のぞきからくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
覗きからくりの屋台。大正初期

のぞきからくりは、江戸時代から明治にかけて盛んに行われていた大道芸のひとつで、客にレンズ越しに情景を描いた絵を覗かせ、「からくり節」ないし「覗き節」と称される節回しに乗せて説明を加えながら、紐を操作するなどして絵を次々と差し替えながら見せる見世物[1][2]

幅1メートル余り(三尺余)から1.8メートル(一間)ほどの屋台の前面に5-6個の覗き穴があり、中を覗くと、仕掛けられた絵がレンズで拡大されて見える[1][3]。屋台を挟んで左右に男女の演者が立ち、で屋台を叩いて調子を取りながら[3][4]、「からくり節」に乗せて演者の男女で掛け合うなどしながら物語を進めた[1]。こうした演者は「口上師」などと呼ばれた[5]

のぞきからくりは、映画の興隆とともに人気が衰え、昭和初期には既にわずかな数が残るだけとなっていたとされる[2]新潟県新潟市西蒲区(旧 巻町)の巻郷土資料館には、全国で唯一とされる実演可能な往時ののぞきからくりが現存しており、新潟市指定有形民俗文化財となっている[5]

表記と異称[編集]

表記は平仮名で「のぞきからくり」とするのが一般的であり、かつて江戸では「のぞき」、上方では「からくり」とも呼ばれたというが[1]、逆とする説もある[6]。しかし、「覗きからくり[7][8]」、「覗機関[1][9]」と書くこともあり、さらに「覗眼鏡[9][10][11]」とも称した。また、仕掛けの中に仕込む絵を指す[12]、「覗き絵[13]」、「眼鏡絵[9][10]」、「からくり絵[11]」といった表現で、この見世物に言及することもある。

おもな演目[編集]

歌舞伎種[編集]

新派[編集]

戦記物/時局物[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 世界大百科事典 第2版『覗機関』 - コトバンク
  2. ^ a b c d 声の玉手箱—愛荘町有線放送アーカイヴズから—その2:忠臣蔵の覗き節”. 滋賀県立大学細馬宏通研究室 (2016年6月29日). 2017年9月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 日本大百科全書(ニッポニカ)『のぞきからくり』 - コトバンク - 執筆:織田紘二
  4. ^ 江戸川乱歩押絵と旅する男」(新字新仮名) - 青空文庫:「からくり屋の夫婦者は、しわがれ声を合せて、鞭で拍子を取りながら、『膝でつっらついて、目で知らせ』と申す文句を歌っている所でした。」
  5. ^ a b c “西蒲区の宝 のぞきからくりを観に行こう” (PDF). にしかん (新潟市西蒲区役所) (187): p. 1. (2015年1月18日). https://www.city.niigata.lg.jp/nishikan/kohoshi/kouhou/h27/nishikan_0118/pdf/187_1.pdf 2017年9月25日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 館内紹介”. 石川県金沢港大野からくり記念館. 2017年9月25日閲覧。
  7. ^ 日本文化いろは事典『覗きからくり』 - コトバンク
  8. ^ 江戸川乱歩押絵と旅する男」(新字新仮名) - 青空文庫:「...そこには色々な露店に並んで、一軒の覗きからくり屋が、ピシャンピシャンと鞭むちの音を立てて、商売をして居りましたが、...」
  9. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『眼鏡絵』 - コトバンク:説明されているふたつの方式のうち、前者が本項目で説明しているもので、後者が「眼鏡絵」で説明されているもの
  10. ^ a b 世界大百科事典 第2版『眼鏡絵』 - コトバンク:説明されているふたつの方式のうち、前者が本項目で説明しているもので、後者が「眼鏡絵」で説明されているもの
  11. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)『眼鏡絵』 - コトバンク:説明されている2種類のうち、後者が本項目で説明しているもので、前者が「眼鏡絵」で説明されているもの
  12. ^ 江戸川乱歩押絵と旅する男」(新字新仮名) - 青空文庫:「覗き絵の人物は押絵になって居りましたが、その道の名人の作であったのでしょうね。お七の顔の生々として綺麗であったこと。」
  13. ^ 葛城の行事と暮らし”. 国立国会図書館. 2017年9月25日閲覧。
  14. ^ a b 板垣俊一「のぞきからくり「幽霊の継子いじめ」の製作年代と製作地」『新潟の生活文化:新潟県生活文化研究会誌』第22号、新潟県生活文化研究会、2016年、 1-5頁。 NAID 120005990384
  15. ^ 細馬宏通. “ニウス:物語と「事件」の通路‐のぞきからくりの継子譚における物語構造‐”. 滋賀県立大学細馬宏通研究室. 2017年9月25日閲覧。

関連文献[編集]

  • 河本正義 編『覗き眼鏡の口上歌』(原著 1935年/久山社 日本児童文化史叢書 1995年)
  • 山本慶一「のぞきからくりと写し絵」南博ほか 編『えとく:紙芝居・のぞきからくり 写し絵の世界』白水社、1982年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]