はじけて!ザック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はじけて!ザック』は、コミックボンボンで1984年8月号から1986年10月号まで連載されていた、井上大助漫画

作品概要[編集]

児童向けの講談社刊「月刊ボンボン」で連載されていた格闘漫画。ボクシング編終了後に登場する「白川ユダ」の登場以後、ボンボンの中でも異色の作品となっていく。当初は学園コメディ物だったが、格闘バトル漫画→残酷アクション漫画→SFホラーアクション漫画へと変化していった。

講談社から単行本が出される事はなく、日本文華社から青年向けコミックとして「迷宮神話 はじけて!ザック」と題を変えた単行本が発売、現在は電子書籍として発売。その単行本版では冒頭からモンスターや白川一味が登場するなど連載時の唐突な展開が修正され、衝撃性は薄れている。また復刊ドットコムから全3巻で刊行されている。

登場人物[編集]

ザック / 地蔵河原 朔左衛門(じぞうがわら さくざえもん)
本作の主人公。ブラジル生まれの日系人。祖父の遺言で日本に花嫁探しに来た野生児。
白川ユダ
主人公ザックが住む街の市長の息子。父親の権力を後ろだてに放火・殺人・使用人の耳を引きちぎり捕食しようとするなど、好き放題している極悪人。また、どんな傷口や体外骨折、内臓破裂といった重傷でもビクともしないという不死身の身体を持っている。ちなみに初登場時は己の異常性を見せつけるため、窓ガラスを素手で割り、窓枠に残った鋭利な破片で自らの腕につけた傷口をホッチキスで縫合する過激なパフォーマンスを見せつけた。後半のモンスターが出てくるような飛躍した展開とは違い微妙なバランスでリアリティを保っており、この白川ユダ編は本編中もっともテンションが高く残虐性に満ちている。

用語[編集]

外部リンク[編集]