にし茶屋街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にし茶屋街

にし茶屋街(にしちゃやがい)は、石川県金沢市野町二丁目にある茶屋街である。金沢三大茶屋街ひがし茶屋街主計町茶屋街)の一つに数えられるとされる。

概要[編集]

文政3年(1820年[1]加賀藩12代藩主前田斉広の公許を得たことにより、「ひがし茶屋街」と共に誕生した。現在でも料亭芸妓置屋が立ち並び、藩政期の独特の雰囲気を味わうことができる。金沢の茶屋街において、にし茶屋街に在籍する芸妓数は最大となっている[2]

ちなみに、小説家島田清次郎が幼少の頃に過ごした場所である[1][3]

交通アクセス[編集]

  • 金沢駅東口より 北鉄バス乗車 広小路バス停下車、徒歩3分

周辺[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]