1]。隣接する愛媛県では「高知から嫁を貰え」というくらいである。これは、愛媛の男は「優しいが少々頼りない」傾向で「高知の女性に(精神的に)鍛えてもらえ」という意味合いがある。

由来[編集]

男性の睾丸は一般的に2つであるため4人の男性が揃うと睾丸が8つになるが、8つの睾丸を手玉に取る女性ということである。下ネタ的な表現なので、高知県の女性はこの用語をあまり好まない傾向にある。 8つの睾丸でないと満足できない淫乱という裏の意味がある。

はちきんの語源については、「そのルーツを探ろうとした。しかし正直なところ目が見えないで象をなでるの感を禁じ得なかった。」[4]とあるとおり、十分な説得力を持つ説がないのが本当のところであり、たとえば、上記の「ハチ」についても、西日本を中心に日本全国で「ハチ」をお転婆の意で使う[5]ことから、数字の八と解釈するのも一説にすぎない状態である。

エピソード[編集]

「はちきん地鶏」という地鶏を高知県畜産試験場が開発して命名したが「下品だから止めて欲しい」という声(特に高知県在住の女性)も一部であがった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本博学倶楽部 『「県民性」なるほど雑学事典』 PHP研究所、1998年、P.193
  2. ^ 武光誠 『県民性の日本地図』文藝春秋、2001年、p.219
  3. ^ 山下龍夫 『47都道府県別 県民性なるほどオモシロ事典 - これだけ知っていれば役に立つ』 日本実業出版社、1996年、p.99
  4. ^ 『土佐弁さんぽ 続』201ページ。
  5. ^ 『土佐弁さんぽ 続』182-187ページ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]