ねじ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ねじ
メンバー 瀬下翔太
佐々木ユーキ
事務所 ケイダッシュステージ
出会い 同じ高校の同級生
旧コンビ名 三日月シュガー
ノーザンライト
芸種 コント漫才
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

ねじは、ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビ。

メンバー[編集]

  • 瀬下 翔太(せじも しょうた、 (1984-12-03) 1984年12月3日(32歳) - )
    ボケ担当。
    秋田県出身。
    身長162cm、血液型B型。
    建設機械車輌(3t未満)の免許を持つ。
    佐々木とは同じ高校の同級生。佐々木が「お笑いをやりたい」と思った時に、最初は瀬下から佐々木を誘ったが、最初は断られたという[1]
  • 佐々木 ユーキ(ささきゆーき、 (1984-07-02) 1984年7月2日(33歳) - )
    ツッコミ担当。
    秋田県出身。
    身長176cm、血液型B型。
    東京アナウンス学院卒業。
    趣味は格闘技プロレス柔道二段、少林寺拳法二段の資格あり。
    格闘技好きなこともあって、ボクシングをやるために高校の進学先を決めて入学したが、その後プロレスラーになりたいからとボクシングはやめて退部、しかし結局はプロレスラーもあきらめ、次にやりたかったお笑いを始めた[1]。元々、休み時間に色々な芸人の物真似を披露していたほどお笑い好きだった[2]

過去のメンバー[編集]

略歴・芸風[編集]

瀬下と佐々木は秋田県立金足農業高等学校での同級生同士[3]。高校生時代にコンビを組み、第1回のM-1グランプリ東北大会(2001年)に出場。M-1出場は高校の先生に勧められ、佐々木は相方を探して回ったが見付からず、本人曰く「仕方なく」で最初に断った瀬下と組んだ[1]

高校卒業後、佐々木だけ東京アナウンス学院に進学。一方で瀬下とのコンビは続けて活動していた。その後佐々木の「トリオでやりたい」との思い付きで、東京アナウンス学院で一緒だった、ゆだを誘ってトリオを結成。トリオ名は最初『ノーザンライト』で、その後『三日月シュガー』に改名。ちょうどお笑いトリオを探していたという、現在所属のケイダッシュステージから声をかけられ、所属が決まる[1]

2010年7月にゆだが脱退してコンビになり、翌8月にコンビ名を『ねじ』に変更。

ネタには、瀬下と佐々木の出身地の特性を生かした「秋田弁講座」、秋田弁での漫才などがある。2009年秋に、構成作家から秋田弁でネタをやるように勧められた時、佐々木は「何もない秋田が好きになれずに東京に出て来たはずなのに…」と思っていて最初は乗り気ではなかったが、いざライブで試してみたところ、観客のウケ具合が思っていた以上に良く、「秋田弁は武器になる」とこの時確信したという[3]

2013年、キングオブコントで準決勝進出。

出演[編集]

テレビ[編集]

ネットテレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『お笑い男子校』2010 Vol.3(ワニブックス)より
  2. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(17)】運命的な友情で結ばれた高校の同級生コンビ、ねじ(1/2)”. サンケイスポーツ (2016年5月25日). 2016年5月25日閲覧。
  3. ^ a b 2010年05月13日 朝日新聞秋田版・記事『秋田弁で笑いつかめ』

外部リンク[編集]