はこだて観光圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はこだて観光圏は、「観光圏の整備による観光客の来訪及び滞在の促進に関する法律」に基づき、みなみ北海道函館市北斗市松前町福島町知内町木古内町七飯町鹿部町森町八雲町長万部町江差町上ノ国町厚沢部町乙部町せたな町奥尻町今金町」の18市町で形成され、「食」をテーマに観光客の来訪と滞在を促進し、みなみ北海道地域全体の観光振興・地域振興に資することを目的とする。

目標[編集]

  • 観光入込客数を平成26年度に1,302万人(平成20年度比で220%増)
  • 1人あたり宿泊日数を平成26年度に1.82泊/人(平成20年度比で25%増)
  • 宿泊客数を平成26年度に623万人(平成20年度比で25%増)
  • 外国人宿泊客数を平成26年度に10万人(平成20年度比で45%増)

計画期間[編集]

2010年度~2015年度

事業[編集]

  • 「食と宿泊コンテンツ」魅力アップ事業
  • 宿泊対応力強化」人材育成事業
  • 「食めぐり周遊ルート」魅力アップ事業
  • 「広域イベント」魅力アップ事業
  • 観光移動利便性向上事業
  • 圏域観光案内機能充実事業
  • 圏域観光情報発信機能強化事業
  • その他観光圏魅力創出事業

はこだて観光圏整備推進協議会[編集]

はこだて観光圏整備推進協議会

外部リンク[編集]