ねこぢるうどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
漫画:ねこぢるうどん
原作・原案など 山野一
作画 ねこぢる
出版社 青林堂
文藝春秋
掲載誌 月刊漫画ガロ
発表期間 1990年6月号 - 1995年10月号
巻数 全2巻(青林堂)
全3巻(文藝春秋)
漫画:ねこぢるyうどん
原作・原案など ねこぢる
作画 ねこぢるy
出版社 青林堂
掲載誌 月刊漫画ガロ
発表期間 2000年1月号 - 2002年10月号
巻数 全3巻(青林堂)
テンプレート - ノート

ねこぢるうどん(英語圏ではCATSOUP)は、山野一ねこぢるによる日本漫画作品である。

ガロ1990年6月号から2002年10月号(休刊号)まで連載された。1998年以降は“共同創作者”であった山野一が「ねこぢるy」名義で継続的に作品を発表している。

概要[編集]

月刊漫画ガロ1990年6月号より「山野一+ねこぢるし」の共同名義で連載開始。ねこぢるのデビュー作であり初の連載作品。山野一にとっては前作『四丁目の夕日』以来4年ぶりとなる『ガロ』連載作品である。

長期休載や青林堂の内紛分裂、ねこぢるの自殺など紆余曲折を経て、最終的に『ガロ』2002年10月号(休刊号)まで連載された。この連作の元にもなったデビュー作は「子猫がうどん屋で睾丸を取られて死ぬ」というだけの内容である。

初出時はそのまま無修正だったのが、単行本化の際に伏字にするなどの処置が取られている。青林堂版をもとに文藝春秋から再発された新装版では差別的と判断される語句や表現が全面的に削除されている[1]

18歳の時に押しかけ女房のような形で山野一と結婚したねこぢるは、暇をもてあまして「奇妙なタコのようなネコの絵」を画用紙に描いていた。その絵をモチーフに山野は、ねこぢるの夢のメモからストーリーを書き起こし「読める漫画」にまで再構成する役割を担った(そのため初出時は山野一が原作者としてクレジットされている)。二人には「極めて微妙」な役割分担があり、外部の人間をアシスタントとして入れることが出来なかったため、山野一ねこぢるの「唯一の共同創作者」であった[2]ねこぢる逝去後、山野一が単独で執筆した『ねこぢるうどん』は単行本化の際に元祖と区別するため『ねこぢるyうどん』として全3巻が青林堂から刊行された。

作風[編集]

絵は可愛らしいがグロテスクな表現があったり一部の表現が差別暴力を想起させている。またマジックマッシュルームLSDといった違法な薬物も作品中にたびたび登場する。

ねこぢる作品の多くは猫であるにゃーことにゃっ太が主人公として描かれた。にゃーことにゃっ太は子供であり、姉弟である。主婦の母と、工場勤務でアルコール使用障害の父を持つ。にゃーこは喋れるが、にゃっ太は猫の鳴き声でしか喋れないという設定。唯一の例外として、初登場回の「かぶとむしの巻」では、にゃっ太が普通に喋る姿が見られる。

キャラクター[編集]

にゃーこ
にゃっ太の姉。5歳。
母親がしっかりしているがアルコール使用障害の父親がいる。
弟のにゃっ太とは違い、言葉が話せ、老人の顔を一発で潰す力の持ち主。子供特有の残酷さを持つ淡白な性格。
にゃっ太
にゃーこの弟。3歳。
姉のにゃーことは違い、言葉が話せず[3]、体が小さい。後にテレビの影響で「ぶぁーか」と喋れるようになった。
にゃん五郎
にゃーこ、にゃっ太の父親で、アルコール中毒で、いつも焼酎を飲んでいる。岩手県出身。
普段は無口でおとなしいが、一発のパンチで人を殺す力を持っている。作中では一度も喋った事がなく「・・・」の吹き出しのみである。首にお守りらしきものをつけている。
一度だけ禁酒をしたことがあるが、力が抜けてチンピラに絡まれて、にゃーこが酒を飲ましたことによりすぐにチンピラを退治した。
にゃす江
にゃーこ、にゃっ太の母親。
登場人物の中ではまともで常識のあるキャラクター。
いたきち
にゃーこの友達。4歳。一人暮らし。寡黙。
河原に住むイタチの子で、牛乳を盗んで飲む癖がある。
またガンマンの格好で人に対して無差別に発砲することもある。
にゃすお
にゃーこの友達。
やまの神さま
土俗神。工場労働者ユダヤ人を公然と差別しており、奇々怪界な存在「コロぺた号」を召喚する能力を持つ。

単行本[編集]

現在すべて絶版である。文藝春秋より再発された新装版『ねこぢるうどん』の第1巻では青林堂版に収録されていた根本敬による死体写真コラージュ「ほっかほっか家族天国/第2回となりの若夫婦の巻」と黒川創の解説(初出はいずれも『ガロ』1992年6月号「ねこぢる特集」より)が削除されている。

また新装版の第2巻では青林堂版収録の「□ぬごろしの巻」が削除され、「やまのかみさまの巻」ではユダヤ教に関する台詞や人物名が大幅に書き換えられている。代わりに新装版では、ねこぢるが生前遺した夢のメモを元に山野一が「作・ねこぢる 画・山野一」の名義で描き下ろした新作「とうめい」「へんないえ」「探偵」と、その原作になった夢のメモが各巻ごとに追加収録されている。また青林堂版の単行本に収録されなかった未収録作品は新装版の第3巻に収録された。

青林堂版
ねこぢるうどん(初版発行:1992年7月25日)
ねこぢるうどん2(初版発行:1995年7月20日)
ねこぢるyうどん1(初版発行:2000年11月20日)
ねこぢるyうどん2(初版発行:2001年3月25日)
ねこぢるyうどん3(初版発行:2002年1月30日)
文藝春秋版
ねこぢるうどん1(初版発行:1998年12月25日)
ねこぢるうどん2(初版発行:1999年2月25日)
ねこぢるうどん3(初版発行:1999年5月15日)
ねこぢる大全 上(初版発行:2008年10月30日)
ねこぢる大全 下(初版発行:2008年10月30日)

作品リスト[編集]

  • 作品の順番は作品が最初に発表された雑誌の初出順に従っている。
  • 青林堂版収録の「□ぬごろしの巻」は文藝春秋版の単行本では削除されている。
  • 文藝春秋版の単行本では「やまのかみさまの巻」の作品設定や差別表現が改変されており、青林堂版と内容が一部異なっている[4][5]

作品名 名義 作品を収録している単行本 初出
ねこぢるうどん 画・ねこぢるし
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1990年6月号
かぶとむしの巻 画・ねこぢるし
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1990年7月号
じてんしゃでゴーの巻 画・ねこぢるし
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1990年8月号
さばの天ぷらの巻 画・ねこぢるし
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1990年9月号
いいさかなの巻 画・ねこじるし〔ママ
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1990年10月号
のぐちひでよの巻 画・ねこぢるし
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1990年11月号
へんなももの巻 作・山野一
画・ねこぢるし
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1990年12月号
しっこちっこぴゅーしゅーの巻 画・ねこぢるし
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1991年1月号
□ぬごろしの巻 画・ねこぢるし
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年 ガロ 1991年2・3月号
大魔導師の巻 作・山野一
画・ねこぢるし
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1991年4月号
がの巻 作・山野一
画・ねこぢるし
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1991年5月号
かたつむりの巻 画・ねこぢる
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1991年6月号
たんこぶ屋の巻 画・ねこぢる
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1991年8月号
川ぞいの家の巻 画・ねこぢる
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1991年9月号
ねこさいばんの巻 画・ねこぢる
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1991年10月号
たましいの巻 画・ねこぢる
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1991年12月号
クリスマスの巻 画・ねこぢる
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1992年1月号
かわらのこの巻 画・ねこぢる
作・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1992年2・3月号
じじいの巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん』 青林堂 1992年
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1992年4月号
やまのかみさまの巻① ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1992年5月号
やまのかみさまの巻② ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1992年6月号
やまのかみさまの巻③ ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1992年7月号
ひるねの巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1992年9月号
やまでらの巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 青林堂 1995年
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1992年12月号
こっきょうのまき ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1993年2月号
西友の巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1993年5月号
クンプメーラの巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1993年8月号
FBI捜査官の巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1994年4月号
たなばたまつりの巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1994年7月号
すごいやつの巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1995年1月号
プリンセスの巻 ねこぢる ねこぢる 『ねこぢるうどん3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢる大全 上』 文藝春秋 2008年
ガロ 1995年10月号
A Nap Time Story The tail of the beetle ねこぢるy TOKION vol.08
とうめい 作・ねこぢる
画・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん1』 文藝春秋 1998年
ねこぢる 『ねこぢるまんじゅう』 文春文庫 2001年
描き下ろし
へんないえ 作・ねこぢる
画・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん2』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢるまんじゅう』 文春文庫 2001年
描き下ろし
探偵 作・ねこぢる
画・山野一
ねこぢる 『ねこぢるうどん 3』 文藝春秋 1999年
ねこぢる 『ねこぢるまんじゅう』 文春文庫 2001年
描き下ろし
老人の巻 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん』 青林堂 2000年 ガロ 2000年1月号
コロぺたが町にやってくる第1回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん』 青林堂 2000年 ガロ 2000年2月号
コロぺたが町にやってくる第2回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん』 青林堂 2000年 ガロ 2000年3月号
コロぺたが町にやってくる第3回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん』 青林堂 2000年 ガロ 2000年4月号
コロぺたが町にやってくる第4回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん』 青林堂 2000年 ガロ 2000年5月号
コロぺたが町にやってくる第5回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん2』 青林堂 2001年 ガロ 2000年6月号
コロぺたが町にやってくる第6回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん2』 青林堂 2001年 ガロ 2000年7月号
コロぺたが町にやってくる第7回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん2』 青林堂 2001年 ガロ 2000年11月号
コロぺたが町にやってくる第8回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん2』 青林堂 2001年 ガロ 2000年12月号
コロぺたが町にやってくる第9回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん2』 青林堂 2001年 ガロ 2001年1月号
コロぺたが町にやってくる第10回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん2』 青林堂 2001年 ガロ 2001年2月号
コロぺたが町にやってくる第11回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん2』 青林堂 2001年 ガロ 2001年3月号
コロぺたが町にやってくる第12回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん2』 青林堂 2001年 ガロ 2001年4月号
コロぺたが町にやってくる第13回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん3』 青林堂 2002年 ガロ 2001年5月号
コロぺたが町にやってくる第14回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん3』 青林堂 2002年 ガロ 2001年6月号
コロぺたが町にやってくる第15回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん3』 青林堂 2002年 ガロ 2001年8月号
コロぺたが町にやってくる第16回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん3』 青林堂 2002年 ガロ 2001年10月号
コロぺたが町にやってくる第17回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん3』 青林堂 2002年 ガロ 2001年12月号
コロぺたが町にやってくる第18回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん3』 青林堂 2002年 ガロ 2002年2月号
コロぺたが町にやってくる最終回 ねこぢるy ねこぢるy 『ねこぢるyうどん3』 青林堂 2002年 描き下ろし
せいたか ねこぢるy ねこぢるy 『インドぢる』 文春ネスコ 2003年 ガロ 2002年4月号
なきむしおまわりさんの巻 ねこぢるy ねこぢるy 『インドぢる』 文春ネスコ 2003年 ガロ 2002年7月号
やすいラーメンの巻 ねこぢるy ねこぢるy 『インドぢる』 文春ネスコ 2003年 ガロ 2002年10月号(休刊号)
おばけアパート前編 ねこぢるy ねこぢるy 『おばけアパート前編』 アトリエサード 2013年 描き下ろし

テレビアニメ[編集]

ねこぢる作品はテレビ朝日の『爆笑問題のボスキャラ王』のワンコーナーで『ねこぢる劇場』のタイトルでテレビアニメ化されている。ただしエピソードの大半は単行本『ねこぢるせんべい』(『小説すばる』連載)からのアニメ化で『ねこぢるうどん』(『月刊漫画ガロ』連載)からは一本もアニメ化されていない。

サブタイトル[編集]

第1話 がっこうの巻
第2話 けんかの巻
第3話 となりのババァの巻
第4話 かちくの巻
第5話 すべり台の巻
第6話 おぎょーぎの巻
第7話 ロケットの巻
第8話 まんびきの巻
第9話 はたらくおとーちゃんの巻
第10話 カキの巻
第11話 たぬきがりの巻
第12話 コンクリの巻
第13話 100の巻
第14話 もぐらの巻
第15話 じじいのねがいの巻
第16話 おまつりの巻
第17話 たんかの巻
第18話 バカの巻
第19話 ジャムパンじじいの巻
第20話 ぶたじじいの巻
第21話 ロボ工員の巻
第22話 たねうおの巻
第23話 おとしものの巻
第24話 おばけやしきの巻
第25話 ざんぱんの巻
第26話 かくれんぼの巻
第27話 ドライブの巻

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作:豊泰成、升水惟雄
  • プロデューサー:瀬谷傎・栗原昌代・吉田孝雄
  • 監督:福冨博
  • 作監:岸美恵子
  • 美術設定:中座洋次
  • デジタル彩色:伊藤由貴江
  • デジタル撮影:齋藤亜紀子
  • デジタル編集:志賀剛
  • 音効:佐藤良介
  • 音響製作:三田スタジオ
  • アニメーション製作:ケントハウス

OVA[編集]

ねこぢる原作による日本のOVA2001年2月21日発売。監督・佐藤竜雄。演出・湯浅政明

内容は『ねこぢるうどん』の各編のシチュエーションをモチーフにしながら、半分失われたにゃーこの魂を取り戻すために、にゃっ太と共に旅をするロードムービー風のオリジナルストーリーとなっている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリジナル版にあった「キチガイ」「ユダヤ人」「ちびくろサンボ」などの表現が文藝春秋版の単行本では「ビョーキ」「アメリカ人」「カチカチやま」などの無難な語句や設定に差し替わっている。
  2. ^ 山野一「特別寄稿・追悼文」『まんがアロハ!増刊「ぢるぢる旅行記総集編」7/19号』ぶんか社 1998年7月19日 166頁。
  3. ^ 初登場の「かぶとむしの巻」のみ言葉を話せた。
  4. ^ 根本敬白取千夏雄サエキけんぞう鶴岡法斎「ねこぢる追悼ナイト」『TALKING LOFT3世』VOL.2 1999年11月 ロフトブックス
  5. ^ 封印されたマンガ編『ねこぢるうどん』(ねこぢる)